プロツアー「ドラゴンの迷路」、優勝はCraig Wescoeの白緑ビートダウン!

更新日 Serious Fun on 2013年 5月 21日

By 鍛冶友浩

 こんにちは、鍛冶です。
 この週末は寝不足(時差ボケ?)な人が多かったかもしれませんね!
 その理由というのは、おそらくアメリカのサンディエゴで行われたプロツアー「ドラゴンの迷路」をリアルタイムで観戦されていたからでしょう。

trophy_wescoe

 プロツアー「ドラゴンの迷路」イベントカバレージ
 マジック:ザ・ギャザリング Facebook日本公式アカウント(写真アルバムなどをご覧いただけます)

「ラヴニカへの回帰・ブロック構築」と「ラヴニカへの回帰・ブロック ブースタードラフト」の2つのフォーマットで争われたこのプロツアーでしたが、やはり、発売されたばかりでイベントのタイトルにも名前が冠されている『ドラゴンの迷路』の影響は計り知れませんでした。

 第87回:今週末には、プロツアー『ドラゴンの迷路』開催!でも少しだけ「ラヴニカへの回帰・ブロック構築」のサンプルをご紹介しましたが、アゾリウスの青白コントロール、赤単、ゴルガリのビートダウンという事前の有力候補として挙げたデッキではなく、優勝はセレズニアのビートダウンだったのです。

Craig Wescoe

Download Arena Decklist

復活の声ワームの到来

 色が合えばコントロール、ビートダウン問わないでデッキに入る、とまで言われている《復活の声》に、インスタントで強力なダメージソースを生み出す《ワームの到来》、これらだけでも既に《至高の評決》の耐性が十分にあるのですが、さらにトークン・シナジーを活用する《根生まれの防衛》までが4枚採用。

根生まれの防衛

 サイドボードには、新しい《アルマジロの外套》こと《ひるまぬ勇気》と、《ミジウムの迫撃砲》や《突然の衰微》では破壊されない《セレズニアの声、トロスターニ》が4枚と、青白、赤単への対策は強烈に意識していたようですね。

ひるまぬ勇気セレズニアの声、トロスターニ

 本人曰く、《護民官のサーベル》がMVPカードだったそうですが、ミラーマッチでは《審判官の使い魔》に、《至高の評決》された時に《復活の声》のトークンに、と活躍できるタイミングが多く、一番引いてほしいと思ったそうです。

護民官のサーベル

 ちなみに、このコメントは2日間に渡って放送された「ニコニコ生放送」で、セレモニー終了後にCraig Wescoe本人がゲスト出演したときに時に語ってくれたものです。

 ニコニコ動画公式生放送 マジック:ザ・ギャザリング プロツアー「ドラゴンの迷路」 2日目
 ニコニコ動画公式生放送 マジック:ザ・ギャザリング プロツアー「ドラゴンの迷路」 最終日

 他にも、あの「ジャーマン・ジャガーノート」Kai Budde(ドイツ)や、「ChannelFireball」の総帥としても知られるLuis Socct-Vargas(アメリカ)も登場し、観覧者は常時1万人を軽く超え。AM3:00から始まったにも関わらず、大いに盛り上がらせてもらいました。

niconico_booth

 新しい試みとしては大成功に終わった生放送ですが、現在はタイムシフト視聴できるそうなので、見逃した方は上記のリンクからご覧ください。
 ただ、プロツアー2日目の放送は「6時間+延長が3時間超え」とかなり長いので、その点だけはご注意くださいね!
 次回以降のプロツアーでも生放送の予定があるそうなので、できるだけ時差のない国での開催を期待したいと思います。

約2年半もの間、ありがとうございました!

 事前に予告はしていませんでしたが、今回を持ちまして鍛冶友浩の「デジタル・マジック通信」は終了となります。
「今週のリプレイ!」から約2年半もの間こちらのサイトで連載を続けさせていただきましたが、読んでくださった皆さん、ありがとうございました!

