Grand Prix Okayama Artist: Arnie Swekel (アーニー・スウェックル)

更新日 Feature on 2003年 11月 24日

By Wizards of the Coast

Arnie's Cards
Card NameCard Set
集中第 8 版(基本セット)
脱水第 8 版(基本セット)
飛行第 8 版(基本セット)
堕天使第 7 版
濃霧第 7 版
ゴブリンの略奪者第 7 版
虚ろの犬第 7 版
機械仕掛けのクワガタミラディン
機械仕掛けのコンドルミラディン
機械仕掛けのドラゴンミラディン
機械仕掛けのヴォラックミラディン
光網の観察者ミラディン
錆の精霊ミラディン
錆胞子の羊ミラディン
魂の鋳造所ミラディン
ゴブリンの盗賊スカージ
クローサの家畜商人スカージ
語られざる印スカージ
拭い去りスカージ
暴れまわるマーロドントレギオン
激浪の刻み獣レギオン
焦熱の火猫オンスロート
貪欲なるベイロスオンスロート
激並の多相の戦士オンスロート
そびえ立つベイロスオンスロート
薮跳ねアヌーリッドジャッジメント
血たぎるドワーフジャッジメント
幻影のニショーバジャッジメント
縫合ジャッジメント
アクアミーバトーメント
ハイドロモルフのカモメトーメント
よろめく大群トーメント
集中オデッセイ
消えないこだまオデッセイ
脈動する幻影オデッセイ
飛びかかる虎オデッセイ
オデッセイ
森の力オデッセイ
思考をかじるものオデッセイ
墓火オデッセイ
憑依の天使アポカリプス
ラッカの信奉者アポカリプス
カルデラのカヴープレーンシフト
内破プレーンシフト
ミラーウッド・ツリーフォークプレーンシフト
ドラルヌの十字軍プレーンシフト
鎧を着た守護者インベイジョン
たわむか折れるかインベイジョン
クローシスの従者インベイジョン
ひずんだ航跡インベイジョン
爆発的成長インベイジョン
稲妻の矢インベイジョン
メタスランのゾンビインベイジョン
怒り狂うカヴーインベイジョン
ヨーグモスの行動計画インベイジョン
棺の操り人形プロフェシー
二重の造物プロフェシー
沈泥の這うものプロフェシー
要塞の飛行船ネメシス
溶岩獣の兵卒ネメシス
銃眼付きの壁メルカディアン・マスクス
大イモムシメルカディアン・マスクス
ごまかしメルカディアン・マスクス
カイレンのオモチャメルカディアン・マスクス

スウェックル氏のアートは、1990 年以降数多くの TRPG 及びコンピュータ・ゲーム会社との仕事で多彩な形で登場。ダンジョンズ・アンド・ドラゴンズだけでも、この 11 年間で表紙、ポスター、地図、インテリア・イラストを手がける。氏の最新作は D&D 第 3 版プレイヤーズ・ハンドブック以降出版される各ルール・ブック、また Dragon 誌の表紙に見られる。

1998 年以降、氏の活動範囲は広がりをみせ、多種のゲームのデザイン段階でのコンセプト的イラストも行っている。氏の生み出した玩具も商品化され、全米大手のホビー店や玩具店の棚に並んでいる。「マジック」の仕事はメルカディアン・マスクスのセットから始まり、それ以降の各セットでもコンセプトとカードの両面から携わっている。氏は、現在 Raven Software 社にてフルタイムで勤務し、Quake 4 の2D、3D、そしてコンセプチュアル・アーティストとして活躍。

私生活の面では、妻と子供 2 人と猫 2 匹とともにウィスコンシン州在住。趣味と興味のある事は、ゲーム(TRPG、カード、コンピュータ)、考古学、映画、武術、物語創作など。

「こんな素晴らしいキャリアに身を置くことができて、しかも創造性と想像力の豊かさではこの地球上でトップレベルといえる人達と一緒に仕事ができるなんて、自分はこの世で最高に運のいい人間の一人だよ」

最新Feature記事

FEATURE

2021年 9月 16日

『イニストラード:真夜中の狩り』プレリリース入門 by, Gavin Verhey

マジック・プレイヤーのみんなが大好きな次元の1つ、「イニストラード」を再訪するときがきた。 このゴシック・ホラーをテーマにした(吸血鬼に人狼、ゾンビ、スピリット、そしてもちろんそれらに対抗する人間がたくさんいる)不気味な次元は、楽しさとフレイバーに満ちている。私たちは今回、そんなイニストラードの真髄へ回帰する。早くみんなに体験してもらいたくて仕方がないよ。 君たち...

記事を読む

FEATURE

2021年 9月 2日

『イニストラード:真夜中の狩り』メカニズム by, Matt Tabak

多元宇宙の中でも、イニストラードほどその次元の住人たちの恐怖をかき立てるものはありません。私達も怖れるべきでしょうか?もちろん、その必要はありません。なにせ、カードゲームだから。ここは素晴らしい舞台です。だから、『イニストラード:真夜中の狩り』で再び訪れるのです。では、一体どんな能力やメカニズムやキーワードが我々を待ち構えているのでしょうか?その答えを知るただひとつの方法...

記事を読む

記事

記事

Feature Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る