フューチャー・フューチャーの日々 『神々の軍勢』編

更新日 Latest Developments on 2014年 3月 24日

By Sam Stoddard

Sam Stoddard came to Wizards of the Coast as an intern in May 2012. He is currently a game designer working on final design and development for Magic: The Gathering.

今回は宿命的特集ということで、どのように我々が宿命を操作しているか――フューチャー・フューチャー・リーグでのスタンダードのデッキの戦いについて少しお話しようと思います。フューチャー・フューチャー・リーグは 我々がこれから発売されるカードをブロック構築やスタンダードでテストする社内のリーグです。我々の目標はメタゲームを壊すことではなく――そのセットが FFLにある間に少数のデベロッパーで答えが出せるようなメタゲームでは、現実世界の人々の前には数週間しかもたないでしょう――多くの戦略を同じぐらい のパワー・レベルで供給し、そしていくつかのデッキが流行ったり廃れたりすることでメタゲームが変化する余地を持たせるようにすることです。これはつま り、我々の主な仕事が全てのバランスを正確に取ることではなく、できるだけ多くのカードとその組み合わせを試し、全ての戦略に十分な面白さを与えることだ ということです。我々はこれをデッキを作ってお互いに対戦し、(あるならば)変更したいものを見つけ、そしてまたプレイすることで行っています。

 『神々の軍勢』がFFLに導入されたときには、『基本セット2014』は内容が固定されていましたが、『テーロス』はまだ変更を加える時間がいく らか残されていました。我々は、『神々の軍勢』で新しい事柄を行うことと、『テーロス』のカードとのスタンダードでの強力な相互作用を避けなくてもいいよ うにすることの両方を『神々の軍勢』に取りかかったときに可能にするため、変更を加えるべきカードが『テーロス』にあった場合に変更できるようにしたわけ です。

 我々はFFLで多くのことを見つけ出します。我々はそのフォーマットを解明しようとはしませんが、願わくばそれが楽しく、バランスが取れていて、そして何百万のプレイヤー達が次のセットが来る前に解明できない深さを持つという、正しい位置にあってほしいと思います。

 我々が作ったデッキの多くは興味深いのですが、結局のところはスタンダードで十分強いものではありません。我々はそれらのデッキが十分楽しいもの であれば、どこかを調整してスタンダードで通用するようにできないかを知るために、十分な強さがないものでも試す必要があります。また、楽しくなさそうな ものやスタンダードでは危険なものを、このフォーマットの最強のデッキにすることを防ぐために試す必要もあります。この記事のデッキのほとんどは1番目の 方向に向かっていますが、実際に強すぎると判明した場合の対処が困難なため我々が阻止した危険なコンボがいくつか存在します。『神々の軍勢』と『ニクスへ の旅』の両方のデベロップ中に多数の変更が行われたので、この記事のデッキリストの多くは最終バージョンと一致しないカードを含んでいます。というわけ で、ちょっと場違いに見えるカードがあるなら、それは古いバージョンが最終的にカードパワーを調整されたか、他のデッキでより適切な能力を得ただけかもし れません。

 なにはともあれ、ご覧いただきましょう。

 新しいフォーマットを始めるとき、我々が最初にすることの1つは、前環境のトップメタのデッキに新たなカードを加えてアップデートすることであり、下記のデッキはその一例です。

Toshiko's Commander Extrazaganza

Download Arena Decklist
COMMANDER: Ruric Thar, the Unbowed
クリーチャー (8)
4 Delver of Secrets 4 Ruric Thar, the Unbowed
インスタント (4)
4 Sphinx's Revelation
他 (8)
4 Islands 4 Swamps
20 カード
サイドボード (12)
4 Aegis of the Gods 4 Aerial Formation 4 Ajani, Mentor of Heros

トム・ラピルの「エファラ・波使い」

Download Arena Decklist

ですがそのようなデッキについて多く書くことはできません。既存のデッキをアップデートしたものは他にも黒単、赤緑などがあります。我々はまた、根本的に新しい事柄も試しています。

ベン・ヘイズの「赤黒モーギス」

Download Arena Decklist
他 (52)
4   血の墓所 4   山 8   沼 4   とげの道化 1   モーギスの匪賊 4   ラクドスの哄笑者 4   悪意に満ちた蘇りし者 4   苛まれし英雄 4   苦痛の予見者 1   殺人王、ティマレット 3   殺戮の神、モーギス 4   責め苦の伝令 4   稲妻の一撃 3   胆汁病
60 カード

 『神々の軍勢』の中で調整が最も難しいカードといえば神々です。『テーロス』の神々はもう少し汎用性が高く、我々には『神々の軍勢』の小神達はよりニッチで限定された戦略に適応するものが求められていることが分かっていました。上記のリストは《殺戮の神、モーギス》をテストするために使った赤黒の全力アグロのサンプルです。