 今後もマジック・オンラインの日本時間での案内などは他のライターの方が引き続き行ってくださる予定だそうですよ。
 また、スタンダードの戦略記事についてもライターに交渉中ですし、新しい連載にもご注目ください。

 ちなみに皆さん、こういう記事が読みたい、または誰々に書いて欲しい、という希望があれば今がチャンスです!
 是非この下のツイートボタンからつぶやいてみてはもらえないでしょうか。
 それを元に、mtg-jpの編集チームに掛け合ってみたいと思うので、よろしくお願いします!

 それではまたどこかで!



☆今週のイベント・インフォメーション!

MO Logo

 Magic Onlineの最新情報・イベント結果・デッキリストがわかる公式情報ページはこちら!(リンク先は英語)
 What's Happening?

 ※以下の時刻はすべて日本時間です。

ドラゴンの迷路・リリースイベント

DGM Logo


 ドラゴンの迷路は5月14日 AM2:00からMagic Onlineストアで販売されています。ドラゴンの迷路・リリースイベントは以下の5つのフォーマットで楽しむことができます。

  • ドラゴンの迷路 ブースター ドラフト(5/14より開始)
  • ドラゴンの迷路 シールド スイス式16人フライト(5/14より開始)
  • ドラゴンの迷路 64人"Top8" プレミア ドラフト(5/17より開始)
  • ドラゴンの迷路 "Top 8" スイス式シールド(5/17より開始)
  • ドラゴンの迷路 リリースイベント チャンピオンシップ(6/2開催)

 ドラゴンの迷路はすべての構築フォーマットで、5/8(水)の定期ダウンタイム後から使用可能になります。デイリー・イベント、定期イベント、随時開催トーナメントの賞品には、5/15(水)の定期ダウンタイム後にドラゴンの迷路が追加されます。

ドラゴンの迷路 ブースター ドラフト

開催時間: 5/14(火) AM 2:00~5/29(水)ダウンタイム 8人そろい次第、順次開催
開催場所: 「Release Queues room」
参加費: 14チケット、またはプロダクトと2チケット
プロダクト: 「ラヴニカへの回帰、ギルド門侵犯、ドラゴンの迷路 ブースターパック 各1個」または「ドラゴンの迷路のブースターパック3個」(参加するイベントによって異なります)
参加人数: 8人
イベント内容: ドラフト、及びデッキ構築とシングルエリミネーション、またはスイス式の3回戦です。
賞品: シングルエリミネーション(「8-4」「4-3-2-2」)のイベントでは、最終順位に基づいて配布されます。スイス式の勝ち点に基づいて配布されます。各マッチの勝ち点を3点とし、負けは0点とします。

「ラヴニカへの回帰・ブロック 8-4」

順位 賞品 QP
1位 ドラゴンの迷路 ブースターパック 3個
ギルド門侵犯 ブースターパック 3個
ラヴニカへの回帰 ブースターパック 2個
1
2位 ドラゴンの迷路 ブースターパック 2個
ギルド門侵犯 ブースターパック 1個
ラヴニカへの回帰 ブースターパック 1個
0

「ラヴニカへの回帰・ブロック 4-3-2-2」

順位 賞品 QP
1位 ドラゴンの迷路 ブースターパック 2個
ギルド門侵犯 ブースターパック 1個
ラヴニカへの回帰 ブースターパック 1個
1
2位 ドラゴンの迷路 ブースターパック 1個
ギルド門侵犯 ブースターパック 1個
ラヴニカへの回帰 ブースターパック 1個
0
3-4位 ドラゴンの迷路 ブースターパック 1個
ギルド門侵犯 ブースターパック 1個
0

