Selesnya Conclave

更新日 Feature on 2012年 8月 20日

By Wizards of the Coast

セレズニア議事会
我が信仰。我が仲間。我がギルド。
セレズニア・ギルドは自らを、彼らが自然そのものの顕現であると信じる神秘的な意識、マトセレズニアの声であるとみなしている。 ギルドに属するものはすべてこの単一の声の代弁者と考えられ、彼らはそのメッセージを広め、構成員を増やすことでギルドを拡大しようとしている。 セレズニアのメッセージは個人的であると同時に公のものでもあり、各自は意識を静めてギルドマスター、すなわちマトセレズニアの霊的な伝達者である3つ頭のドライアドの意志に耳を傾けなければならない。

ギルドの目的は各構成員の個性をすべて取り込み、議事会の道具へと変化させることである。 セレズニアの影響力は実に遠くまで及んでいる。 このギルドはラヴニカ全土に広まっているのだ。 ヴェルナディと呼ばれる各集落は、中心となる樹の周囲に小さな共同体を形成し、指導者であるドライアドによって切り盛りされている。 ヴェルナディはヴィトゥ=ガジーから外に向かって広まっており、そのすべては樹の根でできた地下のネットワークによって互いに繋がっている。
Illus. Illus. Howard Lyon
セレズニアの声、トロスターニ 3つ頭のドライアド、トロスターニは、ヴィトゥ=ガジーとして知られる巨大な樹からこのギルドを支配している。 とはいえセレズニアの人間は、彼女はマトセレズニアの意志に導かれているに過ぎないと主張するだろう。 トロスターニの3つの頭部はそれぞれ秩序、生命、調和というセレズニアの価値観を体現している。
Illus. Chippy
都市の樹、ヴィトゥ=ガジー セレズニアの人間は力が一ヶ所に集中することはないと信じているが、ヴィトゥ=ガジーというこの巨大な樹はセレズニア・ギルドの中心地・本拠地として機能している。 他の共同体はヴィトゥ=ガジーという完全なる形態と構造を反映したものである。この樹の幹はラヴニカ中から訪れる信奉者のための大聖堂の役割を果たしている。 エルフの木地師である木の匠サニールは、狂気に駆られたイゼットの魔道士卿ゾマジ・ホークによる襲撃の後、ヴィトゥ=ガジーの修復事業の責任者を務めた。 ギルド内でも長老格となったサニールはセレズニアの建築士長として、セレズニアの森に広がる大きな庭や公園、そして樹上通路を監督している。
Illus. Jason Chan
セレズニア議事会・ギルドのメンバーがプレインズウォーカー・ポイントをポイント獲得しました!これで10位中位となりました!
もうギルドを決めましたか?
ギルドについて学ぶ
Azorius
Orzhov
Dimir
Izzet
Rakdos
Golgari
Gruul
Boros
Selesnya
Simic

最新Feature記事

FEATURE

2022年 7月 28日

2022-2023シーズン「プロツアー2」への参加権利とプロモを手に入れよう by, Wizards of the Coast

Español | Français | Deutsch | Italiano | 简体中文 | 繁體中文 | Português | 한국어 | 日本語 プロツアーへの新たな道はすでに始まり、プレイヤーの皆さんは2022-2023シーズン「プロツアー1」(アメリカ・ノースカロライナ州シャーロットにて開催)への参加権利を求め戦いに挑んでいることでしょう。ここで私たちより...

記事を読む

FEATURE

2022年 7月 21日

ロスト・レジェンド by, Blake Rasmussen

むかしむかし……正確に言うなら1994年……どこか遠くの倉庫で、『レジェンド』が …… 姿を消しました。でも実は愛らしい『レジェンド』たちはケースごと棚に山積みにされていて、また見つけてもらえるときをずっと待っていました。待ち続けて、気づけばマジック:ザ・ギャザリングの30周年を迎えていたのです。 そして今、皆さんは正真正銘の歴史の一端を手にすることになります。『団結の...

記事を読む

記事

記事

Feature Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る