Grand Prix–Okayama

更新日 Feature on 2008年 10月 13日

By Wizards of the Coast

ダーケン(Daarken)

Daarken

その名の示す通り、暗い暗い地下室より出現。その地下室は古くは理容学校だった建物の階段の下に潜んでいたが、その建物はサンフランシスコの中でも治安の悪さで悪名高いテンダーロイン地区のど真ん中に位置していた。この洞窟から時おり姿を現し、アカデミー・オブ・アート大学での授業を受けに向かうのが常だった。キャンパス内で建物から建物へとスケッチブックを手に移動していると、透き通るように白い肌が太陽の下で怪しく光るのであった。

2004 年に卒業後、フリーランス・アーティストとして3年に渡って腕に磨きをかける(言い換えればビデオゲームをして過ごす)。その後バージニア州に移り、EA ミシック社にてコンセプト・アーティストとしてビデオゲーム「ウォーハンマー・オンライン:エイジ・オブ・レコニング」("Warhammer Online: Age of Reckoning") の仕事をする。現在もビデオゲーム (その他諸々)の腕に更に磨きをかけている。

カード名 収録セット
《沼の悪霊/Bog Wraith》 基本セット第10版
《要塞の規律/Stronghold Discipline》 基本セット第10版
《ドラゴンの伝令/Dragon's Herald》 アラーラの断片
《魔力軟体/Manaplasm》 アラーラの断片
《サルカン・ヴォル/Sarkhan Vol》 アラーラの断片
《悪臭の荒野/Fetid Heath》 イーヴンタイド
《湿地飲みの巨人/Marshdrinker Giant》 イーヴンタイド
《陰影の忍び寄るもの/Umbra Stalker》 イーヴンタイド
《腐食する導師/Corrosive Mentor》 シャドウムーア
《クルラスの騎士/Kulrath Knight》 シャドウムーア
《湖のコリガン/Loch Korrigan》 シャドウムーア
《真夜中のバンシー/Midnight Banshee》 シャドウムーア
《落とし悶え/Spawnwrithe》 シャドウムーア
《苦々しい試練/Bitter Ordeal》 未来予知
《危険な墓/Grave Peril》 未来予知
《黒き剣の継承者コーラシュ/Korlash Heir to Blackblade》 未来予知
《ドラゴン変化/Form of the Dragon》 From the Vault: Dragons
Sarkhan Vol
Korlash, Heir to Blackblade

最新Feature記事

FEATURE

2022年 8月 26日

『団結のドミナリア』プレリリースでマジックをプレイしよう by, Gavin Verhey

『団結のドミナリア』プレリリース入門へようこそ! プレリリースは、マジック初心者にも長年のベテランにも最高のイベントだ。最新セットのお祝いを楽しめるこのイベントは、初めて参加するマジックのイベントとしてもうってつけだ。『団結のドミナリア』では9月2~8日にプレリリースが開催される。この絶好の機会にぜひ参加してみてくれ! マジックの遊び方を学びたい方は、以下のページをご...

記事を読む

FEATURE

2022年 8月 18日

『団結のドミナリア』製品紹介 by, Tim Brown

(編注:この記事は掲載後に更新されました。『団結のドミナリア』ジャンプスタート・ブースター向けにデザインされたカードについての内容を追記しました。) 私たちが今回再訪するマジック始まりの次元ドミナリアには、風の便りがいくつも届いています。どうやら私たちもよく知るお馴染みの顔が、つまりドミナリアの伝説の英雄たちが、再びファイレクシアンと戦うために新たな連合を結成しようと...

記事を読む

記事

記事

Feature Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る