『ドラゴンの迷路』特別カードプレビュー:一撃必殺は腕次第

更新日 Making Magic on 2013年 4月 18日

By 鍛冶 友浩

 今までに『ドラゴンの迷路』カードギャラリーではプレビューカードとして、全156種のうち81枚が公開され、残すところ約半数の75枚。
 月末に開催されるプレリリーストーナメントまであと9日、ここから一気にカードが公開されていくのだろう。

 このように。

/

 ローウィン・ブロックのリミテッドをプレイしたことのある人ならば、コモンで収録された《ヴェリズ・ヴェルの翼》を使ったことがあるのではないだろうか?
 青らしいクリーチャーを変化させるインスタントで、戦闘中では自身のクリーチャー・サイズを強化し、緑の巨大なクリーチャーを4/4に留め、止めの一撃を与える際には飛行も活躍した非常に使い勝手の良いカードだった。

 そんな《ヴェリズ・ヴェルの翼》によく似た〈ドラゴン化〉は、多色化で使い勝手こそ悪くなってしまったが、カードパワーはイゼットの技術である「超過」により格段に上昇。
 むしろ、7マナの呪文が3マナでもキャストできるオプションを持ったにすぎないと言えるだろう。
 最も効果的な使い方は、《踏み荒らし》と同じく、群衆が突然の大ダメージを与えるというものだ。

 残念ながらリミテッドにおけるトークン戦略はセレズニアのものなのだが、イゼットにはタフネスが高くブロッカー専用となりがちな0/4や1/4をちらほらと見つけられる。
 そこで、あえて相打ちを選ばず、ゲームを長引かせて戦場にクリーチャーを並べれば、〈ドラゴン化〉の一撃でゲームエンドも容易いだろう。

 ラヴニカへの回帰・ブロックが出揃った後のリミテッド環境は、既に公開された新しいカードや『ラヴニカへの回帰』と『ギルド門侵犯』を見る限り、マナ基盤の支えとなる「門」を活用した3ギルド、3色で構築されることが予想される。
 こういったパワーカードの真価を発揮させるためのデッキ構築能力が、リミテッドでも大きく問われるようになるのだろうか?

 全貌が明らかになるまで、あと9日を切っている。


【関連リンク】

最新Making Magic記事

MAKING MAGIC

2020年 7月 25日

セット・ブースター by, Mark Rosewater

今日は、『ゼンディカーの夜明け』で初登場するもの、新型ブースターについて語っていく。それが、今回のタイトルにもなっている、セット・ブースターと呼ばれるものである。今日の記事ではそれについて話そう。 詳しい話に入る前に、少し伝えておきたいことがある。これは、我々がマジックに新しく導入するものだ。何もなくなるわけではなく、現在の製品は何ひとつ変わらないままである。これまでの...

記事を読む

MAKING MAGIC

2019年 9月 24日

プロジェクト・ブースター・ファン by, Mark Rosewater

(編訳注 7/24:一部の用語を修正いたしました。「枠なしプレインズウォーカー」→「拡張アート版プレインズウォーカー」)  私が、誰もが話題にするようなマジックについての新情報がたっぷり詰まった記事を時々書いていることにお気づきだろうか。今日の記事は、そういった記事の中の1本だ。これからさまざまな情報を話していくので、まずはこの記事で何を語るかについて説明することにしよ...

記事を読む

記事

記事

Making Magic Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る