Planes of Existence: Mirrodin

更新日 Feature on 2008年 7月 25日

By Wizards of the Coast

ミラディン:全体が金属でできた次元。 ここでは、棘に覆われた銅の樹が人口の森を作り、鉄の建物や錆びた山々が並び、平地の手の切れるような草は文字通りの刃を持っています。 それぞれが一つずつのマナの色に輝く五つの太陽が、その下の地を照らしています。 ここは人間やエルフやゴブリン、ヴィダルケンやレオニン、屍賊と呼ばれるゾンビなどが生きる地です。

遥か昔、この次元はウルザが生み出した銀のゴーレム、カーンの手によって作られました。それは新たな力を得たプレインズウォーカーの実験でした。 彼はこの次元を自分のイメージを投影したゴーレムで埋め、さらに彼が多元宇宙を探索する間、この地を見張るための「守護者」を作りました。

しかし、そこには過ちがありました。 カーンは意図せずに、自分の世界に暗い汚染を引き込んでしまったのです。それはファイレクシアの油でした。 数世紀に渡り、その油はミラディンを捕らえ、その世界と住人を変えていきました。 守護者は不安定になり、自我に目覚めると自らをメムナークと呼ぶようになります。 メムナークは何度も狂ったような怒りを見せ、造物主に見捨てられたと感じるようになります。

メムナークの狂気が深まっていくにつれ、彼の力も変わっていきました。 魂捕らえと呼ばれる秘術の道具を用い、彼は他の次元から数え切れないほどの生物を拉致しては、ミラディンに移り住まわせました。 彼の目的はプレインズウォーカーの灯を持つ者を見つけ、彼を連れてミラディンを去り、造物主を見つけることだったのです。

ミラディンで初めてプレインズウォーカーの灯を持って生まれたのは、エルフのグリッサ・サンシーカーでした。 グリッサはこの世界の秘密を解き明かします。この世界は空洞であり、謎めいた暴君は堅実に生き、その内側に住んでいることを。 彼女の知恵と力、そして仲間の助けを得て、グリッサはメムナークを倒します。 魂捕らえは破壊され、ミラディンの第一世代は一瞬にして元の次元へと帰っていきました。

取り残されたミラディン人は、最長老が消えてしまったこの状況に取り組まなければいけませんでした。 世界の内側で何が起こったのかを知っている者はほとんどいません――曽祖先、長老、酋長はみんな消えてしまったのです。 グリッサとその仲間のゴブリンのスロバッドが地表に戻ったとき、彼らは混乱したゴブリンの群れの襲撃を受けました。 スロバッドは倒れ、グリッサは内側へと再び戻って行きます。未だに動いている小さな建物の中で、彼女は安全に、静かに、眠りについたのです……。

一方、地表ではミラディン人が生活を取戻そうとしていました。 しかし、次元の内側では、遥か昔にカーンが持ち込んだファイレクシアの汚染が、静かにその役割を続けていたのです。 油は広がり、マイコシンスが未だにミラディンの内側で光る核へとたどり着いたとき、すべてが変わったのです。

最新Feature記事

FEATURE

2022年 5月 23日

『統率者レジェンズ:バルダーズ・ゲートの戦い』のメカニズム by, Jess Dunks

『統率者レジェンズ:バルダーズ・ゲートの戦い』では、「ダンジョンズ&ドラゴンズ」の大人気の冒険が再びマジックへやってきます。このセットではD&Dで最も有名な場所の1つを訪れ、エキサイティングな新メカニズムや「d20を振る」などの人気の再録メカニズム、そしてひと味加えた再録メカニズムも登場します。ですがはじめは詳しく語り過ぎず、背景からお話ししましょう。 背景 ...

記事を読む

FEATURE

2022年 5月 17日

『統率者レジェンズ:バルダーズ・ゲートの戦い』をコレクションする by, Max McCall

編注:《正体を隠した者》にはエッチング・フォイル仕様やフォイル仕様が用意されないことをお伝えいたします。 『統率者レジェンズ:バルダーズ・ゲートの戦い』は、フォーゴトン・レルムの重大な岐路となるだろう。そこでは意匠を凝らしたマジックのカードをはじめ、異国情緒あふれる品々が何でも手に入るんだ。 6月10日にお近くのゲーム店やAmazonのような通販サイトで発売されるこの...

記事を読む

記事

記事

Feature Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る