『ドラゴンの迷路』プレビュー、始まる!

更新日 Serious Fun on 2013年 4月 9日

By 鍛冶友浩

 こんにちは、鍛冶です。

 PCサイトからこのページに来られた方は既にお気づきかもしれませんが、このmtg-jp.comのトップページが、『ギルド門侵犯』のイメージカラーである赤から、『ドラゴンの迷路』のイメージである黄色へとリニューアルされました。
 ということは、そう、ついにカウントダウンが始まったのです!

『ドラゴンの迷路』 特設ページがオープン!

/

 『ドラゴンの迷路』 特設ページ

 新セットの発売が近づくと必ず開かれる特設ページには情報が盛りだくさん。

 マジックプレイヤーたるもの、新しいセットのカードは1分、1秒でも早く見たいというのは当然のこと。
 そんな願いを叶えてくれる、『ドラゴンの迷路』 カードギャラリーはこちらから!

 『ドラゴンの迷路』 カードギャラリー

 スマホユーザーの方は、こちらを直接ブックマークするのもありですね!
 ちなみに、英語版ページが表示される方は、ページ右下の「Select Language/Country」より日本語を選択すれば日本語版カードギャラリーに切り替えが可能です。

/

 まだまだ公開されているカードは少ないですが、『ドラゴンの迷路』のメカニズムにて「融合を持つ分割カード」が発表されているように、新しいキーワード能力もお目見えして、新セットへの期待は大きくなるばかりですね。

/

 こちらで紹介されたラクドスな〈労苦+苦難〉だけでなく、公式グローバルサイトの記事『Fusing Passion and Purpose』(近日翻訳予定)では、〈唯々+諾々〉というシミック+アゾリウスな「融合を持つ分割カード」も公開されています。

/

 ラクドスの1ギルドだけのものはアンコモン、シミック+アゾリウスの2ギルドのカードはレアとなっていますが、これはもしやサイクルになっているのか!?
 そうなると、全部で20枚の「融合を持つ分割カード」が存在する可能性すらありますね!

 また、記事『A Little Weird』では、イゼットからの挑戦者である〈イゼットの模範、メーレク〉が発表になっています。

/

 ライブラリーから直接インスタント、ソーサリー呪文を唱えられるなんて、まるで《未来予知》のようです。
 《墓掘りの檻》がこのカードに対して効果的だということにすぐに気づく人は少ないかもしれませんが、〈イゼットの模範、メーレク〉が流行すれば墓地利用デッキが影響を受けるかもしれない……なんて、やはり新しいカードの登場は今までのカードの見方を変えてくれる良い刺激になります!

 そしてついに登場した〈ラル・ザレック〉、彼は《復讐のアジャニ》を思い出させる強力な能力を持ったプレインズウォーカーでした! (参照:記事『A Maze-ing Grace, Part 1』、近日翻訳予定)

/

 出したターンに自分の土地をアンタップでき、クリーチャーへ3ダメージ与える選択肢もあるので、比較的破壊されにくいといえるのではないでしょうか。
『ドラゴンの迷路』はまだ出揃っていませんが、個人的には次のプロツアーで採用されている種目の「ラヴニカへの回帰・ブロック構築」で早速相当な枚数が活躍するのではと感じました。
 果たして活躍の場を見つけることができるのでしょうか?

 プレビューはこれからが本番です。
 先行プレビューカードも日本語サイトでこれから発表されていきますので、お楽しみに!

開発部に挑戦!

 Magic Onlineならではの企画が「What's Happening?」で発表されました。

 Introducing the R&D Challenge!

 マジック開発部の10人、Mark Globus, Erik Lauer, Tom LaPille, Ryan Spainらと戦うチャンスだそうです!
 QPは配られないようですが、カジュアルな感じのするスイス式5回戦のイベントのようです。日本時間では少し厳しい時間ですが、貴重な機会になりそうですね。

開始時間: 4月13日(土)AM 4:00(日本時間)
開催場所: 「Scheduled Events room」
参加費: 10チケット
プロダクト: スタンダードのデッキを用意する必要があります。
参加人数: 最小32人~最大256人
イベント時間: スイス式5回戦。
賞品: 勝ち点に基づいて配布されます。各マッチの勝ち点を3点とし、負けは0点とします。

勝ち点賞品
15『ラヴニカへの回帰』ブースターパック 18個
12『ラヴニカへの回帰』ブースターパック 9個
9『ラヴニカへの回帰』ブースターパック 5個

 それではまた来週!


☆今週のイベント・インフォメーション!

