モダンの見る悪夢

更新日 Reconstructed on 2013年 10月 29日

By Gavin Verhey

When Gavin Verhey was eleven, he dreamt of a job making Magic cards—and now as a Magic designer, he's living his dream! Gavin has been writing about Magic since 2005.

原文を読む

 本日のデッキは悪夢そのものだ。いや、次々と悪夢を織り成すデッキだ。もっと言うなら……まあいい、すぐにわかるだろう。君たちもこれから目にするのだから。

 スタンダードについては、プロツアーで新機軸のデッキがたくさん発表されるだろうから、今週はそれから離れてモダン――さらに言うなら、「『テーロス』のカードに焦点を当てた」モダンのデッキ――を募集した。すると、興味深いデッキがいくつも送られてきたぞ。《波使い》を採用したエレメンタルの部族デッキや、「移植」持ちのクリーチャーと「試練」を組み合わせたデッキ、エンチャントレス、他にも挙げればキリがない。(記事の最後の「惜しくも選ばれなかったデッキたち」をお見逃しなく。ぜひともその目で確認してくれ!)

 中でも、今日はトラヴィス・マクファーレン/Travis McFarlaneが送ってくれたデッキを手がけることにしよう。これは私がモダンで使いたいと思っているカードの多くを採用していて、それからすでに多くの人を魅了している『テーロス』の新カードにも着目しているぞ。見てみよう!

トラヴィス・マクファーレンの「悪夢」

Download Arena Decklist

その戦術とは

 このデッキは、モダンという構築フォーマットにおける最高に有用なカードの数々を用いてアドバンテージを取り、対戦相手のゲーム・プランを崩す。そこで役立つ強力な手札破壊呪文や打ち消し呪文、そして莫大なカード・アドバンテージをもたらす《闇の腹心》と《瞬唱の魔道士》というインビテーショナル・カードのコンビだ。……こんな風に、これにはゲームに多大な影響を与えるコストの軽い強力なカードたちが搭載されている……モダンにおいては、このフォーマットの鍵となる「マナ効率」が求められるのだ!

 何はともあれ、まずここで《悪夢の織り手、アショク》について話をしよう。《悪夢の織り手、アショク》が今回のデッキにぴったりなのは、なぜだろう?  そう、「マナ効率」だ。《タルモゴイフ》、《闇の腹心》、《死儀礼のシャーマン》、《ヴェンディリオン三人衆》といったように、モダンというフォーマットで使われるクリーチャーの多くはそのコストが非常に小さい。そしてもちろん、それらのクリーチャーはコストに比べて実に強力で、1枚でも計り知れないほどの影響をゲームに与えるのだ。

死儀礼のシャーマンヴェンディリオン三人衆

 結局どういうことなのかって? いいかい、《悪夢の織り手、アショク》の[+2]能力でクリーチャーを捕らえてやれば、まず間違いなく次のターンにそいつを戦場に出せるんだ――これは極めて強力な動きとなるだろう。クリーチャーを2枚引き当てようものなら、それらのコストが軽いおかげで、やろうとすれば続く2ターンで2枚とも繰り出せるチャンスは十分にある。

 《悪夢の織り手、アショク》が機能し始めるには少し時間が必要だが、こいつは対戦相手を消耗させやすい今回のデッキの戦略にぴったりだ――《悪夢の織り手、アショク》を運用できるくらいの時間はあるし、様々な脅威を送り出せるようなカードは今回のデッキに望ましい。溢れるほど採用したいとは思わないけれど、ちょっと試す価値がある素敵な新プレインズウォーカーなのだ。

 さて、《悪夢の織り手、アショク》についてはここで一旦置いておこう。「デッキ詳細」へ移り、今回のデッキを1枚ずつ確認していこう。

デッキ詳細

 デッキに残すべきものと、デッキにとって悪夢となるものはどれだろう? カードを1枚ずつ通して見て、確認しよう!

