Grand Prix–Kobe

更新日 Feature on 2008年 4月 29日

By Wizards of the Coast

Jim Murray

Aleksi Briclot

1972 年生まれ。イングランド西部(ドーセット州北部)にて幼少期から絵を描いて育つ。同州ボーンマス市でビジュアルメディアのコースを受講(ここで素晴らしい人達との出会いに恵まれ、自分に正直であり続けることの大切さを学ぶ)。卒業時にはストーリーボード作業の実力に自信がつき、"Galaxy's Greatest Comic"(つまり、2000 AD)のイラストレーターを目指すようになる。

その後1年間はスペックのスクリプトを山ほど作ることと失業手当の担当者から逃げるのに費やされるが、最終的には初仕事にたどり着き"Judge Dredd Magazine"の"Harmony"というストーリーの仕事を受けることになる。

その後も製作依頼が入り続け、 数年に渡り Holocaust 12、Slaine、Judge Dredd のキャラクターのイラストを手がけ、これが総カラー48ページのグラフィック・ノベル2冊にまとまることとなる。1冊目の出版は 1998 年の"Judge Dredd Batman"のクロスオーバー作品"Die Laughing"、続いて 1999 年にDC コミック Elseworlds の本"Batman Demon"の出版がある。

この時期の他の仕事には、イギリスのテレビ局 Channel 4 の連続ドラマ"Spaced"の小道具やプロモーション用の作品の他、テクノバンド Prodigy のステージ用の 8 m x 15 m 大のキャンバス地の背景画 (2000 AD のアーティスト仲間ジェイソン=ブラッシル[Jason Brashill]との共同作品。スプレーペイント使用)等がある。

2000 年にビデオゲームのコンセプト・アーティストとしての仕事を始め、最初はロンドンの Virgin スタジオに務め、3年後にはモントリオールの Artificial Mind and Movement (A2M) での仕事を始める。その間にフリーランスでウィザーズ・オブ・ザ・コースト社のマジックのカードの仕事も受けるようになり、今日までこの仕事を光栄に感じている。また現在クリエーターが全権をもつグラフィック・ノベルの仕事を 2000 AD と Wildstorm の常連ロビー=モリソン (Robbie Morrison) と共同で手がけている。

現在モントリオール在住。相方アナベル、2 人の愛娘レベッカとジェイミーと共に暮らしている。

カード名 収録セット
《ラクァタス大使/Ambassador Laquatus 基本セット第10版
《天使の合唱/Angelic Chorus 基本セット第10版
《ガイアの伝令/Gaea's Herald 基本セット第10版
《剃刀毛のマスティコア/Razormane Masticore 基本セット第10版
《巨大化/Giant Growth 基本セット第9版
《手練/Sleight of Hand 基本セット第9版
《復習の亜神/Demigod of Revenge シャドウムーア
《刈り取りの王/Reaper King シャドウムーア
《茨森の模範/Bramblewood Paragon モーニングタイド
《目覚ましヒバリ/Reveillark モーニングタイド
《狼骨のシャーマン/Wolf-Skull Shaman モーニングタイド
《死角持ちの巨人/Blind-Spot Giant ローウイン
《消えざる焼け刃/Ceaseless Searblades ローウイン
《樫の喧嘩屋/Oaken Brawler ローウイン
《活力/Vigor ローウイン
《ボガーダンの槍騎兵/Bogardan Lancer 未来予知
《西風の魔道士リネッサ/Linessa, Zephyr Mage 未来予知
《ぶどう園の大魔術師/Magus of the Vineyard 未来予知
《夢次元の芸術家/Dreamscape Artist 次元の混乱
《ケルドの後継者、ラーダ/Radha, Heir to Keld 次元の混乱
《天界の十字軍/Celestial Crusader 時のらせん
《五制術の聖騎士/Pentarch Paladin 時のらせん
《始祖ドラゴンの末裔/Scion of the Ur-Dragon 時のらせん
《絞殺の煤/Strangling Soot 時のらせん
《ヴェク追われの侵入者/Trespasser il-Vec 時のらせん
《骨に染む凍え/Chill to the Bone コールドスナップ
《太陽の一掃/Sunscour コールドスナップ
《死の円舞曲/Macabre Waltz ディッセンション
《虚空粘/Voidslime ディッセンション
《覚醒石のガーゴイル/Wakestone Gargoyle ディッセンション
《砂丘生みのネフィリム/Dune-Brood Nephilim ギルドパクト
《霊の通り路/Ghostway ギルドパクト
《イゼットのギルド魔道士/Izzet Guildmage ギルドパクト
《ティボーとルミア/Tibor and Lumia ギルドパクト
《野生の寸法/Wildsize ギルドパクト
《紺碧のスフィンクス/Cerulean Sphinx ラヴニカ
《ディミーアのドッペルゲンガー/Dimir Doppelganger ラヴニカ
《妄想の誘導/Induce Paranoia ラヴニカ
《草ハイドラ/Phytohydra ラヴニカ
《空騎士の軍団兵/Skyknight Legionnaire ラヴニカ
《ウルサパイン/Ursapine ラヴニカ
《現し世の裏切り者、禍我/Maga, Traitor to Mortals 神河救済
《中の樹の木霊/Kodama of the Center Tree 神河謀叛
《大峨の世捨て/Ogre Recluse 神河謀叛
《不気味な行列/Eerie Procession 神河物語
《氷河の光線/Glacial Ray 神河物語
《夜の華、切苦/Kiku, Night's Flower 神河物語
《狐の神秘家/Kitsune Mystic 神河物語
《伝承の語り部/Teller of Tales 神河物語
《天羅至の叫び/Terashi's Cry 神河物語
《緑の夜明けの運び手/Bringer of the Green Dawn フィフス・ドーン
《肉体を継ぐ者/Fleshgrafter フィフス・ドーン
《剃刀毛のマスティコア/Razormane Masticore フィフス・ドーン
《ソラリアン/Solarion フィフス・ドーン
《隔離するタイタン/Sundering Titan フィフス・ドーン
《熱風の操縦者/Thermal Navigator フィフス・ドーン
《オーリオックの包囲そり/Auriok Siege Sled ダークスティール
《屍賊の嫌悪者/Nim Abomination ダークスティール
Razormane Masticore
Reaper King
Maga, Traitor to Mortals

