『ギルド門侵犯』予告ムービー登場!&プロツアー「オンライン」予選

更新日 Serious Fun on 2013年 1月 9日

By 鍛冶友浩

 こんにちは、鍛冶です。

 皆さん、あけましておめでとうございます! 楽しい年末年始は過ごせましたか?

 僕は案の定ホリデー・キューブにどっぷりハマってしまい、気が付けばあっという間に時間は過ぎてしまいましたが、今ではキューブ中毒者が現実に戻るために、期間限定にしたのは逆に良かったのだ思い直せるほどには回復しました!

 期間中にはあの「ジョニー・マジック」ことJon Finkelと対戦できたりと、非常に良い経験もできました。

 結果は、2ターン目アップキープの《吸血の教示者》、《Black lotus》と《暗黒の儀式》からの《ヨーグモスの意志》、《精神の願望》で《苦悶の触手》が公開されGGでしたけど!(完璧!)

 そんな僕のようなタイプの人には悲報ですが、 最新の翻訳記事「ディレクターズ・チェアより:2012年版」に、

私たちは常にオンライン・キューブの体験を微調整する方法を判断していますが(カードリストと賞品の構造の両方で)、来年も《チャネル》で《無限に廻るもの、ウラモグ》や《荒廃鋼の巨像》を《修繕》して沢山出せることは保障いたします。

 と書いてあるではないですか!

 気が早いですが、もう年末の予定は埋まってしまったようですね。

 おっと、今年もよろしくお願いしますね!

ギルド門侵犯 続々登場!

 日本とは違い三が日のお休みがない公式グローバルサイトでは、年末から引き続き『ギルド門侵犯』のプレビューが公開されていますが、先日、映画の予告編(日本語字幕付きです!)のようなトレーラームービーも公開されましたね。

 

 カードに使われるイラストが動いているように見えるこの映像は、いったいどうやって作っているのでしょう!?

 そして映像の中では、なんだかディミーアが悪さをしようとしていますが、これからどんなストーリーが展開されていくのでしょうか。

 新キーワード能力として公開された「暗号」も今後深く関わってくるようですが、果たして・・・。

/
/

 また「暗号」と言えば、「10の門カードのフレイバーテキストに実は隠された情報がある」という話も一部で話題に上がっているようです。

/
/

 なんだか《火想者ニヴ=ミゼット》の数式を思い出してしまいました。(興味があればこちらも!:「水源、ニヴ=ミゼット」)

 こういう遊び心もラヴニカから引き継いでいたんですね。

 プレリリースまで3週間を切った『ギルド門侵犯』、期待が高まります!

 『ギルド門侵犯』特設ページ

マジック・オンライン プロツアー「ドラゴンの迷路」予選 (略してMOPTQDGM?)

 年末より新たに始まったマジック・オンラインのプロツアー予選。基本はモダン環境で争われます。

 国内でもグランプリ・横浜で大盛況だったモダンですが、面白い変化がみられました。

 トーナメント・プレイに必須と思われていた《神聖なる泉》ら土地の再録が影響してか、競技人口が増え、

HippoxDragon (4-0)

Download Arena Decklist
 
林間隠れの斥候
ハイエナの陰影

 のような、白緑のエンチャントをひたすらくっつけるアーキタイプまで登場!

 ジャンド一強と言われたりもしますが、カードプールの広さから奇想天外な構築で成功する例もあります。他にも、

Shalomas (4-0)

Download Arena Decklist
ソーサリー (6)
3 火柱 3 ミジウムの迫撃砲
インスタント (5)
4 灼熱の槍 1 究極の価格
アーティファクト (3)
3 ラクドスの魔鍵
60 カード
 

 のように、一瞬モダンのデッキリストなのかわからないデッキまでがデイリーイベントで全勝を記録しました。

 自分も一瞬、目を疑ったのですが、これは紛れも無い事実で、現行スタンダードのデッキでもモダン・トーナメントに通用することの証明でもあります。

 第68回:『ギルド門侵犯』最新ニュースとMOCS2013詳細情報!でもお伝えしましたが、MOCSの第一期プロモーション・カードの《Force of Will》もありますので、これを機にオンライン・モダンに挑戦してみては!?

 カードの整理も収集も、紙のカードとは比べ物にならないほど簡単ですよ!

 それではまた来週!

 

☆今週のイベント・インフォメーション!

MO Logo

 Magic Onlineの最新情報・イベント結果・デッキリストがわかる公式情報ページはこちら!(リンク先は英語)

 What's Happening?

