グランプリの改善

更新日 記事 on 2014年 7月 29日

By Helene Bergeot

Hélène Bergeot started her career with Wizards of the Coast in France in December, 1995; afterwards, she spent a few years in the European headquarters based in Belgium and eventually relocated to the Renton office. She is currently the director of organized play and trade marketing.

ここ2シーズンで、グランプリの参加者数は驚異的な成長を見せてきました。 4,500人が参加したグランプリ・ラスベガス2013が史上最大のマジック・イベントとなっただけでなく、グランプリ・リッチモンド2014でも4,300人が参加しました。

マジックがグランプリで見せてきた、これまでの、そしてこれからも続く成長のため、私たちは2014~2015年プロ・シーズン同様、2015年(暦年)のグランプリに改善を施行します。

さらなるグランプリ!

私たちは2015年に開催されるグランプリの数を増やします。 2014年のスケジュールでは世界中で46のグランプリを発表していましたが、2015年(暦年)には54のグランプリとなります。 地域別の内訳は以下のとおりです。

  • アメリカ合衆国およびカナダ:24
  • ヨーロッパ:14
  • メキシコ、中央アメリカ、および南アメリカ:5
  • アジア太平洋地域:7
  • 日本:4

さらなる賞金!

2014~2015年プロ・シーズン(2014年8月4日開始)では、グランプリの上位8人、およびチーム戦グランプリの上位4チームが、その参加者数にかかわらず、次のプロツアーへの招待に加えて航空券を得ます。 さらに、グランプリで39点のマッチポイントを得たプレイヤー、およびチーム戦グランプリで36点のマッチポイントを得たチームも、プロツアーへの招待を得ます。

グランプリの賞金額は、そのイベントの参加者数が3,600人を超えた場合、総額70,000米ドルとなります。

順位

賞金

1位

$4,000

2位

$2,700

3~4位

$1,500

5~8位

$1,000

9~12位

$600

13~16位

$550

17~23位

$500

24~32位

$400

33~64位

$300

65~100位

$250

101~230位

$200

チーム戦グランプリの賞金額は、そのイベントに1,200チーム以上が参加した場合、
総額78,000米ドルとなります(表の賞金額は1チームあたりのものです)。

順位

賞金

1位

$8,100

2位

$5,400

3~4位

$3,000

5~8位

$2,025

9~12位

$1,275

13~16位

$1,125

17~20位

$1,050

21~24位

$900

25~36位

$750

37~76位

$600

この変更は2014年8月7日~10日に開催される、グランプリ・ポートランド2014から適用されます。

全グランプリのラウンド数の固定

グランプリ・ポートランド2014から、すべての個人戦グランプリでは、その参加者数にかかわらず、15回戦のスイス・ラウンドが行なわれます。 チーム戦グランプリでは14回戦のスイス・ラウンドが行なわれます。

この新しいシステムでは、以下の成績を残したプレイヤーがグランプリの2日目に進むことになります。

  • 個人戦グランプリ: マッチポイント21点以上のすべてのプレイヤー、または64位と同点以上のプレイヤー、いずれか多い方
  • チーム戦グランプリ: マッチポイント21点以上のすべてのチーム、または40位と同点以上のチーム、いずれか多い方

さらに、私たちはプレイヤーがグランプリでプロ・ポイントを得る方法について改善します。 この変更について詳しくは、「2014年8月から始まる、プロ・プレイヤーズ・クラブの新たな進化」をご覧ください。

2015年のグランプリのスケジュールは、8月2日土曜日、プロツアー『マジック2015』の生中継の間に公開されます。

プロツアーへの新たな道