グランプリ・ボーフム優勝
Martin Juzaの『Hoof!』をリプレイ!

更新日 Serious Fun on 2012年 11月 29日

By 鍛冶友浩

 こんにちは、鍛冶です。

 早速Magic Onlineで《Black Lotus》や《Time Walk》を使うチャンスについて触れたいのですが、まずは、この週末の話題、台北で行われたグランプリから振り返ってみましょう。

グランプリ・台北

 727名のプレイヤーで争われたこのイベント、祝日のお陰で社会人プレイヤーも積極的になれたようで、日本からなんと103名もが参加していました!

 二日目の進出率も日本人がダントツで高く、優勝も2006年の世界チャンピオンでもある三原槙仁が初日全勝からそのままさらって行きました。

 Mihara Triumphant in Taipei(英語イベントカバレージ)

Mihara

 先日のプロツアーに続きこのイベントでもしっかりTop8に残っている渡辺 雄也や、香港のプレイヤーのLee Shi Tianにも注目ですよ!

今週のリプレイ!

 さて、今週のリプレイはグランプリ・ボーフムを優勝したMartin Juzaの『Hoof!』

Martin Juza

Download Arena Decklist

 第62回:グランプリ・オークランド優勝の「4色リアニメイト」をリプレイ! の時に紹介したデッキと似通ったカードが多く使用されていますが、デッキのコンセプトは全くの別物です。

未練ある魂孔蹄のビヒモス

 《未練ある魂》や、マナクリーチャーを戦場に並べ、《孔蹄のビヒモス》で一撃必殺!

ソンバーワルドの賢者堀葬の儀式

 そしてそれをマナ加速の面で支える《ソンバーワルドの賢者》に、マナコスト無視の《堀葬の儀式》という構成になっています。

 メインデッキについてはとてもシンプルな構成なので、サイドボードに注目してみましょう。

 ぱっと見て、13枚のクリーチャーに2枚の土地と、非常に違和感のある15枚ですが、これにはどういった理由が?

スラーグ牙ロクソドンの強打者

 非常にシンプルに考えれば、《スラーグ牙》は赤や黒の低マナ域クリーチャーと火力を組み合わせた構築のデッキに相性が良く、また《ロクソドンの強打者》と《魂の洞窟》はカウンター呪文に強いことはカードを読めばわかりますよね。

 《静穏の天使》も、除去の少ないクリーチャーを並べる白緑のようなデッキには《ソンバーワルドの賢者》経由で出せば、簡単に勝てるゲームもたくさんあるでしょう。

 しかし、何故この枚数配分になっているかというと、マナクリーチャーへの依存による《至高の評決》や《終末》、《忌むべき者のかがり火》ら全体除去への耐性がなさすぎることを懸念してのことだと思われます。

 2ゲーム目には《死儀礼のシャーマン》を抜き、土地(白マナ!)を足して1枚でゲームに勝てるカードをサイドボードで追加する。

 そうゲームプランを変化させることで、全く違った試合の組み立て方ができるようになるわけですね。

 では、実際にゲームを観てみましょう!

Game 1 ミラーマッチ(メインデッキ)

0:00

 初手にマナクリーチャーが揃っていて、目指せ8マナとプランは明確だ。

 《忌まわしい回収》と《追跡者の本能》でもマナクリーチャーを確保できるならば更に嬉しいのだが、墓地を肥やす行為と相手の《死儀礼のシャーマン》の相性が気になるところ。

1:49

 対戦相手の動きを観察する限り、ミラーマッチなのは明らかだ。

 だが、互いに《死儀礼のシャーマン》が出ている手前、リアニメイト戦略は難しいので、いかに早く大型クリーチャーを唱えられるかが勝負どころ。

 つまり、現時点ではこちらがマナ総量で優っている分有利ということだ。

2:40

 先に仕掛けてきた対戦相手。

 マナプールを見ていると、《死儀礼のシャーマン》で青マナを生成?

 続いて、もう1マナ生み出そうとしているが、7マナの呪文を唱えようとしているのは明らかだ。

 最悪《堀葬の儀式》で《孔蹄のビヒモス》を出されても仕方がないが、こちらも同じ土地を対象に《死儀礼のシャーマン》の能力を起動し、妨害を試みる!

2:56

 これが功を奏し、ほぼタップアウトで《孔蹄のビヒモス》を突撃させてきてくれた。

 お陰で、こちらの《死儀礼のシャーマン》のマナ生成は妨害されず、ワンショットキルが大成功!

Game 2 vs. 緑白ビートダウン(メインデッキ)

0:00

 後手でマナクリーチャーが1枚もないのは不安だが、マリガンするほどでもないような。

 迷いながらキープしたけれど、皆さんならどうしますか?

