Semifinals: Poor Shark vs. Voice of Law

更新日 Feature

By 中村聡

Poor Shark 元日本チャンピオンの小宮、堂山、プロツアーベテラン桧垣と万全の布陣の Voice of Soul。そして、元日本代表の黒田、脅威の今大会負け無しの森田、決勝戦の紅一点大塚で構成された Poor Shark。決勝 4 チームの半数を占める西日本勢のぶつかりあいである。

 ドラフトは最初のパックから波乱ぶくみであった。環境最強と表現しても過言ではない Rout が含まれていたのである。当然のように Rout が開封者小宮のパイルに納まった後も、次々と強力なカードが姿を見せる。あまりにカードストックが強すぎて、相手チームの邪魔をしている暇などまったくない。かけひきどころか、自分のデッキに入る強力カードを取るだけで手一杯なのである。その結果、いずれのプレイヤーも、十二分に勝ちへの可能性を秘めた有力なデッキを組み上げた。

 それぞれのデッキを簡単に見てみよう。
 まずは、桧垣 VS 黒田。優秀なクリーチャーと除去スペル。安定した赤黒ビートダウンを組み上げた桧垣。対する黒田は、その赤黒を徹底的にメタった白緑デッキを組み上げた。キーとなるのは黒・赤・赤の合計 3 体の Acolyte と、ゲームを決定づける Armadillo Cloak。赤黒相手に、この布陣はさすがに強力だ。
 別々のテーブルに分かれてデッキ構築をしている、それぞれの陣営にインタビューしてみた。
黒田 「俺はなんとしても勝たんとあかん。」 桧垣 「勝てる気がしない。プロテク 5 体がさすがにきつい。」  このマッチアップはどうやら黒田有利か。

Voice of Soul 続いて、小宮 VS 大塚。RoutStormscape MasterStalking AssassinTekPhyrexian Infiltrator などなどなど、書き連ねるだけで笑い出しそうな強力レアカード満載の青白黒デッキを仕上げた小宮。2 マナ圏不在が若干の不安要素ながら、除去の充実した赤黒ビートダウンを組み上げた大塚。
 それぞれの陣営の感想はこうだ。
黒田 「つかさんのデッキも、思ったよりすっきりできとったから。相手を事故らしたらなんとかなるかも。」 堂山 「桧垣も小宮も、相手の方がメタっとるからねぇ。」  デッキのポテンシャルは小宮有利。それを、ひっくり返す要素が、大塚が抱える 2 体の Slingshot Goblin といったところか。

 最後に、堂山 VS 森田。序盤、緑白青中心のドラフトから、流れを読んで赤緑中心の 4 色デッキにシフト、脅威の Magma Burst × 4 搭載デッキを組み上げた堂山。Treva、Vodalian Serpent × 2 をフィニッシャーとした、青白タッチ黒緑デッキに着地した森田。相手チームの邪魔をすることも忘れてはいけない 3 番手でありながら、いずれのデッキもなかなかに凶悪だ。  コメントを聞いてみよう。
黒田 「森田が勝負。」 森田 「デッキが重いから。うまく回ってくれたらなんとか。」 堂山 「失敗ドラフトや。最初のパックに Rout が出たのがまずかった。おかげで、小宮が最初に決めてた分担よりも、白を多めにドラフトせなあかんようなった。(結果として) 白を取りあう形になって、おたがいにデッキが弱なってもうた。」  両者の謙遜したコメントはともかく、デッキのポテンシャルはともに高い。タッパー、飛行クリーチャーといったキーカードは、双方ともに確保している。あとはどちらが安定してマナを引くか。そして切り札となる強力カードをトップデッキできるか。
 もし、予想通りことが進めば、黒田と小宮が 1 本づつ取り合った 3 本目。チームの勝敗を決めるのが、この堂山 VS 森田戦となるだろう。