瞬唱の魔道士

 今回のデッキには、再利用できればこの上なく強烈な、高威力の軽いスペルが大量に搭載されている。手札破壊呪文でも、打ち消し呪文でも、あるいは除去呪文でも(今の時点では《瞬唱の魔道士》で再利用しやすい除去は入っていないけれど、後で入れるつもりだ)、対戦相手が仕掛けてくるであろう手にあらゆる角度から備えられる汎用性を、《瞬唱の魔道士》はもたらしてくれるのだ。そして何より《瞬唱の魔道士》は2/1のクリーチャーであり、ブロックに回ることもでき、こいつが勝ち手段になることだってある。4枚すべて残したいところだ。

 勝ち手段と言えば、モダンではゲームを終わらせる役が欠かせない。今回のようなデッキでも、対戦相手を少し消耗させた後はゲームを終わらせる必要がある。それから、序盤の守りもより早く固めたいところだろう。ありふれている答ではあるが、そこでうってつけなのが《タルモゴイフ》だ。

136142

 勝ち手段を増やす方針を取りたくないとか、もっと手に入りやすいカードでデッキを組みたい場合、強制はしない。ただ、可能な限り今回のデッキを強化するなら、私は《タルモゴイフ》に期待を込めたい。手札破壊を用いる今回のデッキでは《タルモゴイフ》のサイズを上げる手段はたくさんあり、ゲームのどの段階で引いても活躍してくれる。フェッチ・ランドがあれば、《タルモゴイフ》を安定して運用するための緑マナを確保するのも難しいことじゃないだろう。

 さてフェッチ・ランドを含むマナ基盤の話が出たところで、トラヴィスのリストには入っていない注目すべきカードをもうひとつ取り挙げよう。《死儀礼のシャーマン》だ。《悪夢の織り手、アショク》のような3マナ域のカードが1ターン早く使えるというのは極めて強力だし、序盤の展開が早くなるだけでも十分だ。さらに、他のふたつの能力も今回のデッキとうまく噛み合っている――緑マナを使う方は《闇の腹心》や《思考囲い》で失うライフをわずかながら補充してくれて、黒マナを使う方はゲームを終わらせるのに一役買ってくれるのだ。改めて言っておこう。《タルモゴイフ》と《死儀礼のシャーマン》の4枚採用はいたってありふれていて、あまり興味を惹かないかもしれない。それでも私は、今回のデッキを最適なものにするなら通るべき道であると考えているよ。

370413

 《闇の腹心》は、今まで私が使ってきた中でもお気に入りの1枚だ。こいつが素晴らしいカードである理由を、いまさら君たちに売り込む必要はないだろう。(とりわけ今回のデッキは低マナ域に寄っていて、また対戦相手を消耗させ続けるのにカードはできるだけ多く持っていたいから、《闇の腹心》がぴったりだ)。ここでわざわざ《闇の腹心》の魅力を語るくらいなら、とってもキュートなアヒルの子どもたちの写真を置いておくことにするよ。

写真提供:ブラッド・シングレイ/Brad Singley

コジレックの審問
375126

 これらの手札破壊呪文は、今回のデッキの大きな核だ。モダンには強力な動きがたくさんあり、ゲーム序盤に1マナでそれらを阻止できる(その後《瞬唱の魔道士》で再利用もできる)というのは強烈だ。

 手札破壊を多く採用すると、毎ゲーム序盤に1枚は引けて(また複数枚引けることも多々あり)対戦相手の動きを遅らせることができる、という利点がある。一方で欠点もあり、「手札破壊」であるこれらをゲーム後半に引いても、手札のない対戦相手に対しては無駄になってしまう。

 そういったことを考えた上で、それでも手札破壊呪文は多めに採用すべき必要不可欠なカードである、と私は思う。私が今回のデッキに採用したい枚数は、全部で7枚だ。《コジレックの審問》と《思考囲い》のうち、《コジレックの審問》を4枚残すことにしよう。《コジレックの審問》でも《思考囲い》と同じ役目は果たせるし、わずかでもライフの損失は抑えたい。