「ラヴニカへの回帰・ブロック スイス式」

勝ち点 賞品 QP
9 ドラゴンの迷路 ブースターパック 1個
ギルド門侵犯 ブースターパック 1個
ラヴニカへの回帰 ブースターパック 1個
1
6 ドラゴンの迷路 ブースターパック 1個
ギルド門侵犯 ブースターパック 1個
0
3 ドラゴンの迷路 ブースターパック 1個 0

「ドラゴンの迷路 4-3-2-2」

順位 賞品 QP
1位 ドラゴンの迷路 ブースターパック 4個 1
2位 ドラゴンの迷路 ブースターパック 3個 0
3-4位 ドラゴンの迷路 ブースターパック 2個 0

追加の賞品: 「ドラゴンの迷路 ブースタードラフト」に参加した各プレイヤーには《精神を飲む者、ミルコ・ヴォスク》のアバターが配られます。

/

ドラゴンの迷路 シールド スイス式16人フライト

開催時間: 5/14(火) AM2:00~5/29(水)ダウンタイム 16人そろい次第、順次開催
開催場所: 「Release Queues room」
参加費: 24チケット
プロダクト: ラヴニカへの回帰、ギルド門侵犯、ドラゴンの迷路 ブースターパック各2個が配られます。
参加人数: 16人
イベント内容:デッキ構築とスイス式の4回戦です。
賞品: 勝ち点に基づいて配布されます。各マッチの勝ち点を3点とし、負けは0点とします。

勝ち点 賞品 QP
12 ドラゴンの迷路 ブースターパック 13個 3
9 ドラゴンの迷路 ブースターパック 8個 1
6 ドラゴンの迷路 ブースターパック 3個 0

追加の賞品: ドラゴンの迷路 シールド スイス式16人フライトに参加した各プレイヤーには《精神を飲む者、ミルコ・ヴォスク》のアバターが配られます。また、9点(3勝)以上の成績を残したプレイヤーには、追加で《イマーラ・タンドリス》のアバターが配られます。

/

ドラゴンの迷路 64人 "Top8" プレミア ブースター ドラフト

開催時間: 5/17(金)から5/31(金)まで、スケジュールに従って開催
開催場所: 「Scheduled Events room」
参加費: 20チケット、またはプロダクトと8チケット
プロダクト: ラヴニカへの回帰、ギルド門侵犯、ドラゴンの迷路 ブースターパック 各1個。
 "Top8"のドラフトに使われるラヴニカへの回帰、ギルド門侵犯、ドラゴンの迷路 ブースターパック 各1個は支給されます。
参加人数: 64人
イベント内容: ドラフト、及びデッキ構築とシングルエリミネーションの3回戦です。
"Top8"はさらにドラフト、デッキ構築とシングルエリミネーションの3回戦となります。

順位 賞品 QP
1位 ドラゴンの迷路 ブースターパック 24個 6
2位 ドラゴンの迷路 ブースターパック 18個 5
3-4位 ドラゴンの迷路 ブースターパック 12個 4
5-8位 ドラゴンの迷路 ブースターパック 9個 3
9-16位 ドラゴンの迷路 ブースターパック 4個 0
17-32位 ドラゴンの迷路 ブースターパック 2個 0

追加の賞品: ドラゴンの迷路 64人 "Top8" プレミア ブースター ドラフトに参加した各プレイヤーには《精神を飲む者、ミルコ・ヴォスク》のアバターが配られます。

 また、"Top8"に勝ち進んだプレイヤーには《イマーラ・タンドリス》のアバターと、ドラゴンの迷路 リリースイベント チャンピオンシップの参加権利が与えられます。

ドラゴンの迷路 "Top8" スイス式 シールド

開催時間: 5/17(金)から5/31(金)まで、スケジュールに従って開催
開催場所: 「Scheduled Events room」
参加費: 30チケット、またはプロダクトと6チケット。
プロダクト: ラヴニカへの回帰、ギルド門侵犯、ドラゴンの迷路 ブースターパック 各2個。
 "Top8"のドラフトに使われるラヴニカへの回帰、ギルド門侵犯、ドラゴンの迷路 ブースターパック 各1個は支給されます。
参加人数: 最小65人、最大256人
イベント内容: デッキ構築と、参加者数に応じた回戦数のスイス式ラウンド。

