グランプリ・名古屋優勝 小北 雄史の人間リアニメイトをリプレイ!

更新日 Serious Fun on 2012年 12月 20日

By 鍛冶友浩

 こんにちは、鍛冶です。

 今年最後の大規模プレミアイベントであるグランプリ・名古屋が終わってしまい、気づけば2012年も残すところ後2週間を切ってしまいました。

 年末年始に長めのお休みを取る人も多いと思いますが、その期間中にキューブ(詳しくは第64回の記事で!)でもやろうかなと考えていた方に朗報です!

新年度Magic Online Championship Series(MOCS)が始動! 最初のプロモカードは…

 Magic Online Programs Update: MOCS, MOPR, and More(英語記事)

 ちょうど今は2012年度のMagic Online Championship Series(MOCS)がすべて終了し、次の予選につながるQPが獲得できない「期間外」にあたる時期ですが、新年度一発目のMOCS シーズン1の開始日、及びプロモーション・カードの詳細が公開されました。

/

 シーズン開始日は12月27日午前1時(日本時間)で、QPを貯めて得られるプロモカードはなんと《Force of Will》!

 紙のカードはアライアンスに収録されており、当時はアンコモンでしたが現在は価格が高騰しているのは皆さんご存知の通り。

 一方、Magic Online上では「Masters Edition」というミラージュ以前のカードで編成された特殊セットに収録されているだけで、60種類あるレアの1つであることからこちらの方が入手が難しく、紙のカードに比べ約2倍の価値、100チケットほどで取引がされているようですね。

 8人イベントのキューブでも3-0すれば1QPですから、15点をクリアする人も多くなりそうですね。

 MOCS本戦(2月3日0時開始、フォーマットはレガシー)のTop64にはFoil版も追加で配布されますので、これはとても大きなチャンスです!

 シーズン1のQP配布はまだですが、キューブは明日(12/19)のダウンタイム明けから開催されます!

プロツアー「ドラゴンの迷路」オンライン予選

 また、オンラインの一大トーナメントでもある、プロツアー予選のスケジュールも公開されました。

 Magic Online Pro Tour Dragon's Maze Qualifiers(英語記事)

 予選の主なフォーマットはモダンで、一部でシールド・デッキ(ラヴニカへの回帰またはギルド門侵犯)が採用されています。初回は12月24日午前0時(日本時間)からです!

 詳しくは巻末のイベント・インフォメーションをご覧ください。

今週のリプレイ!

 さて、今週はグランプリ・名古屋を優勝された小北 雄史さんの人間リアニメイトをリプレイしたいと思います。

ベラドンナの行商人イゼットの静電術師

 第65回:Max Pritschの「接死ティム」コンボデッキをリプレイ!でも紹介した《ベラドンナの行商人》/《イゼットの静電術師》のコンボを内蔵したデッキで、

慢性的な水害栄光の目覚めの天使

 《慢性的な水害》らで墓地を肥やし、《栄光の目覚めの天使》を《堀葬の儀式》でリアニメイトという戦略です。

小北 雄史

Download Arena Decklist

 カード1枚あたりのパワーが低めなものばかりで構成されていますが、そのシナジーが完成した時の効果はどれも強力。

黄金夜の指揮官

 例えば、《栄光の目覚めの天使》をリアニメイトする際に《黄金夜の指揮官》も巻き込めれば、《イゼットの静電術師》ら速攻持ちがゲームを決めるレベルにまでパワーを増強されることになります。

 ただ、ラクドスのような似通ったカードが多く含まれるデッキに比べ、マリガンしなければならない初手に多く遭遇することになるかもしれません。

 しかし、その損出も《根囲い》や《慢性的な水害》経由でのフラッシュバック呪文の恩恵でカバーできるので安心です。

 そして何より、《栄光の目覚めの天使》がゾンビを追放できる点も見逃せません!