 それから、私は《ヴェールのリリアナ》も追加しようと考えている。モダンにおける彼女はあまりに強力で、今回のようなデッキへの採用を避けては通れない。皮肉なことに、彼女は引き過ぎた手札破壊呪文の新たな利用法をもたらしてくれる。彼女の能力で別のカードを捨てるくらいなら、無駄になった手札破壊を捨ててやればいいのだ。モダン環境は、単体でも脅威となるカードで溢れている。《ヴェールのリリアナ》は脅威となるクリーチャーを除去しつつ、対戦相手の手札も攻めることができる。3枚採用でいこう。

差し戻し
マナ漏出

「私ガヴィンが大会で使うのが大好きなカードたち」というテーマで話を続けよう。《差し戻し》と《マナ漏出》の2枚は、モダンのデッキにぴったりと噛み合う夢のような打ち消し呪文だ。コストが小さく効果は大きいこれら2枚は、この上ない採用候補と言えるだろう。

 ところが、これら2枚を両方とも使いたくなるようなデッキは確かにあるものの、今回はそれに当てはまらない。今回のデッキには脅威を摘み取る手札破壊が大量に入っていて、さらに《ヴェールのリリアナ》があるため、手札いっぱいに打ち消し呪文を構えてもまるで魅力がないのだ。加えて、《ヴェールのリリアナ》と《悪夢の織り手、アショク》を有する今回のデッキは、3マナ揃うとタップ・アウトになる場合がかなり多い。さて問題は、《差し戻し》と《マナ漏出》のどちらを採用すべきかだ。

 《差し戻し》は手札破壊呪文や《ヴェールのリリアナ》と良く噛み合っていて、対戦相手のカードを手札へ戻してそれを手札破壊で抜き去る、という動きができる。しかしながら、モダンで使われるカードの多くはコストが小さく、《差し戻し》されても特に苦労なく唱え直すことができるだろう――《差し戻し》したそのターンに唱え直されることも多々あるはずだ。その点《マナ漏出》は、安定感があると言える。他に大きな利点はないが欠点もなく、打ち消したいものを打ち消してくれるだろう。

 とはいえ今回のデッキは《瞬唱の魔道士》を採用しているため、私としては何種類かの呪文を混ぜ合わせる方が好みだ。1種類の打ち消し呪文を2枚引くよりも、2種類の打ち消し呪文を1枚ずつ引いて、《瞬唱の魔道士》の汎用性を高めたい。今回のデッキでは《差し戻し》と《マナ漏出》を2枚ずつに散らし、デッキに2マナの打ち消し呪文を4枚残しつつもその内容に幅を持たせることにしよう。

 心に留めておくべき大切な教訓をひとつ。「デッキにカードを入れるということは、何か他のカードを抜くということだ」。ゲーム中に指を鳴らすだけで手札に《血清の幻視》が現れるというなら私もそうするけれど、他のカードを差し置いて《血清の幻視》をデッキに入れるということはつまり、私たちはゲーム中他のカードを差し置いて《血清の幻視》を引いている、ということなのだ。

 《血清の幻視》はカードを1枚持ってきてくれるものの、それは大した問題にならない。序盤にマナの余裕がないなら、ゲームに与える影響を見据えてプランを立てたいところだ――今回のデッキには1マナ域に手札破壊呪文、2マナ域にクリーチャーと打ち消し呪文、そして3マナ域にはプレインズウォーカーがあり、このマナ・カーブに《血清の幻視》が入り込む余地はないのだ。

悪夢の織り手、アショク

 テーロス・ブロックの新カード《悪夢の織り手、アショク》は、今回のデッキの中でも私が特に興味を惹かれているものだ。その理由ははじめに述べた通り――モダンの優良クリーチャーはコストが小さく、《悪夢の織り手、アショク》が消耗戦で輝くからだ。それから《死儀礼のシャーマン》を追加したことで、《悪夢の織り手、アショク》は2ターン目に戦場へ降り立ち、素早く機能しだすのだ!

