新たな旗のもとで

更新日 News on 2017年 10月 8日

By Matt Cavotta

Matt has worn many wizard hats in the 18 years he has worked on Magic—art-mage, logomancer, lightning bard, and (of course) Planeswalker.

偉大な戦士や冒険家、探検家は、戦場や到達した地に自身を象徴する旗を立て、その存在を示します。堂々とはためくその旗は、ときに見るものへ畏敬の念を抱かせ、ときに恐怖の感情を与えます。それから、ジェスカイの龍眼やラクドスの道化の仮面のように、シンボル・マークとはその旗のもとにある土地や要塞、英雄などの真髄を表現しています。

マジックは長い歴史を経て、「旗」――つまりブランド・ロゴが表現するものとその真髄に大きなギャップが見受けられるようになりました。そして昨年、私たちはそのギャップがさらに広がっていることを感じました。そこで、マジックの持つ豊かな歴史を尊重しつつそのブランド力をさらに高める、新しいロゴの作成に取り組みました。これでマジックのロゴは3度目の変革を迎えることになります。過去の2回と同様に、今回の変更もひとつの例外を除いて製品から宣伝まですべてのマジック・ブランドに影響します――その例外とは、カード背面のロゴです。 カード背面のロゴを変更する予定は今後もありません。皆さまはあらゆる時代のあらゆるセットのカードを等しくお楽しみいただけます。

さて、ロゴを一新する際に、旧ブランドを思い起こさせるだけでは意味がありません。ブランドの真髄が変化したことと、それがどう変化したのかが伝わるものにしてこそ、皆さまに受け入れられるのです。マジックのロゴの変更はその点を大事にして行われ、新たなデザインはブランドの革新をよく表現したものになっています。

1993年の最初のロゴでは、そのブランドと「旗」が見事に一致していました。マジックはさまざまな古典ファンタジーの要素を織りまぜたカードゲームとして始まり、手描き風のロゴはそれによく合っていました。

1993-1999
1993年~1999年

その後短期間で、マジックは自ら切り拓いた新たなゲームのカテゴリーの頂点に立ちます。そしてその間に、ゲーム・デザインやビジュアル・デザインも新たな高みへ到達しました。素朴な青いロゴでは、洗練されたブランドを表現しきれなくなったのです。1999年、マジックのロゴは最初の変更を迎えました。ファンタジー色が濃い元のものを、より明瞭で力強くしたものです。

1999 logo
1999年~2015年

2000年代前半には、マジックは間違いなく世界最高の戦略ゲームとなりました。しかしさらなる高みを目指す歩みは止めません。マジックは新しいブランド領域を確立していました――たぐいまれなアートと現代ファンタジーの美しさ、そして無限に広がる世界とキャラクターが、独特な魅力を築き上げていたのです。2015年、マジックのロゴは再び一新されました。今度はビジュアル面の進化に合わせて、マジックの魅力とパワーを伝えられる新たなブランド要素を盛り込みました。それが「神話レア・オレンジ」色のロゴです。

2015 logo
2015年~2018年

しかし2015年に変更されたロゴは、程なくしてさらなる変更を迎えることになります。このロゴは、現代ファンタジーというブランドの軸に一致できなかったのです。マジックのビジュアル面は、元のロゴが象徴しているファンタジー色の濃い美しさを超え、私たちの世界に実在する文化や神秘からインスピレーションを受けたものになっています。加えて、マジック自体もプレインズウォーカーやアイデアに溢れた次元など独自の要素を中心に置くようになっていました――マジックのブランドは、ゲームという枠組みを超えて広くエンターテインメントを表現するものになったのです。

2018 logo
2018年~

マジックの「旗」には、このゲームが内包する世界やテーマを余すところなく伝えて堂々とはためくものであることが求められます。卓上カードゲームとしてだけでなく、デジタル・ゲーム、アプリ、物語、ファッション、ライフスタイル、アニメーション、実写映画など、将来にわたってあらゆるエンターテインメントを象徴するものであって欲しいのです。そのためには、単にロゴを新しくするだけでは足りません。元のものにも目を向け、そして将来を見据えて私たちが出した答えは……

この新たなロゴが示す力強さに、私たちは期待で胸がいっぱいです。特筆すべきは、プレインズウォーカー・シンボルの存在でしょう。ウィザーズの創業以来、プレインズウォーカー・シンボルは私たちにとって発展の象徴であり続けました。はじめは身内で密かに親しまれていたものがやがてもうひとつのブランド・アイコンになり、そして今、公式にブランドを背負うまでになったのです。プレインズウォーカー・シンボルは、今後も特に「San Diego Comic-Con」の限定アイテムやアパレル製品など、よりスタイリッシュなブランディングが求められる製品において他にない魅力を発揮することでしょう。そしてその多くは、先ほどのロゴと一緒に表示されます。

皆さんもすでに、この新たなロゴの双子の兄弟とも言える『Magic: The Gathering Arena』のロゴをご覧になっているかもしれません。そこでは新たなロゴがもたらした柔軟性が活かされており、プレインズウォーカー・シンボルを柱にロゴがさらなる印象を添えています。新たなロゴがプレインズウォーカー・シンボルと組み合わさることで、マジックの世界観にもとづいた「新しいゲームとエンターテインメント」を保証するものになっていくことを、皆さまにもぜひご期待いただきたいと思います。

現時点では、『Magic: The Gathering Arena』についての情報が公開されているすべての媒体において、新しいロゴが使用されています。マジック:ザ・ギャザリングのロゴについては、2018年3月の『ドミナリア』発売をもって、すべての製品とプロモーションで新たなロゴが使用されるようになる予定です。2018年はマジックの25周年を記念する特別な年です。マジックの歴史の節目を迎えるこのときに、私たちは未来へ向けて大きな一歩を踏み出すのです。

Omniscience | Art by Jason Chan
全知》 アート:Jason Chan

最新News記事

NEWS

2022年 5月 12日

『ダブルマスターズ2022』および『団結のドミナリア』の最新情報とその他の発表 by, Wizards of the Coast

今回も「公式発表」の日がやってきました。今月の発表は特大規模でお送りします。少なくとも「ダブル」サイズの大ボリュームに、マジックの最新情報を「マスター」級の腕前でまとめ上げ、「団結」させてお届けします。過去への回帰あり、未来への展望あり、他にも盛りだくさんです。 『ダブルマスターズ2022』や『団結のドミナリア』の初公開情報から「ウィザーズ公認店舗応援キャンペーン」の再...

記事を読む

NEWS

2022年 5月 12日

コラボ製品『ユニバースビヨンド Warhammer 40,000』のお披露目 by, Billie Kaplan

8月12日に、マジック:ザ・ギャザリングの「ユニバースビヨンド」と「ウォーハンマー40,000」のコラボが実現し、2つの宇宙が衝突する。テーブルトップ界を象徴する巨人「ウォーハンマー40,000」とマジック:ザ・ギャザリングによるコラボでは、4つの統率者デッキと3つの『Secret Lair』ドロップが発売されるのだ。いずれの製品でも、「ウォーハンマー40,000」のグリ...

記事を読む

記事

記事

News Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る