 では実際に、ゲームを観てみましょう。

Game 1 vs. ラクドス(メインデッキ)

0:00

 土地の枚数が十分で色も揃い、《信仰無き物あさり》があり、《イゼットの静電術師》と《高原の狩りの達人》が確実に唱えられるいいハンドだ。

 だが、相手が《血の墓所》から《墓所這い》をキャストしてきているので、置く土地にも注意しながらライフを残せるように慎重にプレイしていこう。

0:54

 当然3ターン目にキャストされる《ゲラルフの伝書使》。

 《イゼットの静電術師》で《墓所這い》は処理できるが、この不死持ちの3/2は止められない。

 今のところは《高原の狩りの達人》で相殺と行きたいが、そのプランも相手の後続次第だろう。

1:33

 2枚目の《ゲラルフの伝書使》をキャストされて、プランを練り直す必要が出てきた。

 ひとつは、先程考慮していた《高原の狩りの達人》で戦場を固めるプラン。

 もうひとつが、引いてきたばかりの《信仰無き物あさり》と《慢性的な水害》を使って《栄光の目覚めの天使》を掘り当てるプラン。

 不死で帰ってくる《ゲラルフの伝書使》にライフを奪われる前提で、今の実質的なライフは5だ。

 ゲームを長引かせることで火力呪文、速攻クリーチャーを引かれる可能性、ライブラリーを掘り下げる際にリアニメイト・パッケージが揃わない可能性を天秤にかける。

2:23

 問題のターンを生き延び、後はライブラリーの出方勝負!

 1枚目の《慢性的な水害》を2回、2枚目の《慢性的な水害》を1回、さらに《根囲い》の合計13枚分は掘り進める計算だが、果たして?

3:29

 賭けに勝ち、《栄光の目覚めの天使》で相手のゾンビを一掃しつつ、自軍の人間をまとめて戦場へ復活させる。

 ライフも火力1枚では足りない7まで回復し、後は先に勝ちきるだけだ!

4:23

 ギリギリまで、ライフを稼ぐため自分で《高原の狩りの達人》を破壊してからリアニメイトするべきかを気にしていたが、《士気溢れる徴集兵》の速攻付与を釣りたての《栄光の目覚めの天使》に使うことで、ダメージはぴったり、勝負あり!

Game 2 vs. 人間リアニメイト・ミラーマッチ(サイドボード後)

 そしてお次はミラーマッチのサイドボード後。

 Magic Onlineならでは、《栄光の目覚めの天使》をリアニメイトした時の《ベラドンナの行商人》の全誘発の処理をしたりで、

お互いに残り時間の少なくなったゲームですが、どんなプランで臨むのが正解でしょうか?

/

どれがどれと結魂するのか、全くわかりません!(クリックで拡大版

 今回紹介するゲームで採用したのが、《ベラドンナの行商人》と《高原の狩りの達人》をすべて抜き、空いた8枚の枠に 《イゼットの魔除け》2枚、《天啓の光》2枚、《黄金夜の指揮官》2枚と《士気溢れる徴集兵》2枚を入れるというスピードを重視した構成へのチェンジ。

 《栄光の目覚めの天使》への依存が高くなりますが、《イゼットの静電術師》は同名のクリーチャーすべてにダメージを与えてしまうので、戦場のコントロールは難しく、《高原の狩りの達人》ではゲームは決まらないと判断しました。

 また、対戦相手の《堀葬の儀式》を打ち消す可能性もあり、かつドロー呪文の《イゼットの魔除け》は是非引きたい1枚ですしね!

0:00

 できる限り多くのカードを墓地に送り込み、さっさと《栄光の目覚めの天使》をリアニメイトすることでゲームを決めたいので、ちょっと微妙な気がするこの7枚の初手でもキープする価値はあるだろう。理論上の最速は4ターンだが、ドローはいかに?

1:15

 初手の《信仰無き物あさり》から都合よく《追跡者の本能》、さらなる《信仰無き物あさり》へとカードは繋がり、リアニメイトの準備はOKだ。

 だが、まだ今の段階ではダメージが足りないので《黄金夜の指揮官》を是非とも見つけ出したい!