堂山剛志 VS 森田雅彦

Game 1

 先手を取ったのは堂山。運命の初手は…ノーランド。選択の余地なくマリガンをしたあとも、Mountain × 2、Island × 2、Quirion SentinelMagma Burst という手札。メイン地形の Forest が無い上に、スペルも少ない。これ以上手札を減らすわけにはいかないが、あまり歓迎したくないスタートである。
 初手キープを選択した森田は、後手第 1 ターンに Sunscape Apprentice を召喚。その後も、青タッパー (Stormscape Apprentice)、緑タッパー (Thornscape Apprentice)、Razorfoot Griffin、と順調に展開。対する堂山も、先手第 3 ターンに待望の Forest を引き当て、マナバーンをしながら Sentinel を、続くターンに Faerie Squadron を召喚した。これで盤面に展開された戦力はほぼ拮抗。ライフはともに 16 と、序盤はなかなか見物しがいのあるデュエルとなった。
 しかし、盤面に反映された情報と違い、堂山の手札は苦しい。土地カードを除く有効カードは Magma Burst 1 枚だけ。最初のマリガンが効いているのだ。ドローしたカード Primal Growth を見た時点で、堂山は短期決戦の覚悟を決めた。Sentinel を生贄に捧げ、欠けていた白マナを確保すると同時に、デッキを圧縮。次の有効ドローの確率を上げる。さらに、手札に残された最後の切り札、Magma Burst でタッパー 2 体をまとめて除去し、Faerie でビートダウンする体制に入ったのだ。  堂山のデッキはその覚悟に応えた。トップデッキ Armadillo Cloak。即座に Faerie に装着して攻撃。ライフ差を一気に 21 対 11 に突き放したのである。
 しかし、堂山の抵抗もここまでだった。Cloak を Rushing River で失い、再度召喚した Faerie も、森田が再び青タッパーを引いたことで封じられてしまう。あとは、手札の枚数差がそのまま戦線に反映され、森田の航空戦力がゲームを決めたのである。

Game 2

 この時点で、黒田が桧垣から 1 本目を先取。小宮 VS 大塚戦は、長引いているものの、小宮有利で進んでいる。やはり、キーとなるのがこの対戦なのは間違いない。

 再び先手を選んだ堂山は、1 戦目の嫌な展開を思い出したかもしれない。土地 5 枚と、Quirion Explorer、そして Magma Burst。土地の色が揃っていること、そして 4 枚装備の主砲 Burst があることが救いではあるが、あまりに手駒が少ない。これでは、よほどドローが良くなければジリ貧の展開になるではないか。…その不安を抑えて、堂山はキープを選択した。
 もはや、速攻しか勝機はない。そう判断したのだろうか、2 ターン目に Explorer、3 ターン目に Grifin を召喚した堂山は、土地を惜しまず、森田の最初のクリーチャーと森田自身を Magma Burst した。その甲斐あって、森田のライフは、あっという間に 8 にまで削られる。  しかし、堂山の捨て身の攻撃も、森田が叩きつけるように召喚した、たった 1 枚のカードで覆されてしまう。
 Treva, the Renewer
 盤面を完全に支配する究極の飛行戦力。そして、この瞬間に、最も重要なリソースである、森田のライフを回復する特殊能力。速攻に全てを賭けていた堂山には、この決定的状況を覆す手立ては残されていなかった。

森田 Win

 キーとなる対戦を森田が制し、その結果がそのままチームの勝敗を分けた。当初の予想通り、黒田 VS 桧垣戦を黒田が、大塚 VS 小宮戦を小宮が制したからである。
 ともあれ、史上初の女性プレイヤーの決勝進出である。Poor Shark の決勝での健闘に期待したい。

最新Feature記事

FEATURE

2022年 5月 23日

『統率者レジェンズ:バルダーズ・ゲートの戦い』のメカニズム by, Jess Dunks

『統率者レジェンズ:バルダーズ・ゲートの戦い』では、「ダンジョンズ&ドラゴンズ」の大人気の冒険が再びマジックへやってきます。このセットではD&Dで最も有名な場所の1つを訪れ、エキサイティングな新メカニズムや「d20を振る」などの人気の再録メカニズム、そしてひと味加えた再録メカニズムも登場します。ですがはじめは詳しく語り過ぎず、背景からお話ししましょう。 背景 ...

記事を読む

FEATURE

2022年 5月 17日

『統率者レジェンズ:バルダーズ・ゲートの戦い』をコレクションする by, Max McCall

編注:《正体を隠した者》にはエッチング・フォイル仕様やフォイル仕様が用意されないことをお伝えいたします。 『統率者レジェンズ:バルダーズ・ゲートの戦い』は、フォーゴトン・レルムの重大な岐路となるだろう。そこでは意匠を凝らしたマジックのカードをはじめ、異国情緒あふれる品々が何でも手に入るんだ。 6月10日にお近くのゲーム店やAmazonのような通販サイトで発売されるこの...

記事を読む

記事

記事

Feature Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る