ニッポンを応援しよう! ワールド・マジック・カップ&世界選手権

更新日 Making Magic on 2013年 7月 26日

By Wizards of the Coast

 来たる7月31日(水)~翌8月4日(日)の日程で、オランダのアムステルダムにて、年に1度のマジックの祭典である世界選手権とワールド・マジック・カップが同時開催されます! そして日本代表として、5人のプレイヤーが両大会に参加するのです。

マジック:ザ・ギャザリング世界選手権

./worldchampionships.jpg

 昨年のマジック・プレイヤー選手権から名称を変え開催される世界選手権は、年間を通じて最も活躍した16人の名手たちが、世界チャンピオンの名誉をかけて戦うマジック最高峰の個人戦プレミア・イベントです。日本からは昨年の覇者である渡辺雄也選手と、2年連続の出場となる殿堂顕彰者、中村修平選手が参戦します。

./watanabe_nakamura.jpg

2人は栄光を勝ち取ることができるのでしょうか!?

ワールド・マジック・カップ

./worldmagiccup.jpg

 ワールド・マジック・カップは各国の年間プロ・ポイント最上位者と、厳しい予選を勝ち抜いてきた精鋭たちの合計4人が代表チームとなり、国別世界一を目指して争うチーム戦によるトーナメントで、文字通りマジック:ザ・ギャザリングのワールドカップです。

 前述の渡辺雄也選手が年間プロ・ポイント最上位者として、熾烈な予選突破者である高橋純也選手、阿嘉俊介選手、日下部恭平選手を率いて日本代表チームを結成します。(日本代表メンバーの詳細についてはこちらの記事をご覧ください。)

ニコニコ生放送で全日程ライブ配信が決定!

 そしてこれらの大会はなんと、ニコニコ生放送にて現地からライブ配信されます!日本人選手たちが世界一を目指し奮闘する姿をぜひご覧ください!

放送スケジュール

日程放送時間内容放送ページ
7月31日(水)PM 7:00~翌AM 6:00世界選手権 1日目放送ページ
8月1日(木)PM 7:00~翌AM 6:00世界選手権 2日目放送ページ
8月2日(金)PM 6:00~翌AM 5:00ワールド・マジック・カップ 1日目放送ページ
8月3日(土)PM 6:00~翌AM 5:00ワールド・マジック・カップ 2日目放送ページ
8月4日(日)PM 4:00~翌AM 4:00ワールド・マジック・カップ&世界選手権プレイオフ放送ページ

※上記の時刻は日本時間です。放送時間は変更になることがあります。

 ウィザーズ・オブ・ザ・コースト社の森慶太が実況解説を担当し、特別ゲストとして、プロツアー・チャールストン優勝など多くの実績を持つ「世界のKJ」、鍛冶友浩氏をお招きします。2人の熱いやりとりも要チェックです! タイムシフト予約もお忘れなく!

 世界選手権とワールド・マジック・カップは混合フォーマットで開催されます。それぞれの詳細なフォーマットや大会形式については以下のリンクに日本語版のイベント・インフォメーションがありますので、そちらをご覧ください。

世界選手権のみどころ

 世界選手権の注目フォーマットは、今年6月に発売された特別セット『Modern Masters』によるブースタードラフトです。同セットによる唯一のプレミア・イベントであるグランプリ・ラスベガス(リンク先は英語ページです)では史上最多の参加者となる、なんと4,500人もの参加者を集めました。この特殊なフォーマットにトップ・プロたちはどんな戦略で挑むのでしょうか!?

 また、昨年同様、決勝プレイオフが行われるモダン構築戦も必見です!

ワールド・マジック・カップのみどころ

 ワールド・マジック・カップの見どころは何と言っても、構築戦の華であるスタンダードでのチーム戦でしょう! 構築のスペシャリスト「ラッシュ」こと高橋純也選手を擁する日本代表がどんなデッキを持ち込むのか、今から楽しみで仕方がありません!

Photo by happymtg.com
「ラッシュ」高橋純也のデッキ・テクは日本代表に何をもたらすのか!?