0:19

 この手札で《スレイベンの守護者、サリア》はかなりマズい!

 《東屋のエルフ》が引けたらよかったものの、ここから先はドロー次第。

1:28

 《銀刃の聖騎士》だったら投了するところだったが、《スラーグ牙》ならまだ行ける!

 《未練ある魂》でチャンプブロッカーを立てつつ、トランプルが無いことを祈ろう。


Magic Onlineに「パワー9」がついに登場!

MTGPOW_booster

 Magic Online Cube: Holiday 2012(英語記事、Magic Onlineお知らせ)

 Power, Cubed(英語記事)

 お待たせしました、ついにMagic Onlineでパワー9が解禁されます!

feat223b_small

クリックでフルサイズ表示

 Magic Onlineでもっとも中毒性のある危険なフォーマット、キューブがホリデーシーズンにあわせて帰ってくることとなったのですが、今回のカードプール(上記お知らせページ下段)を確認すると、何やら《Black Lotus》にMox各種、《Time walk》に《Ancestral Recall》の文字が!

 すべてのカードは新規イラストで、さらに《Mana Drain》や《Mind Twist》といったぶっ壊れカードも収録されています。

 開催は12月19日のダウンタイム明けから1/2のダウンタイムまでとのことですが、キューブしながら年を越す人も少なくないのでは?

 詳細はイベント・インフォメーションをご確認ください!


☆今週のイベント・インフォメーション!

MO Logo

 Magic Onlineの最新情報・イベント結果・デッキリストがわかる公式情報ページはこちら!(リンク先は英語)

 What's Happening?

 ※以下の時刻はすべて日本時間です。

カードプール一新、「パワー9」登場! Magic Online キューブドラフト

MTGPOW_booster

開催時間: 12/19(水)ダウンタイム終了後~1/2(水)ダウンタイム
開催場所: 「Limited Queues room」
参加費: 8チケット、または2チケットと10キューブチケット
プロダクト: ファントムMagic Onlineキューブ ブースターパックが3つ支給されます。 ※ピックしたカードはイベント終了時になくなります。
参加人数: 8人
イベント内容: ドラフト、及びデッキ構築とシングルエリミネーション、またはスイス式の3回戦です。
賞品について: シングルエリミネーションのイベントでは、最終順位に基づいて配布されます。

 スイス式のイベントでは、勝ち点に基づいて配布されます。各マッチの勝ち点を3点とし、負けは0点とします。

 賞品のブースターパックは12/19(水)から12/27(木)AM3:00まではウルザ・ブロックのものが、12/27(木)AM 3:00から1/2(水)のダウンタイムまではマスクス・ブロックのものが配布されます。

Magic Onlineキューブドラフト「シングルエリミネーション」
順位賞品QP
1位ブースターパック 2個、キューブチケット 12個1
2位ブースターパック 1個、キューブチケット 8個0
3-4位キューブチケット 6個0
5-8位キューブチケット 2個0

Magic Online キューブドラフト「スイス式」
勝ち点賞品QP
9キューブチケット 16個1
6キューブチケット 8個0
3キューブチケット 4個0
0キューブチケット 2個0

 キューブのカードリストなど、詳細につきましては英語記事「Magic Online Cube: Holiday 2012」をご参照ください。


ウルザ・ブロック ブースタードラフト

開催時間: 12/19(水)ダウンタイム後~12/27(木) AM 3:00
開催場所: 「Limited Queues room」
参加費: 14チケット、またはプロダクトと2チケット
プロダクト: ウルザズ・サーガ、ウルザズ・レガシー、ウルザズ・デスティニー ブースターパック各1個
参加人数: 8人
イベント内容: ドラフト、及びデッキ構築とシングルエリミネーション3回戦です。
賞品: 順位に基づいて配布されます。

順位賞品QP
1位ウルザズ・サーガ ブースターパック 2個、ウルザズ・レガシー ブースターパック 1個、ウルザズ・デスティニー ブースターパック 1個1
2位ウルザズ・サーガ ブースターパック 1個、ウルザズ・レガシー ブースターパック 1個、ウルザズ・デスティニー ブースターパック 1個0
3-4位ウルザズ・レガシー ブースターパック 1個、ウルザズ・デスティニー ブースターパック 1個0

マスクス・ブロック ブースタードラフト

開催時間: 12/27(木) AM 3:00~1/2(水) ダウンタイム
開催場所: 「Limited Queues room」
参加費: 14チケット、またはプロダクトと2チケット
プロダクト: メルカディアン・マスクス、ネメシス、プロフェシー ブースターパック各1個
参加人数: 8人
イベント内容: ドラフト、及びデッキ構築とシングルエリミネーション3回戦です。
賞品: 順位に基づいて配布されます。

順位賞品QP
1位メルカディアン・マスクス ブースターパック 2個、ネメシス ブースターパック 1個、プロフェシー ブースターパック 1個1
2位メルカディアン・マスクス ブースターパック 1個、ネメシス ブースターパック 1個、プロフェシー ブースターパック 1個0
3-4位ネメシス ブースターパック 1個、プロフェシー ブースターパック 1個0


マジック・オンライン プロツアー予選:ギルド門侵犯

GTC Logo

 来年2月15-17日に開催されるプロツアー「ギルド門侵犯」。予選は、オンラインでも参加できます!

