『統率者レジェンズ:バルダーズ・ゲートの戦い』プレリリース入門

更新日 Feature on 2022年 6月 7日

By Gavin Verhey

When Gavin Verhey was eleven, he dreamt of a job making Magic cards—and now as a Magic designer, he's living his dream! Gavin has been writing about Magic since 2005.

さあ冒険の旅へ出かけるときだ!

統率者レジェンズ:バルダーズ・ゲートの戦い』プレリリース入門へようこそ。この統率者戦に注目したセットは、私たちを「ダンジョンズ&ドラゴンズ」の世界へ再び連れていってくれる …… 今回訪れるのは怪しげな都市「バルダーズ・ゲート」だけどね。ここでは、英雄も裏取引と同じくらいありふれたものだ。何が出てくるかは、誰にもわからない。

そんなバルダーズ・ゲートを初めて見るなら、プレリリースが一番だ!

「プレリリース」とは何だろう? そこでは何が行われるんだろうか?私がここですべて教えよう!今回は普段と少し勝手が違うから、経験豊富な方も新規プレイヤーも、よーく聞いてほしい!

今回の内容を動画で観たい方は、私が配信している「Good Morning Magic」をどうぞ。

文章で読みたい方は、このまま読み進めてくれ!

バルダーズ・ゲート発見

プレリリースは、数あるマジックのイベントの中でも私のお気に入りだ。

プレリリース期間中は最新セットをいち早く手にできるのだが、最新のカードを初めてプレイするときのあの興奮こそ、プレリリース体験の真髄だと私は思う。そして店舗で体験するにしても自宅で体験するにしても、世界中のマジック・プレイヤーたちとともに最新セットを味わい、感想を共有することができる。インターネットのおかげで、私たちはつながっていられるんだ!

このイベントの素晴らしいところは、使われるセットがまったく新しいもので、参加者は初めてそのセットに触れることになるため、スタート地点が全員同じになる点だ。笑顔と学びと素晴らしい対戦に満ちており、初心者にとっても経験者にとっても、たっぷりと楽しめるものなんだ!

すでにプレリリースの経験を積んでいる人は、次の項まで読み飛ばしてくれても構わない。そこでは、『統率者レジェンズ:バルダーズ・ゲートの戦い』ならではのことについて語っていくるぞ。だがプレリリースのお祭りが初めての人や、もうちょっとアドバイスが欲しい人は、ぜひこのまま読み進めてくれ!

オーライ。それじゃあ、まずは一番大事なことからいこう。プレリリース用の製品を見つけるんだ!何はともあれ、プレリリースに必要なものが手に入る場所を知らなくては始まらないからね。

お近くのカードショップで聞いてみよう。特に行きつけの店舗がないなら、店舗・イベント検索を使って、最寄りの店舗を探すことにしよう!また、店舗によっては事前予約も行われている。プレリリースは最も人気のあるイベントの1つだから、事前予約が行われていたら席を確保しておくといい。しっかり計画を立てて臨もう。

プレリリースは本来なら店舗で開催されるイベントだが、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響を鑑みて、現在は製品を購入して自宅に持ち帰ることも認められている。店舗イベントを再開している店舗もあると思うけれど、オンライン・イベントを続ける店舗もあるだろう。地域によって規則や制限事項は異なるから、どうか適切な予防措置を行い、政府の要請をしっかり確認して、安心できることだけをするようにしてくれ。

うん、こんなところかな。店舗は決めたし、『統率者レジェンズ:バルダーズ・ゲートの戦いカードイメージギャラリーに目を通して、素晴らしいカードの数々を確認したね。

これでバルダーズ・ゲートへの冒険の準備は万全だ。それじゃあ次は、パックを開封しよう!

ドラフト開門

他のセットと同様に、『統率者レジェンズ:バルダーズ・ゲートの戦い』にはプレリリース・パックがある。だが今回はいつもとちょっと違うぞ。

CLB Prerelease Pack

今回のプレリリース・パックはドラフト用に設計されており、ドラフトに必要な3パックが同梱されている。そしてもちろん、他にもグッズ類が収められているぞ。

早速開封して中身を見てみよう。

  • 『統率者レジェンズ:バルダーズ・ゲートの戦い』ドラフト・ブースター3パック
  • 『統率者レジェンズ:バルダーズ・ゲートの戦い』のレアか神話レアの、箔押しスタンプ入りフォイル仕様カード1枚
  • 20面ダイス1つ
  • 再生可能資源で作られたデッキボックス 1つ(セパレーター付き)
  • MTGアリーナのコード・カード 1枚(対応地域のみ)

私が実際に開封して詳しく語るところを見たい方は、先ほど紹介した動画も観てみてくれ!

