新しいシールドデッキ登録手順(グランプリ・シドニー、グランプリ・マディソンより発効)

更新日 News on 2015年 10月 8日

By Helene Bergeot

Hélène Bergeot started her career with Wizards of the Coast in France in December, 1995; afterwards, she spent a few years in the European headquarters based in Belgium and eventually relocated to the Renton office. She is currently the director of organized play and trade marketing.

 シールドデッキのカード・プール登録を伴うイベントにおいて、プレイヤーの体験をよりよくすることとイベントの完全性を維持することをできる限り両立しようと、私たちはずっと選択肢を探り続けてきました。そして、ついにその答えになり得る方法を見つけました。

 今日ここに、『戦乱のゼンディカー』ブロックのシールドデッキ戦におけるカード・プール登録手順への更新を告知します。これはグランプリ・シドニーおよびグランプリ・マディソンから有効となります。このフォーマットでのシールドデッキのカード・プールを開封する手順は次のようになります。

(注:この更新に伴い、シールドデッキの登録時の座席は無作為であることが望まれます)

  • 各プレイヤーはブースターパックを6個受け取る。このブースターは、そのイベントの主催者が提供したものであるとわかるように印がつけられている。
  • テーブルの一方に座ったプレイヤー(プレイヤーA)が自分のブースターをすべて開封する。そのプレイヤーの正面に座っているプレイヤー(プレイヤーB)はそれを確認する。両プレイヤーがブースターの中身を視認・確認することになる。その後、その開封されたカードは裏向きで1つの束としてプレイヤーBの近くに置かれる。
  • プレイヤーBが同様に開封し、プレイヤーAが確認する。両プレイヤーがその中身を視認・確認することになる。その後、その開封されたカードは裏向きで1つの束としてプレイヤーAの近くに置かれる。
  • プレイヤーAが、プレイヤーBのカード・プールを登録する。BはAのカード・プールを登録する。
  • 登録後、登録したカード・プールをそれぞれ開封したプレイヤーに返す。
  • プレイヤーは通常通り、自分のデッキを作成し、それを記録する。

 私たちは、グランプリの本戦で戦っているプレイヤーにすばらしいイベント体験をしてもらいたいと思っています。せっかく人気の高いカードを開封したのに、それを他の誰かに渡さなければならない状況や、開封したカードを自分のものにしたいがためにせっかく遠くから参加したイベントを棄権したくなる状況は望ましくないと考えます。そこで、私たちは最高のプレイヤー体験とイベントの完全性を両立できる手順を探していたのです。

 この『戦乱のゼンディカー』ブロックにおける新しい手順は、皆さんのコミュニティがもたらしてくれている価値あるフィードバックのおかげです。私たちは常々プレイヤーの体験を向上させる方法を探しており、コミュニティのフィードバックは、イベントの完全性を保つ範囲でプレイヤーに最高の時間を過ごしてもらえるようにするために必要な手段を選ぶ上で重要なものなのです。私たちはこの新しい手順を受けて今週末に届けられるフィードバックを確認し、必要であれば変更を加えていきます。


訳注:

スコット・マーシャル/Scott Marshallとトビー・エリオット/Toby Elliottからの追加のコメントによると、この変更はグランプリだけでなく競技RELのイベント(カード・プール登録のあるシールドデッキ戦)すべてで有効になります。また、ブースターにつける印は、主催者の判断で、見たらすぐにわかり、過去のイベントから予想できないようなものであることが求められています。

(Tr. YONEMURA "Pao" Kaoru)

最新News記事

NEWS

2020年 6月 5日

『基本セット2021』製品紹介 by, Ari Zirulnik

皆さんこんにちは! 私はアリ・ツィルルニク/Ari Zirulnik。マジックのパッケージ・コピーライターです。私はウィザーズが作っているほぼすべての製品に携わっているので、「『基本セット2021』の全製品を詳しく語る記事を書くのにうってつけの人物」だそうです――これを私に言ったのはあるプロダクト・アーキテクト担当者なのですが、自分が記事を書きたくないからってちょっとひ...

記事を読む

NEWS

2019年 2月 28日

『モダンホライゾン』発表 by, Blake Rasmussen

「もし」と誰もが口にすることがあります。「もしスタンダードを経由せず直接モダンに向けたセットが作られたら、どんなカードを印刷できるだろう!」 私たちも同じことを口にしました。そして思いついたのです。はめを外したエキサイティングな製品を。 ご紹介しましょう。マジック史上初となるスタンダードを経由せず直接モダンに向けた新セット、『モダンホライゾン』です。 6月14日...

記事を読む

記事

記事

News Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る