 ※以下の時刻はすべて日本時間です。

マジック・オンライン プロツアー予選:ドラゴンの迷路

DGM Logo

 5月17-19日に開催されるプロツアー「ドラゴンの迷路」。招待権を懸けた予選は、自宅からも参加できます!

 マジック・オンラインでは、2012年12月24日から2013年3月18日までの期間に16回の予選が開催されます。形式はモダン、もしくはシールド・デッキです。スケジュールとイベントのルールの詳細は、以下をご覧ください。

開催スケジュール・フォーマット
開催日 開始時刻 フォーマット
1月12日(土) AM 9:00 モダン
1月14日(月) AM 4:00 モダン
1月20日(日) AM 4:00 モダン
1月21日(月) AM 0:00 ラヴニカへの回帰・シールド
1月27日(日) AM 4:00 ラヴニカへの回帰・シールド
1月28日(月) AM 0:00 モダン
2月4日(月) AM 0:00 モダン
3月10日(日) AM 0:00 モダン
3月11日(月) AM 3:00 モダン
3月16日(土) AM 9:00 モダン
3月18日(月) AM 3:00 ギルド門侵犯・シールド
 

開始時間・フォーマット: 上記スケジュールをご参照ください。
開催場所: 「Scheduled Events room」
参加費: 30チケット
プロダクト: マジック・オンラインから必要なブースターパック6個が提供されます。(シールド・デッキの場合)
参加人数: 最小33人~最大1024人
イベント時間: 各イベントでは参加者数に応じた回戦数のスイスラウンド、各ラウンド50分で行われます。Top8では、シングルエリミネーション3回戦が行われます。(シールド・デッキのイベントでは、ブースタードラフトとデッキ構築の後シングルエリミネーション3回戦が行われます。)
賞品: トーナメントの最終順位に基づいて配布されます。ブースターパックとコンプリートセットの種類は、そのイベントの時点でMagic Onlineで利用可能なマジック:ザ・ギャザリングのセットからウィザーズ・オブ・ザ・コースト社によって選ばれたものになります。

順位 賞品 QP
優勝 プロツアー「ドラゴンの迷路」の参加権利
プロツアー「ドラゴンの迷路」 チャレンジの招待
コンプリートセット Foil版 1セット
ブースターパック 54個
6
準優勝 コンプリートセット 通常版 1セット
ブースターパック 54個
5
3,4位 ブースターパック 54個 4
5-8位 ブースターパック 36個 3
9-16位 ブースターパック 24個 0
17-32位 ブースターパック 12個 0
33-64位 ブースターパック 6個 0
65-128位 ブースターパック 3個 0
129-256位 ブースターパック 1個 0
 

補足:「Magic Online Championship Series(MOCS)」の「Qualifier Points (QP、予選ポイント) 」は、MOCSのシーズン中にのみ贈られます。

プロツアー予選への参加資格プロツアー予選がクラッシュしてしまった場合についてプロツアー「ドラゴンの迷路」 チャレンジ

 以上につきましては、第67回の記事をご参照ください。

 さらに詳しい情報につきましては、英語記事「Magic Online Pro Tour Gatecrash Qualifiers」をご覧ください。

 

2013 Magic Online Championship Series(MOCS) - シーズン 1

 日々のトーナメントの積み重ねから、年間を通してチャンピオンを目指すMagic Online Championship Series(MOCS)。2013年の戦いは、すでに始まっています!

MOCS-QP-01

QP獲得期間:12/26~1/23(ダウンタイムまで)
プロモカード:Force of Will》(新イラスト)
プレリミナリおよびチャンピオンシップの形式:レガシー
プレリミナリ 開催日時:1/26(土) AM 11:00、PM 11:00 1/26(日) AM 5:00、AM 11:00
チャンピオンシップ 開催日時:2/3(日) AM 0:00

 

2013 MOCS 「Season Preliminaries」(シーズン・プレリミナリ、前哨戦)

開始時間: 2013 Magic Online Championship Seriesのスケジュールにしたがって開催します。
開催場所: 「Scheduled Events room」
参加費: そのシーズンの 15 Qualifier Point(QP)
プロダクト: 構築戦の場合、プレイヤーは適切なフォーマットで使用可能なデッキを用意する必要があります。リミテッドの場合、マジック・オンラインから必要なファントム・プロダクトが提供されます(ブースタードラフト、もしくはシールド・デッキ)。
参加人数: 最小33人~最大1024人
イベント時間: スイスラウンド6回戦、各ラウンド50分で行われます。
賞品: 勝ち点に基づいて配布されます。各マッチの勝ち点を3点とし、負けは0点とします。