もちろん、何よりも大事なのはドラフト・ブースターだ。

プレリリースに参加したことのある方は、このドラフト・ブースターを使ってシールドデッキを楽しんできただろう。だが『統率者レジェンズ:バルダーズ・ゲートの戦い』ではちょっと違った展開が待っている。

統率者レジェンズ:バルダーズ・ゲートの戦い』はドラフト向けにデザインされた製品で、私たちはそのことをプレリリースで示すことにしたんだ!だから今回は普段のシールドデッキではなく、ドラフトをすることになる。

さて普通の8人ドラフトでは、パックを開封したらカードを1枚取って、それを裏向きに目の前に積み、残りのカードを左側の人へ渡すという手順をとる。渡されたパックからまたカードを取って、それを繰り返していく。そしてドラフトが終了したら、ピックしたカードを使ってデッキを構築するわけだ。

統率者レジェンズ:バルダーズ・ゲートの戦い』では、少し異なる方法でドラフトを行う。その手順は以下の通りだ。

  • パックを開封したら、欲しいカードを(通常の1枚ではなく)「2枚」取り、それらを裏向きに目の前に積み、残りのカードを左側のプレイヤーに裏向きで渡す。
  • 右側のプレイヤーから渡されたパックを受け取り、この手順を繰り返す!
  • 1パック目のカードがなくなったら同様に2パック目もドラフトを行うが、今度は右側のプレイヤーにパックを回していく。3パック目は再び左へパックを回す。
  • ドラフトが終了したら、60枚のデッキを構築する。デッキには統率者が必要で、「背景」が絡む場合は統率者を2枚指定できる。(詳しくは統率者戦のルールを確認してくれ。)
  • デッキは統率者の固有色のルールに従わなければならない。つまり、統率者の色に合わない色がマナ・コストやテキスト欄に印刷されたマナ・シンボルに含まれている場合、そのカードはデッキに入れられない。
  • デッキにシングルトンのルールは適用されない。ドラフトでは、デッキに採用できるカードの枚数に関するルールはない。
  • 4人一組で卓を囲む。ゲームが始まったら、あとは通常の統率者戦を楽しもう!

私が思うドラフトの一番のコツは、ドラフトでは結局2色、できても3色までしか使えないことを常に念頭に置いておくことだ。だから私なら早い段階で伝説のカード(あるいは伝説と背景のペア)を決めて、その色を中心にドラフトを進めていく。統率者はいつでもプレイできるから、そのカードを中心にドラフトを進めるのも良いね!例えば《ドラゴンの遺産、ローザン》を統率者とするなら、「出来事」カードやドラゴン・カードの優先度を少し上げたいところだ。

Lozhan

その上で、私からはドロー手段やマナを生み出すアーティファクトなどのマナ加速手段を優先的にピックするのをおすすめしよう。それらは統率者戦の柱であり、どちらも必ず欲しくなるはずだ。

そしてもちろん、優れたクリーチャーもたっぷり用意しよう!飛行などの回避能力を持つものは特に大切だ。盤面が膠着しても攻撃の手を緩めずにいられる。とはいえ、通常のドラフトと異なり『統率者レジェンズ:バルダーズ・ゲートの戦い』ドラフトでは攻撃的なゲーム展開はかなり少なくなる。だからマナ・カーブ通りの完璧な動きは意識しすぎなくても大丈夫だ。

2色で好きなカードを取っていけば十分に活躍できるチャンスはあるぞ!統率者戦はゲーム内での駆け引きをたっぷり楽しめる多人数戦だから、少しくらい遅いデッキでもまったく問題ない。むしろそれが有利に働くことだってあるかもしれない!

デッキは60枚だから、25枚くらいは土地を採用したいところだ。統率者戦では毎ターン土地をプレイすることが本当に大切だから、素敵な呪文の数々を詰め込みたいのはわかるけれど、土地を入れるスペースはしっかり残しておこう。

統率者戦ではマナ・カーブの重要性は少ないけれど、それでも意識はしておこう。おすすめは以下の通りだ。

まずは、クリーチャーやアーティファクトをマナ・コスト順に並べてやろう。こうすることで、ゲームのどの段階でそれぞれを唱えられるのかが分かりやすくなる。(この時点では、必要なマナに届いたらすぐにプレイしたいようなカードでなければ、インスタントやソーサリーを並べないほうがいい――例えば、《まようハーパー》は通常3ターン目に唱えることになるが、《ブラー》は3ターン目の行動として優先されるものではないだろう)。

クリーチャーの「マナ・カーブ」を整えるのは、うまく動くシールド・デッキを作るにあたって極めて重要なものだ。マナ・カーブの1か所に大量のカードが偏らないようにしよう。序盤で軽いものを、終盤で重いものをプレイできるような良い配合にすることが大切だ。『統率者レジェンズ:バルダーズ・ゲートの戦い』リミテッドのごく一般的な基準として、私は以下のようにクリーチャーを採用したいと考えている。

  • 1マナ:0~2枚
  • 5マナ:6~7枚
  • 3マナ:6~8枚
  • 4マナ:5~7枚
  • 5マナ:3~5枚
  • 6マナ以上:2~4枚

そしてこれらを考慮しつつ、統率者のことも頭に入れておこう!統率者を常に3ターン目に唱えられるなら、3マナ域のクリーチャーをたくさん採用する必要性は低くなる。3ターン目は統率者が常に選択肢に上がるからね!

