Tezzeret

更新日 Feature on 2008年 9月 23日

By Wizards of the Coast

テゼレットは青の魔法を操るプレインズウォーカーです。 彼の得意分野は工匠術、すなわち、アーティファクトを生み出し、操り、さらにはアーティファクトに命を与える呪文です。

テゼレットはアラーラのエスパーの断片で生まれた、才能ある工匠でした。 他のエスパー人と同様に、彼の身体も魔法の合金エーテリウムで"強化"されています。こうすることで、身体と精神を完璧なものにしようとしているのです。

テゼレットはその後にカルモット求道団と呼ばれる魔道士の一派の信徒となり、この一派が持っていると言われる聖なる秘本、エーテリウム古書を探ろうとしました。 彼が求道団の聖域に忍び込んだとき、彼は他の人々が隠していた真実を開け放ってしまいます。今や彼は自身の手にすら負えない大きな陰謀に巻き込まれてしまったのです。

エスパーと呼ばれたアラーラの断片のエーテリウム写本の護衛の手によって瀕死の重症を追ったテゼレットは、その灯に火をつけ、ぼろぼろの身体で久遠の闇を抜け、死の地であるグリクシスにたどり着いた。陰謀を企むドラゴン、ニコル・ボーラスの手によって回復したテゼレットは、その生命の見返りに彼への服従を誓わされてしまう。

ボーラスは、自らの情報網の一部である無限連合として知られる陰謀団を、テゼレットが掌握したと信じるにまかせていた。テゼレットが連合を率いたラヴニカの次元で、彼は仲間のプレインズウォーカーであるジェイス・ベレレンを味方に引き入れた。強力な手駒となることを望んで。しかし、ジェイスには別の考えがあった。彼はテゼレットを戦闘で倒し、その精神をほぼ完全に抹消したのだ。ボーラスは己の下僕の身体を霊気の中から取り戻し、再び作り直して新たな任務を課すことにした。

後になって、ボーラスはテゼレットをファイレクシアの成長の監視と状況の報告のためにミラディンへ送り込み、彼らが主導権を握らないようにさせた。テゼレットは自らの器量と悪知恵を用い、ファイレクシアの階級の中での地位を確立させていった。そしていつもの通り、彼は力を得る機会を待ち、状況を彼の優位に転じさせようとしている。

最新Feature記事

FEATURE

2021年 9月 16日

『イニストラード:真夜中の狩り』プレリリース入門 by, Gavin Verhey

マジック・プレイヤーのみんなが大好きな次元の1つ、「イニストラード」を再訪するときがきた。 このゴシック・ホラーをテーマにした(吸血鬼に人狼、ゾンビ、スピリット、そしてもちろんそれらに対抗する人間がたくさんいる)不気味な次元は、楽しさとフレイバーに満ちている。私たちは今回、そんなイニストラードの真髄へ回帰する。早くみんなに体験してもらいたくて仕方がないよ。 君たち...

記事を読む

FEATURE

2021年 9月 2日

『イニストラード:真夜中の狩り』メカニズム by, Matt Tabak

多元宇宙の中でも、イニストラードほどその次元の住人たちの恐怖をかき立てるものはありません。私達も怖れるべきでしょうか?もちろん、その必要はありません。なにせ、カードゲームだから。ここは素晴らしい舞台です。だから、『イニストラード:真夜中の狩り』で再び訪れるのです。では、一体どんな能力やメカニズムやキーワードが我々を待ち構えているのでしょうか?その答えを知るただひとつの方法...

記事を読む

記事

記事

Feature Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る