 狙い通りにいけば、対戦相手にとって《悪夢の織り手、アショク》はまさに悪夢そのものになるだろう。そしてこちら側にとっては……そう、まさに夢見心地といったところだ。《悪夢の織り手、アショク》の採用は、2枚に留まる可能性が高いかもしれない。それでも私は3枚から始めて、その働きぶりを確認しようと思う。その後で2枚に減らすのを検討することにしよう。もし《悪夢の織り手、アショク》がまったく活躍できなかったら、代わりに《ヴェンディリオン三人衆》の採用を検討するといい。

黒の太陽の頂点

 盤面がたびたび1体のクリーチャーで制圧されるフォーマットにおいては、全体除去より単体除去の方が重宝される。(《ヴェールのリリアナ》が強いのはこのためだ)。親和(ロボッツ)や《出産の殻》など、膨大な数のクリーチャーを吐き出すデッキは確かにあるものの、それでも「次の二振りでゲームが終わっちまうぞ」と脅しをかけるパワー5の《タルモゴイフ》と向き合うことの方が多いだろう。

 《黒の太陽の頂点》は《タルモゴイフ》のような脅威の除去には向いておらず、また《闇の腹心》のようなカードと共に使うには、自分で自分のクリーチャーを流してしまう危険があり、どうにもシナジーが見出せない。さらにクリーチャーを追加した今となっては、《黒の太陽の頂点》の魅力は薄れている。

 私は今回のデッキを目にしたときから、このデッキには単体除去が欲しいと考えていた。幸いにも、良質な除去の選択肢に困ることはない。合わせて4枚の単体除去を取ることにしよう。(そこに《ヴェールのリリアナ》も加わるぞ)。さて、私は《瞬唱の魔道士》の汎用性を高めるために《差し戻し》と《マナ漏出》を2枚ずつに散らしたが、ここでも同じことをしようと思う――用途の近い除去呪文を散らして、《瞬唱の魔道士》の汎用性を高めよう。(まるで効果がない除去を2枚引き込みたくない、という理由もある)。

 まず採用したいのが、《突然の衰微》だ。こいつは、今回のようなデッキが対処したいコストの小さな序盤の脅威を、ことごとく除去してくれる。それから、《頭蓋囲い》のようなカードに対してゲームを変えるほどの解答にもなる。2枚投入しよう。

 そこに合わせて添えたいのが、《喉首狙い》2枚だ。こいつも素晴らしい単体除去で、《突然の衰微》とはちょっと違った角度から活躍してくれるだろう。

 さあ、デッキはどんな風になるだろう? すべての変更を受けると、以下のようになるぞ。

ガヴィン・ヴァーヘイの「モダンの見る悪夢」

Download Arena Decklist

 今回のデッキが取れる別の方針を模索するなら、よりコントロールに寄せた形を検討するといいだろう。《謎めいた命令》は今回のデッキには重すぎるし、また《闇の腹心》を運用するために点数で見たマナ・コストやマナ・カーブを低く抑える、という狙いには合わないと私は考えた。それでも、《謎めいた命令》を使える形はきっとあるはずだ。

 《ヴェンディリオン三人衆》を用いたアグレッシブな形もあると思う。それから、プレインズウォーカーを抜いてクリーチャーを減らすことで、今回のようなデッキを骨子とした黒青緑《秘密を掘り下げる者》デッキも作れるだろう。

秘密を掘り下げる者謎めいた命令

 君たちがどんな形を選ぶにしても、楽しんでくれたら幸いだ。モダンを堪能しよう!

惜しくも選ばれなかったデッキたち

 今週送られてきたモダンのデッキには、他にどんな楽しいものがあっただろう? 見てみよう!