さて、核となるクリーチャーの基盤を見定めたね。次は呪文を加えよう!選んだ色からお気に入りのカードを抜き出し、デッキを34~35枚にしていく。これで、呪文の準備もばっちりだ。

マナ・カーブについてもっと学びたいなら、統率者戦ではなく一対一の対戦向けの記事だけど、私が書いた「マナ・カーブの組み立て方」を読んでみてくれ。

心躍る宝物

心躍る宝物なくして、D&Dと言えるだろうか?パックを開封すると、きっと特別な仕様のカードが出現するはずだ。どんなものがあるのか、簡単に紹介しよう。

まずはエッチング・フォイル仕様の伝説のカード!人気の仕様が再び登場し、今回のセットのすべての伝説のクリーチャーや背景・カードに用意される。

Foil-etched legendFoil-etched Background

Photo of foil-etched Lae'zel, Vlaakith's Champion

このセットで登場するプレインズウォーカー3枚には、ボーダーレス版もあるぞ:

Borderless ElminsterBorderless Tasha

さらに、プレインズウォーカー以外の神話レア10種(神話レアのドラゴン5枚とその他のクールな神話レア5枚)には、おしゃれなボーダーレス版が用意される。

Borderless Ancient Brass DragonBorderless Nautiloid Ship

それから、『フォーゴトン・レルム探訪』で登場した「ルールブック」版のカードを覚えているだろうか。それも帰ってくるぞ!「モンスターマニュアル」に着想を得たこの仕様は、すべての伝説のクリーチャーといくつかのクールなカード合計76枚に用意される。

Rulebook Bhaal, Lord of MurderRulebook Fireball

すべてのカード仕様とそれぞれの詳細については、「統率者レジェンズ:バルダーズ・ゲートの戦い』をコレクションする」記事を読んでくれ!

持ち帰るべき戦利品

プレリリース・パックを店舗で購入する際には、セット・ブースターボックスやコレクター・ブースターボックスなど他の製品も購入できる!数量は限られているから、事前に店舗に連絡して予約しておこう。

お近くのゲーム店でブースターボックスを購入すると、こちらのおまけももらえるぞ。(数量には限りがあります。)

Buy-a-Box Elder Brain

戦いは店舗を超えて

プレリリースは本来、お近くのゲーム店で楽しむものだ。このイベントはゲーム店でこそ最高の体験を得られるようサポートされているが、しかしマジックは他の場所でも楽しめるのが魅力だ!例えば近くにゲーム店がない肩は、友人たちと集まってドラフトを楽しむのもいいだろう。

CLB Draft Booster Display

Amazonでブースターボックスを購入し、7人の友人とともにドラフト・ナイトを過ごすのも楽しい。セット・ブースターやコレクター・ブースター、統率者デッキなど、このセットを楽しめるさまざまな方法については、製品紹介を確認してくれ。

メカニズム

統率者レジェンズ:バルダーズ・ゲートの戦い』ではさまざまなメカニズムが登場する。それらをすべて紹介する動画を用意したぞ!マット・タバック/Matt Tabakと私で、それぞれのメカニズムを導入した理由や機能、使い方などを語るので、ぜひ観てみてくれ!

いざ冒険へ

統率者レジェンズ:バルダーズ・ゲートの戦い』は、最高に楽しい統率者戦を味わえる。みんなにこのセットを楽しんでもらえる日が待ちきれないよ!

みんなどう思う?何か質問があったら、気軽にTwitterやTumblr、Instagram、Tiktok、YouTubeで声をかけるか、あるいはBeyondBasicsMagic@gmail.comへメールを送ってくれ。みんなの話はいつでも大歓迎だ!

それでは、バルダーズ・ゲートでのひとときを楽しんでくれ――君だけの伝説を築くんだ。

Gavin
メール:BeyondBasicsMagic@gmail.com
Instagram: GavinVerhey
TikTok: @GavinVerhey
Tumblr: GavInsight
Twitter: @GavinVerhey
YouTube: Good Morning Magic

最新Feature記事

FEATURE

2022年 6月 16日

『ダブルマスターズ2022』の製品紹介とコレクション by, Max McCall

人気カード満載の、エキサイティングでパワフルなドラフトを求めてる?美しいボーダーレス版やエッチング・フォイル仕様の新カードを集めて、デッキに入れたい?『ダブルマスターズ2022』は、そんな皆さんに素晴らしいマジックのカードをもたらしてくれるセットだ。 製品紹介 『ダブルマスターズ2022』には332種類のカードが収録される。コモン91種、アンコモン80種、レア12...

記事を読む

FEATURE

2022年 5月 31日

『統率者レジェンズ:バルダーズ・ゲートの戦い』統率者デッキ・デッキリスト by, Wizards of the Coast

いよいよ6月10日に『統率者レジェンズ:バルダーズ・ゲートの戦い』が発売され、素晴らしいものに満ちた街を訪れることになります。まだご覧になっていない方は、ぜひ『統率者レジェンズ:バルダーズ・ゲートの戦い』カードイメージギャラリーで新たなカードの数々をご覧ください。この新セットについての詳細は、「製品紹介」記事や『統率者レジェンズ:バルダーズ・ゲートの戦い』をコレクションす...

記事を読む

記事

記事

Feature Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る