 マジック・オンラインでは、9月8日から12月17日までの期間に予選が開催されます。形式はシールド・デッキです。スケジュールとイベントのルールの詳細は、以下をご覧ください。

開催スケジュール・フォーマット
開催日開始時刻フォーマット
12月3日AM 0:00ラヴニカへの回帰シールド
12月10日AM 4:00ラヴニカへの回帰シールド
12月17日AM 0:00ラヴニカへの回帰シールド

開始時間・フォーマット: 上記スケジュールをご参照ください。
開催場所: 「Scheduled Events room」
参加費: 30チケット
プロダクト: マジック・オンラインから必要なブースターパック6個が提供されます。
参加人数: 33人~768人
イベント時間: 各イベントでは参加者数に応じた回戦数のスイスラウンド、各ラウンド50分で行われます。Top8ではブースタードラフトとデッキ構築の後、シングルエリミネーション3回戦が行われます。
賞品: トーナメントの最終順位に基づいて配布されます。ブースターパックの種類は、そのイベントの時点でMagic Onlineで利用可能なマジック:ザ・ギャザリングのセットからウィザーズ・オブ・ザ・コースト社によって選ばれたものになります。

順位 賞品 QP
優勝 プロツアー「ギルド門侵犯」の参加権利
プロツアー「ギルド門侵犯」 チャレンジの招待
ブースターパック 48個
6
準優勝 ブースターパック 48個 5
3,4位 ブースターパック 36個 4
5-8位 ブースターパック 24個 3
9-16位 ブースターパック 12個 0
17-32位 ブースターパック 6個 0
33-64位 ブースターパック 3個 0
65-128位 ブースターパック 2個 0
129-256位 ブースターパック 1個 0

プロツアー予選への参加資格
プロツアー予選がクラッシュしてしまった場合について
プロツアー「ギルド門侵犯」 チャレンジ
以上につきましては、第54回の記事をご参照ください。

 さらに詳しい情報につきましては、英語記事「Magic Online Pro Tour Gatecrash Qualifiers」をご覧ください。



Magic Online Championship Series(MOCS) - シーズン 12

 最高峰への道、MOCSはレギュラーシーズン最終節となるシーズン12が進行中!

MOCS-QP-12

QP獲得期間:11/8~12/5(ダウンタイムまで)

プロモカード:隠遁ドルイド》(新枠)

チャンピオンシップ 開催日時:12/9(日) AM 4:00

チャンピオンシップ 形式:ラヴニカへの回帰 シールド

 詳しくは、英語記事「2012 Magic Online Championship Series」をご覧ください。

 それではまた来週!

参加人数によるラウンド数

参加人数 ラウンド数
8 3
9-16 4
17-32 5
33-64 6
65-128 7
129-226 8
227-409 9
410人以上 10

最新Serious Fun記事

SERIOUS FUN

2016年 1月 5日

面晶体の連結 by, Bruce Richard

 ここで担当するプレビュー・カードと最初に出会ったとき、僕は思わず頭を抱えてしまったよ。そいつはあまりに何でもできすぎて、その真価を見出すのに本当に苦労した。まさに「木を隠すなら森の中」だね。僕はそのカードを細かく分析するまで、その素晴らしさに気づけなかった。そいつは僕たちの中の「スパイク」的な部分にも「ジョニー」的な部分にも訴えかける1枚なんだ。  それじゃあ早速…… ...

記事を読む

SERIOUS FUN

2015年 6月 30日

マナ加速? いや、超加速だ! by, Bruce Richard

 マナって悩ましいものだよね。どれくらいあれば十分なんだろう? 多すぎるってこともあるんだろうか? こういった疑問の答えは使うデッキによるものだけど、僕にもだんだん答えがわかってきたよ。  タイタンや始原体、ドラゴン、そしてエルドラージを見回すと、僕はいつもマナがもっと欲しくなる。コストの軽いカードだって、能力を複数回起動するには多くのマナが必要だ。単純にデッキの土地の...

記事を読む

記事

記事

Serious Fun Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る