『テーロス』特別カードプレビュー:神々からの贈り物

更新日 Making Magic on 2013年 9月 3日

By magicthegathering.com

 9月27日の新セット『テーロス』発売まで、ついに1ヶ月を切りました。どんなカードや新しい能力が登場するのか、今から楽しみにされている方はたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。そんな期待に心を躍らされている方のために、本記事では新しいカードと能力をご紹介いたします。

 百聞は一見にしかず。では早速、新たなカードをご覧ください!

 新能力「授与」を持つ〈パーフォロスの使者〉です!

 従来のクリーチャーを強化するエンチャント(クリーチャー)は、確かに盤面に大きな影響を与えるだけの力を持っています。ですが一方で、エンチャントされているクリーチャーが戦場を離れてしまうと、墓地に送られてしまい、カードアドバンテージを失ってしまう危険性もはらんでいます。さらに、戦場にクリーチャーがいなければ、手札にあっても何もできない、という非常に大きな弱点があるのです。

 しかし、この新能力「授与」を持つ〈パーフォロスの使者〉は違います。序盤はクリーチャーとして唱えることができる上に、マナが溜まれば一撃必殺のエンチャント(クリーチャー)としてクリーチャーにまとわせることもできる柔軟性があるのです。さらに、エンチャントされているクリーチャーが戦場を離れると、クリーチャーとして戦場に残り続け、カードアドバンテージを失うことはありません。今までのエンチャント(クリーチャー)の弱点を克服した能力だと言って差し支えないでしょう。

 翻訳記事「プレインズウォーカーのための『テーロス』案内 その1」によると、『テーロス』の次元には多くの神々が存在し、それらの神々自身が生けるエンチャントであり、ゆえにエンチャントは神々からの贈り物であると考えられているようです。どうやら新能力「授与」はそんな『テーロス』次元の、エンチャント自体が神々=クリーチャーであり、エンチャントとはそんな神々の力をまとわせるものである、という世界観を活かしたものであるらしいのです。

 徐々に明らかになってきた『テーロス』の世界ですが、その全貌はまだまだ計り知れません。果たして、『テーロス』は我々にどのようなカードを「授与」してくれるのでしょうか。


【関連リンク】

最新Making Magic記事

MAKING MAGIC

2020年 7月 25日

セット・ブースター by, Mark Rosewater

今日は、『ゼンディカーの夜明け』で初登場するもの、新型ブースターについて語っていく。それが、今回のタイトルにもなっている、セット・ブースターと呼ばれるものである。今日の記事ではそれについて話そう。 詳しい話に入る前に、少し伝えておきたいことがある。これは、我々がマジックに新しく導入するものだ。何もなくなるわけではなく、現在の製品は何ひとつ変わらないままである。これまでの...

記事を読む

MAKING MAGIC

2019年 9月 24日

プロジェクト・ブースター・ファン by, Mark Rosewater

(編訳注 7/24:一部の用語を修正いたしました。「枠なしプレインズウォーカー」→「拡張アート版プレインズウォーカー」)  私が、誰もが話題にするようなマジックについての新情報がたっぷり詰まった記事を時々書いていることにお気づきだろうか。今日の記事は、そういった記事の中の1本だ。これからさまざまな情報を話していくので、まずはこの記事で何を語るかについて説明することにしよ...

記事を読む

記事

記事

Making Magic Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る