ホリデーデッキを作ろう!

更新日 Making Magic on 2012年 12月 13日

By 射場本正巳

○ホリデーシーズン到来!

 早いものでもう師走! 日本ではクリスマスに正月と年末年始もすぐそこですね。

 アメリカでは一足早く11月のサンクスギビングからホリデーシーズンが始まりました。

 サンクスギビングは11月の第4木曜日にある国民の祝日で、親戚一同が集まってターキーを食べる日です。何でわざわざパサパサのターキーを食べるんだという気もしますが、それをいかにジューシーに仕上げるかが腕の見せ所だそうで、夜中のうちからじっくりと焼き上げるのなどみんな情熱を注いでいます。

 もともとはヨーロッパから来た移民がインディアンの助力によって農耕に成功し、その収穫を祝って行われたものが起源といわれていますので、その当時の食べ物でお祝いをするのが風習なんですね。日本で言うおせちと一緒の感覚のようです。

 おせちと言ったようにサンクスギビングは日本の正月みたいなもので、その週末は家族で集まってずっとターキーを食べてる感じです。翌日金曜日が初売りに相当するブラックフライデーというのも正月っぽいですね。(ちなみにこっちは新年は元日のみしか休みがなく、2日からいきなり仕事始めだったりします。)

 ホリデーシーズンのもう一つの山場はクリスマス。全員が全員にプレゼントを贈るというプレゼント贈り合戦が繰り広げられるのでクリスマス商戦は本当に戦争です。分け合ったりせずに個人を尊重するのがアメリカらしいですね。

 最近ではアメリカでも若者の宗教離れが進んでいるようで、クリスチャンでも教会へは行ったり行かなかったりのようですが、それでも教会は日本の寺社のごとく街中のいたるところにあるので、初詣にいく感じで気がむいたら行くみたいですね。

 そしてウィザーズ社員にとってホリデーの楽しみといえば「ホリデーカード」を忘れてはなりません!

 2006年から始まったこのホリデーカードは「アン」セットのような銀枠のお遊びカード。どれも普通には遊ぶ機会がありませんが、せっかくのホリデーなんだからホリデーデッキを作ってやりたくなるのも人情ってものですね。

2006年

〈Fruitcake Elemental〉

クリーチャー — エレメンタル

Fruitcake Elementalは破壊されない。

あなたのターン終了時に、Fruitcake Elementalはあなたに7点のダメージを与える。

:プレイヤー1人を対象とする。そのプレイヤーはFruitcake Elementalのコントロールを得る。

7/7


2007年

〈Gifts Given〉

インスタント

対戦相手1人を対象とする。そのプレイヤーのライブラリーから異なる名前のカードを4枚探し、それらを公開する。そのプレイヤーはそれらのカードから2枚を選ぶ。選ばれたカードをそのプレイヤーの墓地に置き、残りをあなたの手札に加える。その後、そのプレイヤーは自分のライブラリーを切り直す。


2008年

〈Evil Presents〉

ソーサリー

対戦相手1人を対象とする。あなたの手札にあるクリーチャー・カード1枚を、そのプレイヤーのコントロールの下で場に出す。そのクリーチャーは可能なら毎ターン攻撃し…常にそのコントローラーを攻撃する。


2009年

〈Season's Beatings〉

ソーサリー

Family gathering ― プレイヤー1人を対象とする。そのプレイヤーのコントロールする各クリーチャーは、無作為に選んだそのプレイヤーのコントロールする他のクリーチャー1体に、自身のパワーに等しい点数のダメージを与える。


2010年

〈Snow Mercy〉

氷雪エンチャント

クリーチャー1体があなたにダメージを与えるたび、そのクリーチャーの上に球体カウンターを1個置く。

:球体カウンターが置かれているすべてのクリーチャーをタップする。


2011年

〈Yule Ooze〉

クリーチャー ― ウーズ

あなたのアップキープの開始時に、他の土地でないパーマネントを1つ無作為に選んで破壊する。その後、そのパーマネントの点数で見たマナ・コストに等しい数の+1/+1カウンターをYule Oozeの上に置く。

,食べ物を食べる:Yule Oozeを再生する。

1/1


 と、いうわけで今回は、これらホリデーカードを題材にして統率者デッキを一から作ってみたいと思います。

○ホリデーっぽいデッキって何だ?

 まずホリデーから連想することを考えましょう。

 名前のまま《聖なる日》(Holy Day)は入れるとして、そのほかに考えられるものは、

 収穫・祭・祝・宴・雪・天使・星・願い・休息・贈り物・人形

 などなどでしょうか?

 今回はそういうキーワードのつくカードを多めに集めていきたいと思います。

○統率者は何にする?