サム・ストッダートの「ジャンド・リアニメイト・コンボ」

Download Arena Decklist
他 (60)
4   悪意の神殿 2   血の墓所 1   沼 4   森 4   草むした墓 4   踏み鳴らされる地 4   奔放の神殿 2   クルフィックスの狩猟者 4   サテュロスの道探し 4   炎樹族の使者 3   殺戮の神、モーギス 4   死の国のケルベロス 2   死儀礼のシャーマン 1   鍛冶の神、パーフォロス 4   地底街の密告人 2   怒れる腹音鳴らし 2   夜の咆哮獣 2   エレボスの鞭 4   忌まわしい回収 3   神々との融和
60 カード
我々が初期バージョンの神(この時点では自分のクリーチャーが死亡したときにダメージを誘発していました)をテストするために使ったもう1つのデッキがこれです。副産物としてこのデッキは《死の国のケルベロス》に戦場に帰さない、少し違った「戻す」能力が必要だと確信させました。

イアン・デュークの「キオーラ・コントロール」

Download Arena Decklist
他 (60)
4   啓蒙の神殿 3   寺院の庭 2   神聖なる泉 4   神秘の神殿 3   島 4   繁殖池 2   平地 4   豊潤の神殿 4   森の女人像 4   アゾリウスの魔除け 4   スフィンクスの啓示 2   解消 2   原形質捉え 4   拘留の宝球 4   至高の評決 3   本質の散乱 4   荒ぶる波濤、キオーラ 3   太陽の勇者、エルズペス
60 カード

 『神々の軍勢』で神々の次に正確に調整しなければならない重要な存在はキオーラです。彼女に定められた目標は、ランプやコントロールに入るが、強 くしすぎてクリーチャー・デッキの使用が悪いことにならないようにすることです。我々は上記のようなデッキを彼女がどれぐらいスタンダードで良いかの感触 を掴むためにプレイしました。その結果このカードには多くの変更が加えられました。それに関する記事を過去に書いていますので、気になる方はこちらをご覧ください。

イアン・デュークの「ターボ・フォグ」

Download Arena Decklist
他 (60)
2   啓蒙の神殿 4   寺院の庭 8   森 2   神聖なる泉 4   神秘の神殿 1   島 4   繁殖池 4   豊潤の神殿 4   クルフィックスの狩猟者 4   森の女人像 1   サイクロンの裂け目 4   スフィンクスの啓示 1   ナイレアの弓 1   静寂なる想起 4   都の進化 4   濃霧 4   予言 4   荒ぶる波濤、キオーラ
60 カード
これは我々がFFLでとても注意しているデッキのアーキタイプです。ターボ・フォグがローグデッキとしてスタンダードの片隅に存在して、メタゲーム の結果トーナメントで勝つのは構わないのですが、我々はこれがメタゲームに関係なく最強のデッキの1つになることは望んでいません。ターボ・フォグのミ ラーマッチばかりの環境はトーナメントを誰にとっても楽しくなく、時間のかかったものにしてしまいます。幸運にも、このバージョンは「ビートダウンには強 いがコントロールには勝てない」位置に当てはまり、我々はバランス調整のために何も変更を加える必要はありませんでした。

トム・ラピルの「オーラ」

Download Arena Decklist
他 (60)
4   セレズニアのギルド門 4   寺院の庭 4   森 6   平地 4   豊潤の神殿 4   イロアスの英雄 4   威名の英雄 4   剣術の名手 4   復活の声 4   霊刃の幻霊 4   オルゾヴァの贈り物 2   セレズニアの魔除け 4   ひるまぬ勇気 4   ヘリオッドの試練 4   天上の鎧
60 カード

我々が強く注意しているもう1つの要素は、クリーチャーにオーラをつけるデッキが強くなりすぎないようにすることでした。『神々の軍勢』に取り組んでいた とき、すでにスタンダードとモダンの両方でその戦略を用いたデッキが勝利を収めていました――これは多くのオーラがあるセットの前年に理想的とは言えませ ん。なぜならば、我々はこれらのデッキをプレイするために相当な時間を費やすからです。それが強いことは構いませんが、強すぎた場合にも十分な答えがある ようにしたいと考えました。オーラ・デッキがスタンダードでどれだけの間活躍するかは我々には分かりませんが、1年以上スタンダードの中心にあることを望 まないでしょう。

ビリー・モレノの「WUBRGの市長とその選対委員長」

Download Arena Decklist
他 (60)
4   啓蒙の神殿 4   寺院の庭 4   草むした墓 4   踏み鳴らされる地 4   繁殖池 3   豊潤の神殿 4   イロアスの英雄 4   エルフの神秘家 3   クルフィックスの狩猟者 4   加護のサテュロス 4   彩色マンティコア 1   狩猟の神、ナイレア 4   森の女人像 3   スフィンクスの啓示 1   ナイレアの弓 4   ミジウムの迫撃砲 1   拘留の宝球 2   彩色の灯籠 2   導きの嘆願
60 カード

我々のデッキの全てが真面目なものとは限りません――いくつかはそれが楽しいかどうかを確認するために際物戦略に見えるものをテストします。元デベロッ パーであるビリー・モレノ/Billy Morenoはデッキを考えるときに枠にとらわれない発想をすることで有名でした。一例を挙げると、彼は我々の中で《波使い》を見出した最初の1人でした。

