Semifinal Draft: (3) Poor Shark vs. (2) Voice of Soul

更新日 Feature

By 森慶太

関西勢同士の対決となったこの準決勝。
彼らが展開したドラフトの概要をお伝えする。
ちなみに、構成メンバーは以下のとおりで、対応する席順の者同士だ対角線状に着席してドラフトし、作り上げたデッキで実際のマッチを行なう事になる。

Poor Shark
a)桧垣貴生
b)小宮忠義
c)堂山剛志

Voice os Soul
a)黒田正城
b)大塚智美
c)森田雅彦

Invasion 1st Packs

Voice of Soul の小宮からはじまったこの決勝ドラフト。
小宮期待のファーストピックは Rout で、青白系デッキを得意とする小宮には文句のつけようのない一手であろう。以降、小宮忠義は青白路線まっしぐらであった。

その青白い小宮に対する大塚は、ご存知のように数少ない強豪女性デュエリストの一人であり、その実力は予選ラウンドにおける活躍で証明されてきたものだった。その大塚は、真っ向勝負の赤黒路線へとひた走ることとなる。具体的には小宮の開封したパックからの初手で Shivan Emissary をピックしたのを皮切りに、RecoverExotic CursePlague SporesSoul Burn (自分のパックの初手)、Ancient KavuRavenous RatsVodalian ZombieAddleFires of Yavimaya といったカードを入手したのである。ことに、Rout を捨てさせられるという意味では通常以上に Addle の評価は高そうだ。

Voice of Soul の堂山剛志は、森田雅彦との対決ということになる。堂山が緑がらみ、森田が青白系をほとんど決め打っているのだということはもはや周知の事実とさえいってもいいだろう。堂山によると、各人が組みたい色によってドラフトの座席を選択したのだそうだ。
堂山は小宮のパックから流れてきた Power Armor を活用すべく、予定通りの緑白青デッキをドラフトすることに決定したようだ。そして、自分自身のパックで引き当てた Teferi's Moat をはじめとした、RepulsePincer SpiderQuirion TrailblazerSunscape Apprentice 、といったカードをピックしたのであった。

その堂山に対峙する森田雅彦は、ここまでの予選ラウンドを十八番の青白でもって無敗で勝ち上がってきている。当然のごとく青白のカードっをピックし、Stormscape ApprenticeVodalian ZombieVodalian SerpentExotic CurseThornscape ApprenticeFaerie SquadronWallop といったカードをピックし、自身の開封したパックの初手としては Benalish Heralds を選択した。トリーヴァ、ドロマーいずれの色にも進められそうである。

Voice of Soul 、桧垣は一貫して赤黒をプレイしてきており、それはやはり今回でも変わらなかった。Pouncing KavuKavu ScoutHooded KavuRavenous Rats、2 体の Vicious Kavu といったカードをピックし、マイパックの初手からは Duskwalker を得たのだった。

Poor Shark というチーム名の由来ともなっている大将格の黒田は、赤黒の桧垣を強烈に意識しつつトリーヴァカラーを選択。Benalish Trapper、Charging Troll、Shackles(自パック)、Explosive GrowthObsidian AcolyteKavu Climber といったカードを得たのだった。

Invasion 2nd Packs

小宮は、Galina's KnightPhyrexian InfiltratorStalking AssassinUrborg Drake といったピックでドロマーカラーを確定。

大塚は 2 体の Nightscape ApprenticeAgonizing DemisePlague SporesKavu Runner といったカードが取れたのだが、いかんせん 2 マナ域、Shivan Zombie あたりがまるでパックから現れなかったのが木になるところだった。

堂山は、2 体の Faerie Squadron という優秀な航空戦力、Benalish TrapperFertile Ground といったカードをピックしてトリーヴァカラーを確定させたのだったが、森田が稼ぎ出した大きなアドヴァンテージには困り果てていたものだった。

その森田。
自パックから Treva, the Renewer という願ったり適ったりのカードが出現し、黒田とのアイコンタクトの末にこれをピック。さらに、青い堂山に対しての強烈なプレッシャーとなる 2 体目の Vodalian SerpentGalina's KnightStormscape Apprentice といったカードのほかに、Probe をも入手したのだった。これでトリーヴァカラーにタッチ黒が確定である。

桧垣は順調に Agonizing DemisePouncing KavuNightscape ApprenticeShivan EmissaryAncient KavuViashino GrapplerPlague Spores といったラインナップを揃え、対する黒田は 2 体の Crimson AcolyteBenalish TrapperPower ArmorLlanowar Knight 、といった桧垣にクリーンヒットしそうなパーツを着実に集めていったものだった。同じトリーヴァカラーの森田との「棲み分け」は完璧だったと言えるだろう。

Planeshift

パワーハウス・エキスパンションとの呼び声も高い Planeshift。

小宮は 2 枚の HobbleStormscape BattlemageSilver DrakeBog Down といったカードを無難にピック。対する大塚も 2 枚の Slingshot GoblinPhyrexian ScutaMagma Burst といったカードで陣容を固めたものだった。

堂山のデッキは大きく方向転換を果たす事となった。4 枚の Magma BurstSlingshot GoblinRith's Charm といった赤い有効牌に手を出したからである。わずか 6 パックから 5 枚もの Magma Burst が出現しようとは… 一方の森田は Rushing RiverHobbleStormscape FamiliarMagnigoth TreefolkSamite Elder といったカードをピックし、基盤の安定していたデッキを一回り強固なものとした。

桧垣が、Phyrexian Bloodstock 2 体、TerminateLava ZombieThunderscape Battlemage といったカードをピックした一方で、黒田は Stone KavuVoice of All といった陣容を整えたのであった。

果たして、どのような結果が待ち受けているのであろうか ?

最新Feature記事

FEATURE

2021年 11月 10日

『イニストラード:真紅の契り』プレリリース入門 by, Gavin Verhey

結婚式に……君は招待された! 伝説の吸血鬼オリヴィア・ヴォルダーレンが、エドガー・マルコフと結婚するのだ。誰もが死ぬほど参列したい一大イベント――きっと君も見逃せないはずだ。 となれば……やっぱりプレリリースは行きたいよね。 さて「プレリリース」とは何だろう?そこでは何が行われ、シールドのデッキはどうやって作ればいいんだろう? 知っておくべきことを動画で観たい方は...

記事を読む

FEATURE

2021年 10月 28日

『イニストラード:真紅の契り』のメカニズム by, Matt Tabak

『イニストラード:真紅の契り』のメカニズムは、話題となっている吸血鬼の結婚式を連想させるものです。新しいもの、古いもの、借りたもの、血まみれのもの。愛は素晴らしいと思いませんか?これからバージンロードを通ってゲーム店に入って来るものを見ていきましょう。 訓練 この恐ろしい世界で生き残るのは、人間にとって簡単なことではありません。常に気を抜けないのです。新規メカニズ...

記事を読む

記事

記事

Feature Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る