 "Top8"はさらにブースタードラフト、デッキ構築とシングルエリミネーションの3回戦となります。

順位 賞品 QP
1位 ドラゴンの迷路 ブースターパック 45個 6
2位 ドラゴンの迷路 ブースターパック 33個 5
3-4位 ドラゴンの迷路 ブースターパック 21個 4
5-8位 ドラゴンの迷路 ブースターパック 12個 3
9-16位 ドラゴンの迷路 ブースターパック 9個 0
17-32位 ドラゴンの迷路 ブースターパック 3個 0

追加の賞品: ドラゴンの迷路 "Top8" スイス式 シールドに参加した各プレイヤーには《ゴルガリの死者の王、ジャラド》のアバターが配られます。

 また、"Top8"に勝ち進んだプレイヤーには《至高の審判者、イスペリア》のアバターと、ドラゴンの迷路 リリースイベント チャンピオンシップの参加権利が与えられます。

ドラゴンの迷路 リリースイベント チャンピオンシップ

開催時間: 6/2(日) AM2:00
開催場所:「Scheduled Events room」
参加について: 招待者のみ。
プロダクト: シールドに使われるラヴニカへの回帰、ギルド門侵犯、ドラゴンの迷路 ブースターパック 各2個に加え、 "Top8"のドラフトに使われるラヴニカへの回帰、ギルド門侵犯、ドラゴンの迷路 ブースターパック 各1個全てが支給されます。
イベント内容: デッキ構築と、参加者数に応じた回戦数のスイス式ラウンド。
 "Top8"はさらにブースタードラフト、デッキ構築とシングルエリミネーションの3回戦となります。

順位 賞品 QP
1位 ドラゴンの迷路 コンプリートセット Foil版 4セット 6
2位 ドラゴンの迷路 コンプリートセット Foil版 1セット+通常版 1セット 5
3-4位 ドラゴンの迷路 コンプリートセット Foil版 1セット 4
5-8位 ドラゴンの迷路 コンプリートセット 通常版 1セット 3
9-16位 ドラゴンの迷路 ブースターパック 12個 0
17-32位 ドラゴンの迷路 ブースターパック 9個 0
33-64位 ドラゴンの迷路 ブースターパック 3個 0

 『ドラゴンの迷路』オンライン・プレリリースイベントおよびリリースイベントについての詳細は、英語記事「Dragon's Maze Prerelease, Release Events, and Wide Beta Spotlight」をご参照ください。

マジック・オンライン プロツアー予選:「テーロス」

MO Logo

 10月11-13日にアイルランド・ダブリンにて開催されるプロツアー「テーロス」。招待権を懸けた予選は、自宅からも参加できます!

 マジック・オンラインでは、2013年3月24日から8月11日までの期間に16回の予選が開催されます。形式はスタンダード、もしくはシールド・デッキです。スケジュールとイベントのルールの詳細は、以下をご覧ください。

開催スケジュール・フォーマット

開催日開始時刻フォーマット
3月30日(土)AM 9:00スタンダード
4月1日(月)AM 3:00スタンダード
4月6日(土)PM 11:00「ギルド門侵犯」リミテッド
4月7日(日)PM 11:00スタンダード
4月13日(土)PM 9:00スタンダード
4月22日(月)AM 3:00スタンダード
4月29日(月)AM 3:00スタンダード
5月4日(土)PM 11:00スタンダード
6月2日(日)PM 9:00「ドラゴンの迷路」リミテッド
6月29日(土)PM 11:00スタンダード
7月4日(木)PM 11:00スタンダード
7月6日(土)PM 11:00「Modern Masters」リミテッド(※注)
7月14日(日)PM 11:00スタンダード
7月21日(日)PM 11:00スタンダード
8月11日(日)PM 11:00「マジック2014」リミテッド

