Grand Prix Sendai Artist: Randy Gallegos

更新日 Feature on 2004年 1月 29日

By Wizards of the Coast

D. Randy Gallegos's Cards
Card NameCard Set
不明の卵第 8 版(基本セット)
野火第 8 版(基本セット)
大蜘蛛第 8 版(基本セット)
残忍な裏切り第 8 版(基本セット)
原始の力第 8 版(基本セット)
ショック第 8 版(基本セット)
不明の卵第 6 版 
カープルーザンの森第 6 版 
ショック第 6 版 
不明の卵第 5 版
カープルーザンの森第 5 版
始原の軟泥第 5 版
静電気の稲妻ミラディン
レオニンの刃罠ミラディン
逆行ミラディン
静寂の連鎖オンスロート
急降下爆撃兵オンスロート
憑依された死者オンスロート
霧衣のストーカーオンスロート
エイヴンの賢人オンスロート
吠え裂きアヌーリッドジャッジメント
金切るときの声ジャッジメント
ベナリアの使者インベイジョン
闘争か逃亡かインベイジョン
惑乱の雲インベイジョン
疫病の胞子インベイジョン
べたつきカヴーインベイジョン
荊景学院の弟子インベイジョン
ケルドの火弾兵プロフェシー
山脈の闘獣プロフェシー
蓄積した知識ネメシス
残忍な裏切りネメシス
スカイシュラウドの歩哨ネメシス
石膏の壁メルカディアン・マスクス
崩れゆく聖域メルカディアン・マスクス
命取りの昆虫メルカディアン・マスクス
燃えたつ剣メルカディアン・マスクス
夜風の滑空者メルカディアン・マスクス
死霊の嘆きメルカディアン・マスクス
調律ウルザズ・サーガ
輝く光輪ウルザズ・サーガ
消灯ウルザズ・サーガ
問題児ウルザズ・サーガ
信仰の癒し手ウルザズ・サーガ
水蓮の花ウルザズ・サーガ
平和な心ウルザズ・サーガ
潜伏工作員ウルザズ・サーガ
厳格な試験監督ウルザズ・サーガ
沈静エクソダス
遁走エクソダス
魂の管理人エクソダス
芽ぐみストロングホールド
雲の精ストロングホールド
低地のバジリスクストロングホールド
ショックストロングホールド
誘うリシドストロングホールド
大地の知識テンペスト
テンペスト
記憶術のスリヴァーテンペスト
現実の錨テンペスト
ルートウォーターの女族長テンペスト
煮沸ばさんみテンペスト
サルタリーの聖戦士テンペスト
燃えがらの壁ウェザーライト
サイムーンビジョンズ
暴走するヌービジョンズ
大カマキリミラージュ
ぬかるみの影ミラージュ
クウィリーオン・エルフミラージュ
ラシーダ・スケイルベインミラージュ
《まやかしの死/False Demise》Alliances
Floodwater DamAlliances
Mishra's GroundbreakerAlliances
Tidal ControlAlliances
Call to ArmsIce Age
Cold SnapIce Age
《征服/Conquer》Ice Age
Dance of the DeadIce Age
Ghostly FlameIce Age
InfuseIce Age
MeltingIce Age
《難問の秘義具/Vexing Arcanix》Ice Age
Wall of ShieldsIce Age
悲哀のコーラスポータル 2
ダクムーアの蠍ポータル 2
夜魔の帰還ポータル 2
盗まれた夢ポータル 2
野火ポータル
大雲ポータル
丘巨人ポータル
原始の力ポータル
Giant FanUnglued
Hungry Hungry HeiferUnglued
ErtaiVanguard Series 1

2000 年始め、ランディーは 1994 年に California College of Arts and Crafts を出てからというものノンストップで活動してきた商業イラスト界のレーダー範囲外へと静かに足を踏み出した。ランディーの作品は色彩豊かで独特のムードがあり、仕事が途絶えることがないのと同時に、多様な主題に取り組む機会にも恵まれてきた。持ち味を活かした作品は最初の数年で Duelist 誌の表紙にフィーチャーされ、その際ウィザーズから誘いを受け就職も決まりました。

一体それは引き受けた仕事のぺースだったのか(受注数が多過ぎ、中には十分時間がかけられない作品もあった)、それとも業界の状況全体だったのか(低いギャラで要求は高い)、または深刻で尊大ともいうべき自己批評的な気質だったのか。理由はともあれ、自分の芸術とアーティストとしての自分の将来のために、何かが変わらなくてはならないということに気づいたのだったのでウィザーズと別れることにしました。

2000 年当時はほとんど絵を描くことがなく、難しい芸術的変容期に突入していた。それは、動機、技巧、欲求、野望といった創造的生き方のあらゆる側面を疑問視する行為であった。この頃は音楽活動に専念しオルタナティブ・ロック・バンド Plumage のメンバーとしてベースを弾き、歌い、曲を書くとともに、一年間はビデオゲーム業界のグラフィック・アーティストとしての仕事も受けていた。この時期の絵は折衷的な性質のもので、自らの「視覚的な声」とでもいうべきものを確立しなおすために様々な方向に試みを行ったものが多かった。そして次第にそれが自らの「芸術的な声」なのだと気づき始めたのだった。

最近では引きこもっていた繭から徐々に抜け出しており、その様子は続行中の要注目プロジェクト God v.2.0 シリーズに視覚的に(テーマ的にではないが)見受けることができる。2002 年の夏が終わりを迎えるにあたり、自らの更なる羽化と随分前からきつくなってきていた殻を脱ぎ捨てるのを心待ちにしている。もともと動きが遅い方ではあるが、その動きは慎重でしっかりとした足取りのものである。今でもそれに変わりはない。しかし、着実に動きを見せていることは確かである。

最新Feature記事

FEATURE

2022年 5月 23日

『統率者レジェンズ:バルダーズ・ゲートの戦い』のメカニズム by, Jess Dunks

『統率者レジェンズ:バルダーズ・ゲートの戦い』では、「ダンジョンズ&ドラゴンズ」の大人気の冒険が再びマジックへやってきます。このセットではD&Dで最も有名な場所の1つを訪れ、エキサイティングな新メカニズムや「d20を振る」などの人気の再録メカニズム、そしてひと味加えた再録メカニズムも登場します。ですがはじめは詳しく語り過ぎず、背景からお話ししましょう。 背景 ...

記事を読む

FEATURE

2022年 5月 17日

『統率者レジェンズ:バルダーズ・ゲートの戦い』をコレクションする by, Max McCall

編注:《正体を隠した者》にはエッチング・フォイル仕様やフォイル仕様が用意されないことをお伝えいたします。 『統率者レジェンズ:バルダーズ・ゲートの戦い』は、フォーゴトン・レルムの重大な岐路となるだろう。そこでは意匠を凝らしたマジックのカードをはじめ、異国情緒あふれる品々が何でも手に入るんだ。 6月10日にお近くのゲーム店やAmazonのような通販サイトで発売されるこの...

記事を読む

記事

記事

Feature Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る