勝ち点 賞品
18 35 Qualifier Point(QP)
そのシーズンのプロモカード Foil版 1枚
15 35 Qualifier Point(QP)
そのシーズンのプロモカード 通常版 1枚
12 そのシーズンのプロモカード 通常版 1枚
 

注意事項:リミテッド戦のイベントはファントム・プロダクトを用いて行われます。そのイベントで使われたカードは、イベント終了後にプレイヤーのコレクションに加わりません。

2013 MOCS 「Season Finals」(シーズン・ファイナル)

開始時間: 2013 Magic Online Championship Seriesのスケジュールにしたがって開催します。
参加費: そのシーズンの 35 Qualifier Point(QP)
プロダクト: 構築戦の場合、プレイヤーは適切なフォーマットで使用可能なデッキを用意する必要があります。リミテッドの場合、マジック・オンラインから必要なファントム・プロダクトが提供されます(ブースタードラフト、もしくはシールド・デッキ)。
参加人数: 最小33人~最大1024人
イベント時間: 各イベントでは参加者数に応じた回戦数のスイスラウンド、各ラウンド50分で行われます。Top8では、シングルエリミネーション3回戦が行われます。(シールド・デッキのイベントでは、ブースタードラフトとデッキ構築の後シングルエリミネーション3回戦が行われます。)
賞品: トーナメントの最終順位に基づいて配布されます。ブースターパックとコンプリートセットの種類は、そのイベントの時点でMagic Onlineで利用可能なマジック:ザ・ギャザリングのセットからウィザーズ・オブ・ザ・コースト社によって選ばれたものになります。

順位 賞品
優勝 「2013 MTGO Championship」の参加権利
コンプリートセット Foil版 1セット
ブースターパック 54個
準優勝 コンプリートセット 通常版 1セット
ブースターパック 54個
3,4位 ブースターパック 54個
5-8位 ブースターパック 36個
9-16位 ブースターパック 24個
17-32位 ブースターパック 12個
33-64位 ブースターパック 6個
65-128位 ブースターパック 3個
129-256位 ブースターパック 1個
 

追加の賞品: トップ64に入賞したプレイヤーには、さらにそのシーズンのプロモカード Foil版1枚が授与されます。

注意事項:リミテッド戦のイベントはファントム・プロダクトを用いて行われます。そのイベントで使われたカードは、イベント終了後にプレイヤーのコレクションに加わりません。

「Season Finals」の優勝者が「2013 Magic Online Championship」への参加権利がない場合、またはすでに「Season Finals」を優勝して「2013 Magic Online Championship」への招待を得ている場合、招待は資格を持つ中で最上位のプレイヤーに繰り下がります。その他の賞品は繰り下がりません。

「Season Finals」の優勝者は、個人情報の照会のため、1週間以内にE-mailで連絡を受けます。

「Season Finals」の優勝者で、1週間以内にWizards of the Coastからの連絡がない場合、「2013 Magic Online Championship」の詳細の連絡と個人情報の照会のため、 robert.schuster@wizards.com までご連絡くださいますようお願いいたします。

 ※MOCSのトーナメント構造、QPの獲得方法、など詳しい情報、および現時点で最新の情報は、英語記事「2013 Magic Online Championship Series」をご参照ください。

参加人数によるラウンド数

参加人数 ラウンド数
8 3
9-16 4
17-32 5
33-64 6
65-128 7
129-226 8
227-409 9
410人以上 10

最新Serious Fun記事

SERIOUS FUN

2016年 1月 5日

面晶体の連結 by, Bruce Richard

 ここで担当するプレビュー・カードと最初に出会ったとき、僕は思わず頭を抱えてしまったよ。そいつはあまりに何でもできすぎて、その真価を見出すのに本当に苦労した。まさに「木を隠すなら森の中」だね。僕はそのカードを細かく分析するまで、その素晴らしさに気づけなかった。そいつは僕たちの中の「スパイク」的な部分にも「ジョニー」的な部分にも訴えかける1枚なんだ。  それじゃあ早速…… ...

記事を読む

SERIOUS FUN

2015年 6月 30日

マナ加速? いや、超加速だ! by, Bruce Richard

 マナって悩ましいものだよね。どれくらいあれば十分なんだろう? 多すぎるってこともあるんだろうか? こういった疑問の答えは使うデッキによるものだけど、僕にもだんだん答えがわかってきたよ。  タイタンや始原体、ドラゴン、そしてエルドラージを見回すと、僕はいつもマナがもっと欲しくなる。コストの軽いカードだって、能力を複数回起動するには多くのマナが必要だ。単純にデッキの土地の...

記事を読む

記事

記事

Serious Fun Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る