「ReConstructed」9月29日掲載分のデッキ募集内容とお知らせ

更新日 Reconstructed on 2015年 9月 30日

By Gavin Verhey

When Gavin Verhey was eleven, he dreamt of a job making Magic cards—and now as a Magic designer, he's living his dream! Gavin has been writing about Magic since 2005.

編訳より

 9月29日(現地時間)に掲載の本記事のうち、デッキ募集の部分を抜粋してお伝えいたします。本文の日本語訳は10月13日(日本時間)に掲載いたします。

 また、筆者より掲載日についてのお知らせがありますので、日本語版の掲載予定と合わせてお届けいたします。

ゼンディカーvsエルドラージ

 さて、君たちがプロツアーまでの間どんな素晴らしいデッキを作り上げていくのか、私は楽しみで仕方がない。2週間後、私たちは「ゼンディカーvsエルドラージ」ウィークを迎えることになる――そこでは、それぞれの陣営のデッキを見ていくことにしよう。そこで今週のお題だが、ゼンディカー側かエルドラージ側どちらかの陣営を選んで、その陣営を代表するような渾身の一作を送ってほしい!

フォーマット:スタンダード

デッキの制限:「ゼンディカー」あるいは「エルドラージ」をテーマにしたものであること。

締め切り:10月6日(水) 午前10時(日本時間)

投稿方法・投稿先reconstructeddecks@gmail.com 宛にメールにて。

 デッキリストは、最初の行に「お名前(ローマ字)+'s+デッキ名(英語)」、それに続いて各行に1種類のカードを、「枚数(半角数字)」+「半角スペース」+「カード名(英語)」の形式で、以下のように入力していただきたい。

12 Mountain
4 Makindi Sliderunner
3 Valakut Predator
4 Wild Slash

 カードの枚数と名前の区切りには半角スペース以外のものを使わないでほしい――「4x Lightning Bolt」などのように。整った書式のデッキリストは、読みやすく、このコラムに取り上げやすくなる。書式が崩れたリストはおそらく受け付けられないだろう。(デッキリストを読めないことには、それについて語ることもできない!)

 「ゼンディカー」あるいは「エルドラージ」をテーマにする、とはどういう意味だろう? それは君たちの解釈次第だ! そしてもちろん複数のデッキを送ってくれても構わないから、両方の陣営で腕を振るうことだってできるぞ。君たちの全力に期待しているよ!

 おっと全力と言えば、この「ReConstructed」について、私からみんなに「全力で」伝えたいとても大事な(そしてとてもエキサイティングな!)お知らせがあるんだ。

 2012年3月に慎ましく産声をあげて以来、このコラムは毎週火曜日に掲載されてきた。きっと君たちは訓練のすえに、毎週火曜日はコンピューターの前に張り付き「ReConstructed」を楽しむ、という習慣をしっかりと身につけたことだろう。だがその習慣は変えることになる――「ReConstructed」の掲載は月曜日に移動するのだ!

 そうともその通り。掲載日変更後は「ReConstructed」を1日早く読めるようになり、マーク・ローズウォーター/Mark Rosewaterの記事と一緒に楽しめるようになるぞ(編訳注:原文基準。日本語版の掲載予定は後述します)。もちろん、これまで通り火曜日に読んでもいいだろう(習慣を急に変えるのは難しいからね!)。その場合は、1日前の記事を探すようにしてくれ。

 ぜひ今回のデッキ募集にこぞって参加して、月曜日に移動する「ReConstructed」のスタートをみんなの構築したデッキで華々しく彩ってほしい! それまで、何か意見や感想があれば、私へツイートを送ったり、Tumblrで質問したりしてくれ。

 それじゃあまた今度!

Gavin / @GavinVerhey / GavInsight

日本語版の掲載予定

 今回の掲載曜日変更に伴い、日本語版の掲載予定日を以下のように変更させていただきます。

原文掲載日 日本語版掲載日
9月22日(火) 10月6日(火)
9月29日(火) 10月13日(火)
10月5日(月) 10月19日(月)
以降、毎週月曜日深夜 2週間後の毎週月曜日夕方

(Tr. Tetsuya Yabuki)

最新Reconstructed記事

RECONSTRUCTED

2016年 1月 18日

コジレックの帰還 by, Gavin Verhey

 コジレックの再登場は実に衝撃的なものだった。  ゼンディカー全土が救われると思われたそのとき、大地が鳴動し、地の底で眠る怪物が目覚めた――コジレックが再び地表へと姿を現した。  プレインズウォーカーたちが恐れていた最悪の事態が、現実のものとなったのだ。  君たちももう、コジレックの姿をその目で見たことだろう。その血族や彼のもたらした荒廃、そして無色マナを扱う様々なものを...

記事を読む

RECONSTRUCTED

2016年 1月 11日

ジョリーといっしょ by, Gavin Verhey

 『ゲートウォッチの誓い』プレビューにようこそ!  このセットでは、すごい試みがいくつも行われている。いくつか例を挙げると、キーワード能力の支援や怒濤もそうだし、それから、もちろん、無色マナ・シンボルもそうだ。私は『ゲートウォッチの誓い』のデベロップ・チームに参加していたので、それらがいかに作り上げられたかを思い出すと恍惚としてしまうよ。  とは言え、私たちはこのセッ...

記事を読む

記事

記事

Reconstructed Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る