MO Logo

 Magic Onlineの最新情報・イベント結果・デッキリストがわかる公式情報ページはこちら!(リンク先は英語)
 What's Happening?

 ※以下の時刻はすべて日本時間です。

マジック・オンライン プロツアー予選:「テーロス」

 10月11-13日にアイルランド・ダブリンにて開催されるプロツアー「テーロス」。招待権を懸けた予選は、自宅からも参加できます!

 マジック・オンラインでは、2013年3月24日から8月11日までの期間に16回の予選が開催されます。形式はスタンダード、もしくはシールド・デッキです。スケジュールとイベントのルールの詳細は、以下をご覧ください。

開催スケジュール・フォーマット

開催日開始時刻フォーマット
3月30日(土)AM 9:00スタンダード
4月1日(月)AM 3:00スタンダード
4月6日(土)PM 11:00「ギルド門侵犯」リミテッド
4月7日(日)PM 11:00スタンダード
4月13日(土)PM 9:00スタンダード
4月22日(月)AM 3:00スタンダード
4月29日(月)AM 3:00スタンダード
5月4日(土)PM 11:00スタンダード
6月2日(日)PM 9:00「ドラゴンの迷路」リミテッド
6月29日(土)PM 11:00スタンダード
7月4日(木)PM 11:00スタンダード
7月6日(土)PM 11:00「Modern Masters」リミテッド(※注)
7月14日(日)PM 11:00スタンダード
7月21日(日)PM 11:00スタンダード
8月11日(日)PM 11:00「マジック2014」リミテッド

開始時間・フォーマット: 上記スケジュールをご参照ください。
開催場所: 「Scheduled Events room」
参加費: 30チケット(※注)
プロダクト: 構築戦の場合、プレイヤーはフォーマットに則したデッキを用意する必要があります。リミテッドの場合、マジック・オンラインから必要なブースターパック6個が提供されます。
参加人数: 最小33人~最大1024人
イベント時間: 各イベントでは参加者数に応じた回戦数のスイスラウンド、各ラウンド50分で行われます。Top8では、シングルエリミネーション3回戦が行われます。(リミテッドのイベントでは、ブースタードラフトとデッキ構築の後シングルエリミネーション3回戦が行われます。)
賞品: トーナメントの最終順位に基づいて配布されます。ブースターパックとコンプリートセットの種類は、そのイベントの時点でマジック・オンラインで利用可能なマジック:ザ・ギャザリングのセットからウィザーズ・オブ・ザ・コースト社によって選ばれたものになります。

順位賞品QP
優勝プロツアー「テーロス」の参加権利
プロツアー「テーロス」 チャレンジの招待
コンプリートセット Foil版 1セット
ブースターパック 54個
プレインズウォーカー・ポイント 1000ポイント
6
準優勝コンプリートセット 通常版 1セット
ブースターパック 54個
5
3,4位ブースターパック 54個4
5-8位ブースターパック 36個3
9-16位ブースターパック 24個0
17-32位ブースターパック 12個0
33-64位ブースターパック 6個0
65-128位ブースターパック 3個0
129-256位ブースターパック 1個0

補足:「Magic Online Championship Series(MOCS)」の「Qualifier Points (QP、予選ポイント) 」は、MOCSのシーズン中にのみ贈られます。

※注:「Modern Masters」リミテッドのイベントは、参加費が45チケットとなります。

 プロツアー予選への参加資格、プロツアー予選がクラッシュしてしまった場合について、プロツアー「テーロス」 チャレンジなど、さらに詳しい情報につきましては、英語記事「Magic Online Pro Tour "Theros" Qualifiers」をご覧ください。

2013 Magic Online Championship Series(MOCS) - シーズン 4

 日々のトーナメントの積み重ねから、年間を通してチャンピオンを目指すMagic Online Championship Series(MOCS)、シーズン4が開催中! プロモカードは新イラストのデュアルランド、《Savannah》!

MOCS-QP-04

QP獲得期間:3/20~4/17(ダウンタイムまで)
プロモカード:Savannah》(新イラスト)
シーズン・プレリミナリおよびシーズン・ファイナルの形式:『ギルド門侵犯』シールド・デッキ
シーズン・プレリミナリ 開催日時:4/20(土) AM 10:00、PM 10:00 4/21(日) AM 4:00、AM 10:00
シーズン・ファイナル 開催日時:4/28(日) AM 11:00