クォールの「エレメンテーション」

Download Arena Decklist

マット・ジョンソンの「死への信心」

Download Arena Decklist

ダーシー・ケロックの「ボロス人間」

Download Arena Decklist

トニー・ユーセフの「モダンなモーギスの匪賊」

Download Arena Decklist

ファン・モリナレスの「ヘイト・ライオン」

Download Arena Decklist

エディ・テイラーの「エンチャントレス」

Download Arena Decklist

ニックの「バント試練」

Download Arena Decklist

アンツの「緑『単』ビート」

Download Arena Decklist

ケイブの「バザールでの事件」

Download Arena Decklist

ゲイブ・ウィルスンの「(ほぼ)黒単ミッドレンジ」

Download Arena Decklist

サイモン・ハリスの「白鳥からの生命」

Download Arena Decklist

グレッグ・マーコヴィッツの「白単コントロール」

Download Arena Decklist


(以下のデッキ募集部分は、原文・本日(10月29日)掲載分の記事から抜粋・収録しております。 この節の文責・編集 Yoshikawa)

 さて、スタンダードに目を戻そう。2週間後(翻訳掲載は4週間後)は「怪物化」ウィークだ――ということは、怪物的になる時だ!

フォーマット:スタンダード
デッキの制限:「怪物化」を持つクリーチャーを1枚以上含むこと。
締め切り:11月5日(火)午前11時(日本時間)

 すべてのデッキリストを英語で、こちらのリンク先のフォームからメールでお送りください。デッキリストの提出時には、以下のようなフォーマットで入力してください。(必ずしも下記のような枚数通りのものでなくてもかまいません。あくまで一般的にデッキリスト記入のレイアウトを示すものです。)

あなたのローマ字氏名+'s+デッキ名(英語)
Commander(フォーマット)
20 Land(土地カード 枚数とカード名・英語で)
20 Land
4 Creature(クリーチャー・カード 枚数とカード名・英語で)
4 Creature
4 Other Spell(その他の呪文カード 枚数とカード名・英語で)
4 Other Spell
4 Planeswalker(プレインズウォーカー・カード 枚数とカード名・英語で)

 怪物たちを使って、どんなことを思いつくだろう? 皆さんの成果を見ていこう! (ただ単にジャンド・デッキやその類を送ることのないように――もう十分に見てきたからね!)

 それまで、この記事へのフィードバックをぜひ聞いてみたい! 私へのツイートやフォーラムへの投稿でぜひ教えてほしい。

 また来週お会いしよう!

Gavin / @GavinVerhey


( Tr. Tetsuya Yabuki / TSV testing)

最新Reconstructed記事

RECONSTRUCTED

2016年 1月 18日

コジレックの帰還 by, Gavin Verhey

 コジレックの再登場は実に衝撃的なものだった。  ゼンディカー全土が救われると思われたそのとき、大地が鳴動し、地の底で眠る怪物が目覚めた――コジレックが再び地表へと姿を現した。  プレインズウォーカーたちが恐れていた最悪の事態が、現実のものとなったのだ。  君たちももう、コジレックの姿をその目で見たことだろう。その血族や彼のもたらした荒廃、そして無色マナを扱う様々なものを...

記事を読む

RECONSTRUCTED

2016年 1月 11日

ジョリーといっしょ by, Gavin Verhey

 『ゲートウォッチの誓い』プレビューにようこそ!  このセットでは、すごい試みがいくつも行われている。いくつか例を挙げると、キーワード能力の支援や怒濤もそうだし、それから、もちろん、無色マナ・シンボルもそうだ。私は『ゲートウォッチの誓い』のデベロップ・チームに参加していたので、それらがいかに作り上げられたかを思い出すと恍惚としてしまうよ。  とは言え、私たちはこのセッ...

記事を読む

記事

記事

Reconstructed Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る