 次にデッキの統率者を決めましょう。全部のホリデーカードを入れてあげたいので統率者は5色の伝説のクリーチャーがほしいです。ぱっとみてホリデーに関連しそうなのは・・・

1930595233

 王様や女王様もありですが、ここは一番人間っぽい《アラーラの子》にしましょう。

 《アラーラの子》の能力は土地以外を全部破壊ですので、《Fruitcake Elemental》ともかみ合っているように見えますね。生け贄に捧げる手段さえあれば好きなタイミングでボードをリセットできるので面白そうです。

○統率者からデッキをイメージする。

 では、この統率者の特徴から相性のいいカードを考えましょう。

 まずボードリセットをしてしまうのでシステムやマナの基盤は土地に頼ったほうがいいでしょう。マナ加速や土地サーチを入れることにします。(この際大量土地破壊呪文は見なかったことにしましょう。大丈夫、きっと《ハルマゲドン》は打たれない。)

真面目な身代わり聖遺の騎士

 さらに破壊効果に耐性のあるパーマネントや、破壊されたときに威力を発揮するカードを採用します。

希望の天使アヴァシンイシュ・サーの背骨

 また、《アラーラの子》の能力は墓地に行かないといけないので、統率者の能力で統率領域に戻すと発動しないことに注意しなければいけません。

 好きなタイミングで墓地に送るためにインスタントタイミングでクリーチャーを生け贄に捧げる能力を用意します。

19890337581

 そして、一度墓地に行った《アラーラの子》をもう一度使うために、リアニメイトや墓地のクリーチャーを追放する能力で統率者能力を発動させることにしましょう。

その場しのぎの人形ムーアランドの憑依地

 そんな感じでパーツを揃えて、出来上がったデッキはこちら。

統率者:アラーラの子

Download Arena Decklist
他 (16)
1 ヴォルラスの要塞 1 ファイレクシアの塔 1 スリヴァーの女王 1 スリヴァーの首領 1 Fruitcake Elemental 1 Yule Ooze 1 価値ある理由 1 森の知恵 1 聖別された葡萄酒 1 ネクロマンシー 1 死体のダンス 1 リスティックの研究 1 Evil Presents 1 Season's Beatings 1 Gifts Given 1 Snow Mercy
Summon (1)
1 Infernal Spawn of Evil
100 カード

概念の群れ大祖始

 せっかくの5色デッキなので普段なかなか一堂に会する機会のない5色クリーチャーも多めに投入。

奉納Blessed Wine

 ホリデーっぽい名前のカードや、ホリデーっぽいイラストも集めてみました。

 最初はどうなることかと思いましたが、ホリデーって言うあいまいなキーワードでも意外とデッキになるものですね。

 まだまだ作りたてなのでもっとホリデーっぽいカードがあったらドンドン入れ替えていきたいところ。もちろん今年のホリデーカードが発表されたらすぐに投入ですね。どうせならホリデーカードで統率者になる5色の伝説のクリーチャーがほしいところですが、はたして???

<編集より> ちょうど今日、2012年のホリデーカードが公開されました!(リンク先は英語記事) 今回は初めての…分割カードです!

〈Naughty〉

ソーサリー
他のプレイヤー1人を対象とする。そのプレイヤーのライブラリーからカードを1枚探し、それをあなたの手札に加える。その後、そのプレイヤーのライブラリーを切り直す。

〈Nice〉

ソーサリー
他のプレイヤー1人を対象とする。あなたのライブラリーからカードを1枚探し、それをそのプレイヤーの手札に加える。その後あなたのライブラリーを切り直す。

○終わりに

 さて、毎回ぬるーくマジックを遊ぶ記事を紹介してきましたがこの連載も今回で終了となります。

 僕のほうは相変わらずまったりとマジックと付き合っていきますので、いつかどこかで見かけたらマジックやろうよとお声かけ下さい。いつでも統率者戦できるようにデッキ用意しておきます!

 それでは、1年ちょっとの間でしたがありがとうございました。

 またどこかでお会いしましょう!

(編注:本記事内のホリデーカードのルールテキストは参考訳です)

最新Making Magic記事

MAKING MAGIC

2020年 7月 25日

セット・ブースター by, Mark Rosewater

今日は、『ゼンディカーの夜明け』で初登場するもの、新型ブースターについて語っていく。それが、今回のタイトルにもなっている、セット・ブースターと呼ばれるものである。今日の記事ではそれについて話そう。 詳しい話に入る前に、少し伝えておきたいことがある。これは、我々がマジックに新しく導入するものだ。何もなくなるわけではなく、現在の製品は何ひとつ変わらないままである。これまでの...

記事を読む

MAKING MAGIC

2019年 9月 24日

プロジェクト・ブースター・ファン by, Mark Rosewater

(編訳注 7/24:一部の用語を修正いたしました。「枠なしプレインズウォーカー」→「拡張アート版プレインズウォーカー」)  私が、誰もが話題にするようなマジックについての新情報がたっぷり詰まった記事を時々書いていることにお気づきだろうか。今日の記事は、そういった記事の中の1本だ。これからさまざまな情報を話していくので、まずはこの記事で何を語るかについて説明することにしよ...

記事を読む

記事

記事

Making Magic Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る