Chippy

Chippyスコットランド出身。現在はオーストラリアはメルボルンにパートナーのエレインと共に在住。マジックとの関わりはミラージュに遡るが、イラストレーターとしてだけでなく舞台裏でもウルザズ・サーガ開発時にコンセプト・アーティストとして関わっている(ファイレクシアの総合的なイメージのコンセプト創りに参加)。

一時期コンピュータゲーム業界に移ったものの 2004 年には紙と筆の世界に戻り、ウィザーズ・オブ・ザ・コーストを始めとし Privateer Press、 Upper Deck といった会社と再び仕事をしている。昨年 9 月にはジェレミー=ジャーヴィスからの誘いで再度マジックの舞台裏に入る事となり、ウィザーズ本社で次期ブロックのコンセプト創りに参加している。

また、Spectrum、Expose、Into the Pixel (E3 のアートショー)にも作品の出品がある。ちなみについ最近立ち上がったばかりのブログはこちら。
www.chippywork.blogspot.com/

カード名 収録セット
《火炎放射/Cone of Flame 基本セット第10版
《流動石の山崩れ/Flowstone Slide 基本セット第10版
《湧出/Upwelling 基本セット第10版
《吸血コウモリ/Vampire Bats 基本セット第10版
《役畜/Beast of Burden 基本セット第9版
《流動石の山崩れ/Flowstone Slide 基本セット第9版
《湧出/Upwelling 基本セット第8版
《尾根の憤怒獣/Ridgeline Rager 基本セット第8版
《役畜/Beast of Burden 基本セット第7版
《吠える悪鬼/Bellowing Fiend 基本セット第7版
Champion Lancer スターター1999
Dakmor Lancer スターター1999
《神話の超者/Overbeing of Myth》 イーヴンタイド
???? イーヴンタイド
???? イーヴンタイド
《妖精からの助言/Advice from the Fae シャドウムーア
シャドウムーア
《薬の走り手/Medicine Runner シャドウムーア
《鉱山の採掘/Mine Excavation シャドウムーア
《薄煙の信徒/Smolder Initiate シャドウムーア
沼  シャドウムーア
《ワンダーブラインの根切り/Wanderbrine Rootcutters シャドウムーア
《世界粛清/Worldpurge シャドウムーア
《髑髏の占い師/Augur of Skulls 未来予知
《塩切り/Saltskitter 未来予知
《多相の戦士の真髄/Shapeshifter's Marrow 未来予知
《大量の芽吹き/Sprout Swarm 未来予知
《召喚士の契約/Summoner's Pact 未来予知
《シヴ山の隕石/Shivan Meteor 次元の混乱
《スカークのシャーマン/Skirk Shaman 次元の混乱
《組立作業員/Assembly-Worker 時のらせん
《顔なしの貪り食い/Faceless Devourer 時のらせん
《セロン教の隠遁者/Thelonite Hermit 時のらせん
《虚空魔道士の沈黙者/Voidmage Husher 時のらせん
《ヴェク追われの盲信者/Zealot il-Vec 時のらせん
《ミシュラのガラクタ/Mishra's Bauble コールドスナップ
《秘教の融解/Mystic Melting コールドスナップ
《信仰の足枷/Faith's Fetters ラヴニカ
《大いなる苔犬/Greater Mossdog ラヴニカ
《ごみ引きずり/Junktroller ラヴニカ
《悪夢の虚空/Nightmare Void ラヴニカ
《光の幕/Curtain of Light 神河救済
《残忍な稲妻/Feral Lightning 神河救済