2:25

 相手の墓地やキャストするカードを見る限り、《ベラドンナの行商人》や《高原の狩りの達人》は残っていそう。

 対し、こちらは速度最優先にプラン替えしたのが功を奏し、先に40ダメージを超えるオーバーキル!

 というわけで、人間リアニメイトのリプレイはいかがでしたか?

 誘発する能力が多すぎるのでMagic Onlineではあまりオススメしないのですが、戦場に出たときに《ゲラルフの伝書使》を一掃する《栄光の目覚めの天使》は本当に頼れる存在でした。

安らかなる眠り墓場の浄化

 ただ、サイドボードに《安らかなる眠り》や《墓場の浄化》が流行するようではこのアーキタイプは厳しいかもしれませんね。

今週の気になるデッキリスト

 さて、今週も最後に気になるデッキリストをご紹介。

捕食者のウーズ

 《捕食者のウーズ》が4枚入ったこのデッキがMOCSの決勝まで勝ち残ったわけですが、その実力はいかに?

SilverFolken (2nd Place)

Download Arena Decklist

 Standard MOCS - Constructed Standard Event #4751990 on 12/16/2012 in Scheduled Events


☆今週のイベント・インフォメーション!

MO Logo

 Magic Onlineの最新情報・イベント結果・デッキリストがわかる公式情報ページはこちら!(リンク先は英語)

 What's Happening?

 ※以下の時刻はすべて日本時間です。

ついに今週から「パワー9」登場! Magic Online キューブドラフト

cubebooster

開催時間: 12/19(水) ダウンタイム終了後~1/2(水) ダウンタイム
開催場所: 「Limited Queues room」
参加費: 8チケット、または2チケットと10キューブチケット
プロダクト: ファントム Magic Online キューブ ブースターパックが3つ支給されます。
※ピックしたカードはイベント終了時になくなります。
参加人数: 8人
イベント内容: ドラフト、及びデッキ構築とシングルエリミネーション、またはスイス式の3回戦です。
賞品について:
 シングルエリミネーションのイベントでは、最終順位に基づいて配布されます。
 スイス式のイベントでは、勝ち点に基づいて配布されます。各マッチの勝ち点を3点とし、負けは0点とします。
 賞品のブースターパックは12/19(水)から12/27(木) AM3:00まではウルザ・ブロックのものが、12/27(木) AM3:00から1/2(水)のダウンタイムまではマスクス・ブロックのものが払い出されます。

Magic Online キューブドラフト「シングルエリミネーション」
順位賞品QP
1位ブースターパック 2個、キューブチケット 12個1
2位ブースターパック 1個、キューブチケット 8個0
3-4位キューブチケット 6個0
5-8位キューブチケット 2個0

Magic Online キューブドラフト「スイス式」
勝ち点賞品QP
9キューブチケット 16個1
6キューブチケット 8個0
3キューブチケット 4個0
0キューブチケット 2個0

 キューブのカードリストなど、詳細につきましては英語記事「Magic Online Cube: Holiday 2012」をご参照ください。


ウルザ・ブロック ブースタードラフト

開催時間: 12/19(水)ダウンタイム後~12/27(木) AM3:00
開催場所: 「Limited Queues room」
参加費: 14チケット、またはプロダクトと2チケット
プロダクト: ウルザズ・サーガ、ウルザズ・レガシー、ウルザズ・デスティニー ブースターパック各1個
参加人数: 8人
イベント内容: ドラフト、及びデッキ構築とシングルエリミネーション3回戦です。
賞品: 順位に基づいて配布されます。

順位賞品QP
1位ウルザズ・サーガ ブースターパック 2個、ウルザズ・レガシー ブースターパック 1個、ウルザズ・デスティニー ブースターパック 1個1
2位ウルザズ・サーガ ブースターパック 1個、ウルザズ・レガシー ブースターパック 1個、ウルザズ・デスティニー ブースターパック 1個0
3-4位ウルザズ・レガシー ブースターパック 1個、ウルザズ・デスティニー ブースターパック 1個0

