Garruk Wildspeaker

更新日 Feature on 2008年 7月 25日

By Wizards of the Coast

野生語りのガラクは緑の魔法を操るプレインズウォーカーです。 彼は土地から豊富なマナを引き出し、野生の獣を呼び出し、その獣の野性の力を解き放つ、生物呪文の達人です。

ガラクは骨の髄からの狩人で、彼は次元を渡る捕食者であり、多元宇宙全ては彼の猟場です。 己の力への試練を求め、より大きな挑戦へと挑む彼にとって、あらゆる次元での最も凶暴で危険なものと戦う終わりなき狩りが、彼の人生そのものなのです。

これまでの間、ガラクの旅は、彼が想像もしえなかった出来事と試練を彼にもたらしました。 彼が直面した危険は、彼の自然に根ざした能力と生物召喚の呪文を限界まで引き上げ、彼の獲物は日を追って増えていきました。 しかし、最近になって彼は新たな獲物を見つけました。他のプレインズウォーカーです。

それこそがガラクにとって新たな領域でした。 かつてこれほどずる賢く、機知に富み、神出鬼没の敵はいませんでした。 ガラクの真の狩りは今始まったのです。

野生語りのガラクは緑の魔法を操るプレインズウォーカーです。彼の得意はクリーチャー呪文です。土地から豊富なマナを引き出し、野生の獣を呼び出し、その獣の野性の力を解き放ちます。しかし鎖のヴェールの呪いをかけられてからというもの、彼の自然呪文は黒魔法によって毒されるようになりました。

プレインズウォーカーの野生語りのガラクは骨の髄からの狩人で、多元宇宙で最大最強の生物を追い求め次元を股にかけてきました。そして彼が標的として狙いを定めたのは、同じプレインズウォーカーである、死を操る魔女リリアナ・ヴェスです。彼らが最後に相まみえたとき、リリアナはアーティファクトの鎖のヴェールの力でガラクに呪いをかけ、野生の獣を召喚する彼の力を穢れさせてしまいました。仲間である強力な捕食者達が呪いによっておぞましい悪鬼へと変貌するなか、ガラクは死を操る新たな力を自分の内に見出し始めました。そのことがさらに彼を激昂させるのです。

謎めいた鎖のヴェールはまだリリアナと共にあり、ガラクは耐え難い死の穢れに冒された状態から解放されるまで追跡をやめないつもりです。呪いを生き延びられたならば、彼は狩人としての本能に従い、リリアナと対峙する機会を求めてイニストラードの次元へと渡っていくことでしょう。

最新Feature記事

FEATURE

2021年 9月 16日

『イニストラード:真夜中の狩り』プレリリース入門 by, Gavin Verhey

マジック・プレイヤーのみんなが大好きな次元の1つ、「イニストラード」を再訪するときがきた。 このゴシック・ホラーをテーマにした(吸血鬼に人狼、ゾンビ、スピリット、そしてもちろんそれらに対抗する人間がたくさんいる)不気味な次元は、楽しさとフレイバーに満ちている。私たちは今回、そんなイニストラードの真髄へ回帰する。早くみんなに体験してもらいたくて仕方がないよ。 君たち...

記事を読む

FEATURE

2021年 9月 2日

『イニストラード:真夜中の狩り』メカニズム by, Matt Tabak

多元宇宙の中でも、イニストラードほどその次元の住人たちの恐怖をかき立てるものはありません。私達も怖れるべきでしょうか?もちろん、その必要はありません。なにせ、カードゲームだから。ここは素晴らしい舞台です。だから、『イニストラード:真夜中の狩り』で再び訪れるのです。では、一体どんな能力やメカニズムやキーワードが我々を待ち構えているのでしょうか?その答えを知るただひとつの方法...

記事を読む

記事

記事

Feature Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る