《御霊の足跡/Footsteps of the Goryo 神河救済
《螺旋形の燃えさし/Spiraling Embers 神河救済
《影の舞い/Dance of Shadows 神河物語
《蟲の饗宴/Feast of Worms 神河物語
《ほつれた血管/Ragged Veins 神河物語
《海スニッド/Sea Snidd プレーンシフト
《反発/Backlash インベイジョン
《呪われた肉体/Cursed Flesh インベイジョン
《カヴーの巣/Kavu Lair インベイジョン
《疫病吐き/Plague Spitter インベイジョン
《無謀な悪意/Reckless Spite インベイジョン
《テク/Tek インベイジョン
《グリールのなで回し/Greel's Caress プロフェシー
《尾根の憤怒獣/Ridgeline Rager プロフェシー
《流動石の山崩れ/Flowstone Slide ネメシス
《ファイレクシアの督戦官/Phyrexian Driver ネメシス
《執念深いごろつき/Spiteful Bully ネメシス
《環状列石の守護者/Henge Guardian メルカディアン・マスクス
《原始のシャンブラー/Primeval Shambler メルカディアン・マスクス
《シルバーグレイド峡谷の精霊/Silverglade Elemental メルカディアン・マスクス
《病原菌保菌体/Disease Carriers ウルザズ・デスティニー
《ただれた傷口/Festering Wound ウルザズ・デスティニー
《厳かなモノリス/Grim Monolith ウルザズ・デスティニー
《疫病犬/Plague Dogs ウルザズ・デスティニー
《急速な衰微/Rapid Decay ウルザズ・デスティニー
《村八分/Ostracize ウルザズ・レガシー
《血の臣下/Blood Vassal ウルザズ・サーガ
《ヨーグモス騎士団/Order of Yawgmoth ウルザズ・サーガ
《ファイレクシアの塔/Phyrexian Tower ウルザズ・サーガ
《グロラブ/Grollub エクソダス
《生命のサイクル/Cycle of Life ミラージュ
《立ち去らぬ亡霊/Haunting Apparition ミラージュ
《烙印の死霊/Tainted Specter ミラージュ
Overbeing of MythThelonite Hermit
Grim Monolith

最新Feature記事

FEATURE

2022年 5月 23日

『統率者レジェンズ:バルダーズ・ゲートの戦い』のメカニズム by, Jess Dunks

『統率者レジェンズ:バルダーズ・ゲートの戦い』では、「ダンジョンズ&ドラゴンズ」の大人気の冒険が再びマジックへやってきます。このセットではD&Dで最も有名な場所の1つを訪れ、エキサイティングな新メカニズムや「d20を振る」などの人気の再録メカニズム、そしてひと味加えた再録メカニズムも登場します。ですがはじめは詳しく語り過ぎず、背景からお話ししましょう。 背景 ...

記事を読む

FEATURE

2022年 5月 17日

『統率者レジェンズ:バルダーズ・ゲートの戦い』をコレクションする by, Max McCall

編注:《正体を隠した者》にはエッチング・フォイル仕様やフォイル仕様が用意されないことをお伝えいたします。 『統率者レジェンズ:バルダーズ・ゲートの戦い』は、フォーゴトン・レルムの重大な岐路となるだろう。そこでは意匠を凝らしたマジックのカードをはじめ、異国情緒あふれる品々が何でも手に入るんだ。 6月10日にお近くのゲーム店やAmazonのような通販サイトで発売されるこの...

記事を読む

記事

記事

Feature Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る