マスクス・ブロック ブースタードラフト

開催時間: 12/27(木) AM 3:00~1/2(水) ダウンタイム
開催場所: 「Limited Queues room」
参加費: 14チケット、またはプロダクトと2チケット
プロダクト: メルカディアン・マスクス、ネメシス、プロフェシー ブースターパック各1個
参加人数: 8人
イベント内容: ドラフト、及びデッキ構築とシングルエリミネーション3回戦です。
賞品: 順位に基づいて配布されます。

順位賞品QP
1位メルカディアン・マスクス ブースターパック 2個、ネメシス ブースターパック 1個、プロフェシー ブースターパック 1個1
2位メルカディアン・マスクス ブースターパック 1個、ネメシス ブースターパック 1個、プロフェシー ブースターパック 1個0
3-4位ネメシス ブースターパック 1個、プロフェシー ブースターパック 1個0


マジック・オンライン プロツアー予選:ドラゴンの迷路

DGM Logo

 来年5月17-19日に開催されるプロツアー「ドラゴンの迷路」。招待権を懸けた予選は、自宅からも参加できます!

 マジック・オンラインでは、2012年12月24日から2013年3月18日までの期間に16回の予選が開催されます。形式はモダン、もしくはシールド・デッキです。スケジュールとイベントのルールの詳細は、以下をご覧ください。

開催スケジュール・フォーマット
開催日開始時刻フォーマット
2012年12月24日(月)AM 0:00モダン
2012年12月25日(火)AM 4:00ラヴニカへの回帰・シールド
2012年12月31日(月)AM 4:00モダン
2013年1月2日(水)AM 0:00モダン
2013年1月5日(土)PM 10:00モダン
2013年1月12日(土)AM 9:00モダン
2013年1月14日(月)AM 4:00モダン
2013年1月20日(日)AM 4:00モダン
2013年1月21日(月)AM 0:00ラヴニカへの回帰・シールド
2013年1月27日(日)AM 4:00ラヴニカへの回帰・シールド
2013年1月28日(月)AM 0:00モダン
2013年2月4日(月)AM 0:00モダン
2013年3月10日(日)AM 0:00モダン
2013年3月11日(月)AM 3:00モダン
2013年3月16日(土)AM 9:00モダン
2013年3月18日(月)AM 3:00ギルド門侵犯・シールド

開始時間・フォーマット: 上記スケジュールをご参照ください。
開催場所: 「Scheduled Events room」
参加費: 30チケット
プロダクト: マジック・オンラインから必要なブースターパック6個が提供されます。(シールド・デッキの場合)
参加人数: 最小33人~最大1024人
イベント時間: 各イベントでは参加者数に応じた回戦数のスイスラウンド、各ラウンド50分で行われます。Top8では、シングルエリミネーション3回戦が行われます。(シールド・デッキのイベントでは、ブースタードラフトとデッキ構築の後シングルエリミネーション3回戦が行われます。)
賞品: トーナメントの最終順位に基づいて配布されます。ブースターパックとコンプリートセットの種類は、そのイベントの時点でMagic Onlineで利用可能なマジック:ザ・ギャザリングのセットからウィザーズ・オブ・ザ・コースト社によって選ばれたものになります。

順位 賞品 QP
優勝 プロツアー「ドラゴンの迷路」の参加権利
プロツアー「ドラゴンの迷路」 チャレンジの招待
コンプリートセット Foil版 1セット
ブースターパック 54個
6
準優勝コンプリートセット 通常版 1セット
ブースターパック 54個
5
3,4位ブースターパック 54個4
5-8位ブースターパック 36個3
9-16位ブースターパック 24個0
17-32位ブースターパック 12個0
33-64位ブースターパック 6個0
65-128位ブースターパック 3個0
129-256位ブースターパック 1個0