プレイバック:マジック・プレイヤー選手権2012

 昨年の世界選手権にあたる、マジック・プレイヤー選手権では日本人選手たちが大いに大会を盛り上げました。モダン構築で八十岡翔太選手が《霊気の薬瓶》を使った独創的なデッキを使用し、多くのプレイヤーの度肝をぬきました(詳しくは昨年のカバレージ記事をご覧ください)。

 そして決勝戦ではその八十岡選手を破って、渡辺選手が世界王者に輝いたのでした。今年は八十岡選手は残念ながら出場なりませんでしたが、連覇を目指す渡辺選手と、初の世界王者を狙う中村選手に期待がかかります。

./yasooka_watanabe.jpg
昨年の日本人同士による決勝戦。渡辺選手(右)が八十岡選手(左)を下しました


立ちはだかる壁

 そんな2人に立ちはだかる14人の外国人選手の中でも特に注目すべきは、渡辺選手を抑えて今年度のプレイヤー・オブ・ジ・イヤーを獲得したジョシュ・アター=レイトン選手と、2度のプロツアー王者にして、殿堂入りも果たしているブライアン・キブラー選手でしょう。

./utter-layton_kibler.jpg

日本選手に立ちはだかるジョシュ・アター=レイトン選手(左)とブライアン・キブラー選手(右)

 もちろんその他の選手たちも、昨年から今年にかけて行われたプロツアー王者たちを含む掛け値なしの強豪プレイヤーばかりです。果たしてこの並みいる猛者たちを下し、日本の2人が世界王者となることはできるのでしょうか!?

プレイバック:ワールド・マジック・カップ2012

 一方、昨年のワールド・マジック・カップ日本代表は、不幸にも飛行機の遅延によりタクシーで900キロメートルもの移動を余儀なくされてしまいました。残念ながら成績はふるわなかったものの、疲労困憊の状態にもかかわらず長時間のトーナメントを戦い抜いた姿は多くのプレイヤーの語り草となりました。

./JapanArrives.jpg
苦難を乗り越えて会場に到着した昨年の日本代表チーム

 そんな昨年のワールド・マジック・カップでは、本命とされたアメリカ代表やベルギー代表が次々と脱落し、ダークホースだった台湾代表の優勝で幕を閉じました。

 チーム戦ゆえにジャイアント・キリングが起こりやすく、結果の予測が全くできないのもこの大会の魅力です。そんな群雄割拠の中で、われらが日本代表チームはどんな活躍を見せてくれるのでしょうか!?


日本代表に声援を!

 そして、戦いの模様は冒頭でお知らせしたように、ニコニコ生放送による生中継が決定しています! さらに、mtg-jp.com では翻訳記事とデッキリストを中心に大会をお伝えしていく予定ですので、残念ながら生中継を見逃してしまった方もお楽しみいただけます。

 ぜひ、日本から声援を送り、日本人選手たちの活躍を見守ろうではありませんか! きっと彼らは私たちの期待に応えてくれるはずです。それ以外にも、トッププロたちの華麗な戦いや、国別代表チーム同士による白熱のバトルは目が離せなくなること請け合いです! 開幕を楽しみにお待ちください!

※動画には字幕が設定されています。再生中に右下のボタン(歯車の左)にて表示切り替え、キーボードの「B」キーで字幕に背景色の付加、「+」「-」キーで字幕の拡大縮小ができます。

最新Making Magic記事

MAKING MAGIC

2020年 7月 25日

セット・ブースター by, Mark Rosewater

今日は、『ゼンディカーの夜明け』で初登場するもの、新型ブースターについて語っていく。それが、今回のタイトルにもなっている、セット・ブースターと呼ばれるものである。今日の記事ではそれについて話そう。 詳しい話に入る前に、少し伝えておきたいことがある。これは、我々がマジックに新しく導入するものだ。何もなくなるわけではなく、現在の製品は何ひとつ変わらないままである。これまでの...

記事を読む

MAKING MAGIC

2019年 9月 24日

プロジェクト・ブースター・ファン by, Mark Rosewater

(編訳注 7/24:一部の用語を修正いたしました。「枠なしプレインズウォーカー」→「拡張アート版プレインズウォーカー」)  私が、誰もが話題にするようなマジックについての新情報がたっぷり詰まった記事を時々書いていることにお気づきだろうか。今日の記事は、そういった記事の中の1本だ。これからさまざまな情報を話していくので、まずはこの記事で何を語るかについて説明することにしよ...

記事を読む

記事

記事

Making Magic Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る