シーズン・ファイナルの優勝者にはプロツアー「テーロス」への招待が与えられます。

2013 MOCS 「Season Preliminaries」(シーズン・プレリミナリ、前哨戦)

開始時間: 2013 Magic Online Championship Seriesのスケジュールにしたがって開催します。
開催場所: 「Scheduled Events room」
参加費: そのシーズンの 15 Qualifier Point(QP)
プロダクト: 構築戦の場合、プレイヤーは適切なフォーマットで使用可能なデッキを用意する必要があります。リミテッドの場合、マジック・オンラインから必要なファントム・プロダクトが提供されます(ブースタードラフト、もしくはシールド・デッキ)。
参加人数: 最小33人~最大1024人
イベント時間: スイスラウンド6回戦、各ラウンド50分で行われます。
賞品: 勝ち点に基づいて配布されます。各マッチの勝ち点を3点とし、負けは0点とします。

勝ち点賞品
1835 Qualifier Point(QP)
そのシーズンのプロモカード Foil版 1枚
1535 Qualifier Point(QP)
そのシーズンのプロモカード 通常版 1枚
12そのシーズンのプロモカード 通常版 1枚

注意事項:リミテッド戦のイベントはファントム・プロダクトを用いて行われます。そのイベントで使われたカードは、イベント終了後にプレイヤーのコレクションに加わりません。

2013 MOCS 「Season Finals」(シーズン・ファイナル)

開始時間: 2013 Magic Online Championship Seriesのスケジュールにしたがって開催します。
開催場所: 「Scheduled Events room」
参加費: そのシーズンの 35 Qualifier Point(QP)
プロダクト: 構築戦の場合、プレイヤーは適切なフォーマットで使用可能なデッキを用意する必要があります。リミテッドの場合、マジック・オンラインから必要なファントム・プロダクトが提供されます(ブースタードラフト、もしくはシールド・デッキ)。
参加人数: 最小33人~最大1024人
イベント時間: 各イベントでは参加者数に応じた回戦数のスイスラウンド、各ラウンド50分で行われます。Top8では、シングルエリミネーション3回戦が行われます。(シールド・デッキのイベントでは、ブースタードラフトとデッキ構築の後シングルエリミネーション3回戦が行われます。)
賞品: トーナメントの最終順位に基づいて配布されます。ブースターパックとコンプリートセットの種類は、そのイベントの時点でMagic Onlineで利用可能なマジック:ザ・ギャザリングのセットからウィザーズ・オブ・ザ・コースト社によって選ばれたものになります。

順位賞品
優勝「2013 MTGO Championship」の参加権利
コンプリートセット Foil版 1セット
ブースターパック 54個
準優勝コンプリートセット 通常版 1セット
ブースターパック 54個
3,4位ブースターパック 54個
5-8位ブースターパック 36個
9-16位ブースターパック 24個
17-32位ブースターパック 12個
33-64位ブースターパック 6個
65-128位ブースターパック 3個
129-256位ブースターパック 1個

追加の賞品: トップ64に入賞したプレイヤーには、さらにそのシーズンのプロモカード Foil版1枚が授与されます。

注意事項:リミテッド戦のイベントはファントム・プロダクトを用いて行われます。そのイベントで使われたカードは、イベント終了後にプレイヤーのコレクションに加わりません。

 MOCSのトーナメント構造、QPの獲得方法、「Season Finals」など詳しい情報、および現時点で最新の情報は、英語記事「2013 Magic Online Championship Series」をご参照ください。

参加人数によるラウンド数

参加人数 ラウンド数
8 3
9-16 4
17-32 5
33-64 6
65-128 7
129-226 8
227-409 9
410人以上 10

最新Serious Fun記事

SERIOUS FUN

2016年 1月 5日

面晶体の連結 by, Bruce Richard

 ここで担当するプレビュー・カードと最初に出会ったとき、僕は思わず頭を抱えてしまったよ。そいつはあまりに何でもできすぎて、その真価を見出すのに本当に苦労した。まさに「木を隠すなら森の中」だね。僕はそのカードを細かく分析するまで、その素晴らしさに気づけなかった。そいつは僕たちの中の「スパイク」的な部分にも「ジョニー」的な部分にも訴えかける1枚なんだ。  それじゃあ早速…… ...

記事を読む

SERIOUS FUN

2015年 6月 30日

マナ加速? いや、超加速だ! by, Bruce Richard

 マナって悩ましいものだよね。どれくらいあれば十分なんだろう? 多すぎるってこともあるんだろうか? こういった疑問の答えは使うデッキによるものだけど、僕にもだんだん答えがわかってきたよ。  タイタンや始原体、ドラゴン、そしてエルドラージを見回すと、僕はいつもマナがもっと欲しくなる。コストの軽いカードだって、能力を複数回起動するには多くのマナが必要だ。単純にデッキの土地の...

記事を読む

記事

記事

Serious Fun Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る