イアン・デュークの「赤白バーン」

Download Arena Decklist
他 (60)
2   ボロスのギルド門 4   悪意の神殿 4   凱旋の神殿 4   血の墓所 1   山 4   聖なる鋳造所 4   変わり谷 4   サテュロスの火踊り 3   殺戮の神、モーギス 4   ケラノスの稲妻 4   ショック 4   ボロスの魔除け 4   マグマの噴流 4   稲妻の一撃 4   灼熱の血 4   戦導者のらせん 2   炬火の炎
60 カード

カードに変更を加えるとき、我々はカードを興味深い方向に推すことができるかどうか考え出せるよう、しばしば現実世界にあってほしくないような極端なバージョンのデッキを試します。上記のデッキの場合は、我々は《サテュロスの火踊り》 をフルバーン・デッキにおいてより効果的なクリーチャーとして推そうと試しました。我々が発見したことは、一般的にこうしたバーン・デッキのより面白い部 分は相手を焼くか相手のクリーチャーを焼くかの選択であるのに、両方を兼ねているカードが多すぎる場合そのゲームは楽しくないということでした。というわ けで、我々は《サテュロスの火踊り》を現在のマナ・コストへと移しました。

ジョシュ・ジェリンの「波使いコントロール」

Download Arena Decklist
他 (60)
4   欺瞞の神殿 4   啓蒙の神殿 4   湿った墓 4   神聖なる泉 4   神無き祭殿 4   静寂の神殿 1   島 1   平地 4   前兆語り 4   波使い 4   アゾリウスの魔除け 4   スフィンクスの啓示 2   英雄の破滅 4   拘留の宝球 2   思考囲い 4   至高の評決 3   破滅の刃 3   思考を築く者、ジェイス
60 カード

 《波使い》 と言えば、フューチャー・フューチャー・リーグの主要なメンバーはマジックのデベロッパーですが、時折社内の他の部署の人たちもやってきてゲームに参加し ています。我々のビジネス・アナリストであるジョシュ・ジェリン/JoshJelinは、修士号を得るために復学しました。しかし、彼がここにいた間、彼 は確かに《波使い》の素となるカードを穴埋めとして提出しました。彼はこのカードをとても誇りに思っているので、時々それがスタンダードでどのようなことをしているかチェックしていました。私は、それがかなり上手くいっていると認めることができると思います。

ガヴィン・ヴァーヘイの「ジャンド・カウンターズ」

Download Arena Decklist
他 (60)
3   悪意の神殿 4   血の墓所 3   山 2   沼 3   森 4   草むした墓 4   踏み鳴らされる地 1   奔放の神殿 3   カロニアのハイドラ 4   ゼナゴスの狂信者 4   ラクドスの血魔女、イクサヴァ 4   ラクドスの哄笑者 2   炎輪のフェニックス 2   漁る軟泥 3   苦痛の予見者 3   屑肉の刻み獣 4   実験体 3   思考囲い 4   戦慄掘り
60 カード
誰しも愛着がありそれを中心にデッキを作るカードがあります。《ラクドスの血魔女、イクサヴァ》はガヴィン・ヴァーヘイ/Gavin Verheyにとってのそれらのうち1枚であり、それを彼は当然『神々の軍勢』で貢納の形で与えられるあらゆる+1/+1カウンターと一緒に使いました。  

 さて、『神々の軍勢』のフューチャー・フューチャー・リーグの概要は以上になります。この記事が皆さんに我々がこのセットに取り組んでいたときに考えていたことについての洞察を与えることになることを願っています。

 ではまた来週お会いしましょう。

 サム(@samstod) より

 

(Tr. Takuya Masuyama / TSV YONEMURA "Pao" Kaoru)

最新Latest Developments記事

LATEST DEVELOPMENTS

2016年 4月 29日

フューチャー・フューチャーの日々『イニストラードを覆う影』編 by, Sam Stoddard

 フューチャー・フューチャーの日々へようこそ、今回の「Latest Developments」では、『イニストラードを覆う影』時のフューチャー・フューチャー・リーグ(FFL)のデッキリストの一部についてお話ししようと思います。  始める前に、これらのデッキの多くは調整されておらず、我々がこれらのバージョンを使って以来変更が行われたカードが含まれていることを申し上げておきま...

記事を読む

LATEST DEVELOPMENTS

2016年 4月 22日

FFLよくある質問集 by, Sam Stoddard

 大体1セットに1回、私はフューチャー・フューチャー・リーグのデッキの一部をご紹介していますが、そのことでよく質問をたくさん受けます。なんでこのカードを使ってるの? なんでこのカードを使ってないの? などなどです。今週の「Latest Developments -デベロップ最先端-」では、それらの質問にお答えし、願わくばFFLに関するより良いアイデアを得ていただければと思...

記事を読む

記事

記事

Latest Developments Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る