補足:「Magic Online Championship Series(MOCS)」の「Qualifier Points (QP、予選ポイント) 」は、MOCSのシーズン中にのみ贈られます。

プロツアー予選への参加資格

 プロツアー(トーナメントの参加によって与えられたものを含む)への招待は、マジック:ザ・ギャザリングのプレミア・イベント招待ポリシーによって管理されます。最新のものはこちらでご覧いただけます。

 プロツアー「ドラゴンの迷路」への参加権を既にプロツアー予選(マジック・オンライン プロツアー予選含む)で獲得しているプレイヤーは、プロツアー「ドラゴンの迷路」への参加権を懸けたプロツアー予選(マジック・オンライン プロツアー予選含む)には参加することができません。

 プロツアー「ドラゴンの迷路」への参加権を既に獲得しているプレイヤーがプロツアー予選(マジック・オンライン プロツアー予選含む)に参加した場合、資格停止などのペナルティが与えられることがあります。

プロツアー予選がクラッシュしてしまった場合について

 Wizards of the Coastおよびその代理人は、システム・エラー、トーナメントまたはルールのバグ、あるいは他の問題が、競技性を著しく危険にさらしている場合、トーナメントをすべての選手にとって可能な限りの公平で、競争性の高い求められるものへと維持し、修正する権利を保持します。



プロツアー「ドラゴンの迷路」 チャレンジ

開始時間: 未定。プロツアー「ドラゴンの迷路」チャレンジは、プロツアー「ドラゴンの迷路」と併催されますので、どちらのイベントも参加することが可能です。
開催場所: プロツアー「ドラゴンの迷路」のイベント会場にて。
参加費: 無料 - 招待者のみ。
フォーマット: 構築戦(詳しい内容は未定)
トーナメント構造: プロツアー「ドラゴンの迷路」 チャレンジの参加プレイヤーはランダムに組み合わされます。
サイズ: 各トーナメント2人。
イベント内容: シングルエリミネーション1回戦が行われます。
賞品: トーナメントの最終順位に基づいて配布されます。

順位賞品
1位1,000米ドル & デジタルブースターパック 36個
2位1,000米ドル & デジタルブースターパック 27個

重要なお知らせ:プロツアー「ドラゴンの迷路」チャレンジへの招待は、賞品の払い出しを保証しません。プレイヤーがチャレンジの賞品を受け取るには、プロツアー「ドラゴンの迷路」の会場にて、チャレンジのイベントに参加する必要があります。

 さらに詳しい情報につきましては、英語記事「Magic Online Pro Tour Dragon's Maze Qualifiers」をご覧ください。

 それではまた来週!

参加人数によるラウンド数

参加人数 ラウンド数
8 3
9-16 4
17-32 5
33-64 6
65-128 7
129-226 8
227-409 9
410人以上 10

最新Serious Fun記事

SERIOUS FUN

2016年 1月 5日

面晶体の連結 by, Bruce Richard

 ここで担当するプレビュー・カードと最初に出会ったとき、僕は思わず頭を抱えてしまったよ。そいつはあまりに何でもできすぎて、その真価を見出すのに本当に苦労した。まさに「木を隠すなら森の中」だね。僕はそのカードを細かく分析するまで、その素晴らしさに気づけなかった。そいつは僕たちの中の「スパイク」的な部分にも「ジョニー」的な部分にも訴えかける1枚なんだ。  それじゃあ早速…… ...

記事を読む

SERIOUS FUN

2015年 6月 30日

マナ加速? いや、超加速だ! by, Bruce Richard

 マナって悩ましいものだよね。どれくらいあれば十分なんだろう? 多すぎるってこともあるんだろうか? こういった疑問の答えは使うデッキによるものだけど、僕にもだんだん答えがわかってきたよ。  タイタンや始原体、ドラゴン、そしてエルドラージを見回すと、僕はいつもマナがもっと欲しくなる。コストの軽いカードだって、能力を複数回起動するには多くのマナが必要だ。単純にデッキの土地の...

記事を読む

記事

記事

Serious Fun Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る