Garruk Wildspeaker

更新日 Feature on 2008年 7月 25日

By Wizards of the Coast

野生語りのガラクは緑の魔法を操るプレインズウォーカーです。 彼は土地から豊富なマナを引き出し、野生の獣を呼び出し、その獣の野性の力を解き放つ、生物呪文の達人です。

ガラクは骨の髄からの狩人で、彼は次元を渡る捕食者であり、多元宇宙全ては彼の猟場です。 己の力への試練を求め、より大きな挑戦へと挑む彼にとって、あらゆる次元での最も凶暴で危険なものと戦う終わりなき狩りが、彼の人生そのものなのです。

これまでの間、ガラクの旅は、彼が想像もしえなかった出来事と試練を彼にもたらしました。 彼が直面した危険は、彼の自然に根ざした能力と生物召喚の呪文を限界まで引き上げ、彼の獲物は日を追って増えていきました。 しかし、最近になって彼は新たな獲物を見つけました。他のプレインズウォーカーです。

それこそがガラクにとって新たな領域でした。 かつてこれほどずる賢く、機知に富み、神出鬼没の敵はいませんでした。 ガラクの真の狩りは今始まったのです。

野生語りのガラクは緑の魔法を操るプレインズウォーカーです。彼の得意はクリーチャー呪文です。土地から豊富なマナを引き出し、野生の獣を呼び出し、その獣の野性の力を解き放ちます。しかし鎖のヴェールの呪いをかけられてからというもの、彼の自然呪文は黒魔法によって毒されるようになりました。

プレインズウォーカーの野生語りのガラクは骨の髄からの狩人で、多元宇宙で最大最強の生物を追い求め次元を股にかけてきました。そして彼が標的として狙いを定めたのは、同じプレインズウォーカーである、死を操る魔女リリアナ・ヴェスです。彼らが最後に相まみえたとき、リリアナはアーティファクトの鎖のヴェールの力でガラクに呪いをかけ、野生の獣を召喚する彼の力を穢れさせてしまいました。仲間である強力な捕食者達が呪いによっておぞましい悪鬼へと変貌するなか、ガラクは死を操る新たな力を自分の内に見出し始めました。そのことがさらに彼を激昂させるのです。

謎めいた鎖のヴェールはまだリリアナと共にあり、ガラクは耐え難い死の穢れに冒された状態から解放されるまで追跡をやめないつもりです。呪いを生き延びられたならば、彼は狩人としての本能に従い、リリアナと対峙する機会を求めてイニストラードの次元へと渡っていくことでしょう。

最新Feature記事

FEATURE

2022年 8月 26日

『団結のドミナリア』プレリリースでマジックをプレイしよう by, Gavin Verhey

『団結のドミナリア』プレリリース入門へようこそ! プレリリースは、マジック初心者にも長年のベテランにも最高のイベントだ。最新セットのお祝いを楽しめるこのイベントは、初めて参加するマジックのイベントとしてもうってつけだ。『団結のドミナリア』では9月2~8日にプレリリースが開催される。この絶好の機会にぜひ参加してみてくれ! マジックの遊び方を学びたい方は、以下のページをご...

記事を読む

FEATURE

2022年 8月 18日

『団結のドミナリア』製品紹介 by, Tim Brown

(編注:この記事は掲載後に更新されました。『団結のドミナリア』ジャンプスタート・ブースター向けにデザインされたカードについての内容を追記しました。) 私たちが今回再訪するマジック始まりの次元ドミナリアには、風の便りがいくつも届いています。どうやら私たちもよく知るお馴染みの顔が、つまりドミナリアの伝説の英雄たちが、再びファイレクシアンと戦うために新たな連合を結成しようと...

記事を読む

記事

記事

Feature Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る