プロツアー『マジック・オリジン』からの変更点

更新日 News on 2015年 6月 29日

By Helene Bergeot

Hélène Bergeot started her career with Wizards of the Coast in France in December, 1995; afterwards, she spent a few years in the European headquarters based in Belgium and eventually relocated to the Renton office. She is currently the director of organized play and trade marketing.

 開発部による慎重な議論と試験、ならびにマジック・コミュニティからの意見を踏まえて、新しいマリガン・ルールとその変更理由、そしてそれがいつどこで有効になるのかについて告知いたします。

 また、プロツアー『タルキール龍紀伝』後の、コミュニティからの意見とさらなる議論を踏まえて、プレイヤーが盤面をどう配置すべきか、そしてビデオ・カバレージの扱いについても変更することにしました。

マリガン・ルールの更新

 フライデー・ナイト・マジックからプロツアーのフィーチャー・マッチに到るまで、不幸なマリガンのせいで一方的になるマジックのゲームは数多くありました。マジック開発部はそのような一方的なゲームを減らす方法をずっと模索してきました。

http://media.wizards.com/2015/images/daily/cardart_5gs67p8aqo.jpg

ジェイムデー秘本》 アート:Donato Giancola

 複数回の試験を経て、さらにマリガン後に一方的にならないマジックのゲームの数を増やす方法についてマジック・コミュニティからの意見を集めた結果、プロツアー『マジック・オリジン』において、暫定的に以下の変更を導入することにしました。

103.4. 各プレイヤーは初期手札枚数に等しい枚数のカードを引く。初期手札枚数は通常7枚である(ただし効果によって初期手札枚数が変わることがある)。最初の手札が満足できるものでなかったプレイヤーは、マリガンを行なうことができる。まず、開始プレイヤーがマリガンを行なうかどうかを決め、その後、ターン順に各プレイヤーが同様の選択を行なう。全プレイヤーが選択を終えた後、マリガンすることを選んだプレイヤーは同時にマリガンを行なう。マリガンとは、手札をライブラリーに加えて切り直し、そして1枚少ない枚数の新しい手札を引くことである。これ以上マリガンをしないと決めたら、そのカードがそのプレイヤーの開始時の手札となり、それ以降マリガンをすることはできない。この手順は、すべてのプレイヤーがマリガンしなくなるまで繰り返される。(手札が0枚になった場合、そのプレイヤーはそれ以上マリガンすることはできない。)その後、開始プレイヤーからターン順に、開始時の手札が初期手札枚数よりも少ないプレイヤーは占術1を行ってもよい。

 変更されたのは、最後の一文です。

その後、開始プレイヤーからターン順に、開始時の手札が初期手札枚数よりも少ないプレイヤーは占術1を行ってもよい。

 マリガンをおこなった場合、マリガンを終了して手札を確定させた後、自分のライブラリーの一番上のカードを見て、それを自分のライブラリーの一番上か一番下に置くことができます。

 このルールは、7月31日~8月2日に開催されるプロツアー『マジック・オリジン』で導入されます。ただし、このルールは現時点ではそのプロツアーでだけ採用されます。プロツアー終了後、このルールがいつ導入されるかに関する詳細をお知らせする予定です。

ジャッジとビデオ・カバレージ

 ここ数ヶ月の間、ビデオ・カバレージで発見されたルール違反に対処する速度について、コミュニティからの意見が届いていました。プロツアー『マジック・オリジン』から、そういった事例への対策を講じる予定です。

http://media.wizards.com/2015/images/daily/cardart_JudgesFamiliar.jpg

審判官の使い魔》 アート:Jack Wang

 ヘッドジャッジは、プロツアーや世界選手権、ワールド・マジック・カップにおいて、ビデオ・カバレージを流している間に起こったルール違反に関する調査のために、そのマッチのビデオを見ることができるようになります。調査のためにビデオを見るかどうかの決定は、ヘッドジャッジの専権事項です。

 さらに、プロツアー、世界選手権、ワールド・マジック・カップにおいて、ビデオ・カバレージで放送されているマッチを確認する専任のジャッジが置かれ、ルール違反があった場合、放送を確認しているジャッジはプレイを止めてヘッドジャッジに連絡する権限を持ちます。ヘッドジャッジは調査のためにビデオを証拠として用いることができます。

ビデオ・カバレージにおけるカードの配置

 最後にもう1つ、プロツアー『マジック・オリジン』から、プロ・レベルのイベント(プロツアー、グランプリ、ワールド・マジック・カップ、世界選手権)のフィーチャー・マッチ・エリアにおいては、プレイヤーのカードの配置が指定されることになります。この変更は、マジックのゲーム上の要素を統一した配置にすることで観客にゲームの流れが分かりやすくするためのものです。

 フィーチャー・マッチ・エリアにおけるカードの配置に関する規定は、以下の通りです。

  • クリーチャーは土地の前に置くこと。土地の手前には何も置かないこと。
  • ライブラリーはプレイエリアの左右どちらかに寄せること。
  • 墓地はライブラリーの隣に置くこと(左右のどちらかはプレイヤーの自由)。
  • 追放領域はライブラリーや墓地の近くで、墓地とは区別されていること。
  • 戦場にあるパーマネントによって追放されているカードは、その2枚に関係があるということがわかるようにするため、追放させたパーマネントの近くに置くこと。
  • アンタップ状態で戦場にあるカードは、そのカードのコントローラーの側を向けておくこと。

 この配置が強制されるのはビデオが録画されている場所でのマッチだけですが、それ以外のマッチでもこの配置を使うことを強くお勧めします。これはフィーチャー・マッチ・エリアで撮影されているときの練習になるのはもちろんですが、すべてのマジック・プレイヤーがこの配置を使うことで、ゲームを観戦している人にそのゲームで何が起こっているのかが分かりやすくなるからです。

 これらの変更は、トーナメント・マジックの完全性と理解を保持するという目標をさらに推し進めるためのものです。より良い経験をお届けするため、私たちはマジック・コミュニティ内での意見や議論に耳を傾け、検討を続けていきます。

(Tr. YONEMURA "Pao" Kaoru)

最新News記事

NEWS

2022年 5月 12日

『ダブルマスターズ2022』および『団結のドミナリア』の最新情報とその他の発表 by, Wizards of the Coast

今回も「公式発表」の日がやってきました。今月の発表は特大規模でお送りします。少なくとも「ダブル」サイズの大ボリュームに、マジックの最新情報を「マスター」級の腕前でまとめ上げ、「団結」させてお届けします。過去への回帰あり、未来への展望あり、他にも盛りだくさんです。 『ダブルマスターズ2022』や『団結のドミナリア』の初公開情報から「ウィザーズ公認店舗応援キャンペーン」の再...

記事を読む

NEWS

2022年 5月 12日

コラボ製品『ユニバースビヨンド Warhammer 40,000』のお披露目 by, Billie Kaplan

8月12日に、マジック:ザ・ギャザリングの「ユニバースビヨンド」と「ウォーハンマー40,000」のコラボが実現し、2つの宇宙が衝突する。テーブルトップ界を象徴する巨人「ウォーハンマー40,000」とマジック:ザ・ギャザリングによるコラボでは、4つの統率者デッキと3つの『Secret Lair』ドロップが発売されるのだ。いずれの製品でも、「ウォーハンマー40,000」のグリ...

記事を読む

記事

記事

News Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る