開始時間・フォーマット: 上記スケジュールをご参照ください。
開催場所: 「Scheduled Events room」
参加費: 30チケット(※注)
プロダクト: 構築戦の場合、プレイヤーはフォーマットに則したデッキを用意する必要があります。リミテッドの場合、マジック・オンラインから必要なブースターパック6個が提供されます。
参加人数: 最小33人~最大1024人
イベント時間: 各イベントでは参加者数に応じた回戦数のスイスラウンド、各ラウンド50分で行われます。Top8では、シングルエリミネーション3回戦が行われます。(リミテッドのイベントでは、ブースタードラフトとデッキ構築の後シングルエリミネーション3回戦が行われます。)
賞品: トーナメントの最終順位に基づいて配布されます。ブースターパックとコンプリートセットの種類は、そのイベントの時点でマジック・オンラインで利用可能なマジック:ザ・ギャザリングのセットからウィザーズ・オブ・ザ・コースト社によって選ばれたものになります。

順位賞品QP
優勝プロツアー「テーロス」の参加権利
プロツアー「テーロス」 チャレンジの招待
コンプリートセット Foil版 1セット
ブースターパック 54個
プレインズウォーカー・ポイント 1000ポイント
6
準優勝コンプリートセット 通常版 1セット
ブースターパック 54個
5
3,4位ブースターパック 54個4
5-8位ブースターパック 36個3
9-16位ブースターパック 24個0
17-32位ブースターパック 12個0
33-64位ブースターパック 6個0
65-128位ブースターパック 3個0
129-256位ブースターパック 1個0

補足:「Magic Online Championship Series(MOCS)」の「Qualifier Points (QP、予選ポイント) 」は、MOCSのシーズン中にのみ贈られます。

※注:「Modern Masters」リミテッドのイベントは、参加費が45チケットとなります。

 プロツアー予選への参加資格、プロツアー予選がクラッシュしてしまった場合について、プロツアー「テーロス」 チャレンジなど、さらに詳しい情報につきましては、英語記事「Magic Online Pro Tour "Theros" Qualifiers」をご覧ください。

2013 Magic Online Championship Series(MOCS) - シーズン 6

 日々のトーナメントの積み重ねから、年間を通してチャンピオンを目指すMagic Online Championship Series(MOCS)、シーズン6が進行中! シーズン・プレリミナリとファイナルの形式は『Modern Masters』リミテッド!

MOCS-QP-06

QP獲得期間:5/15~6/15(ダウンタイムまで)
プロモカード:墓所生まれの恐怖》(新イラスト)
シーズン・プレリミナリおよびシーズン・ファイナルの形式:『Modern Masters』シールド
シーズン・プレリミナリ 開催日時:6/15(土) AM 10:00、PM 10:00 6/16(日) AM 4:00、AM 10:00
シーズン・ファイナル 開催日時:6/22(土) PM 11:00
シーズン・ファイナルの優勝者にはプロツアー「テーロス」への招待が与えられます。

2013 MOCS 「Season Preliminaries」(シーズン・プレリミナリ、前哨戦)

開始時間: 2013 Magic Online Championship Seriesのスケジュールにしたがって開催します。
開催場所: 「Scheduled Events room」
参加費: そのシーズンの 15 Qualifier Point(QP)
プロダクト: 構築戦の場合、プレイヤーは適切なフォーマットで使用可能なデッキを用意する必要があります。リミテッドの場合、マジック・オンラインから必要なファントム・プロダクトが提供されます(ブースタードラフト、もしくはシールド・デッキ)。
参加人数: 最小33人~最大1024人
イベント時間: スイスラウンド6回戦、各ラウンド50分で行われます。
賞品: 勝ち点に基づいて配布されます。各マッチの勝ち点を3点とし、負けは0点とします。

勝ち点賞品
1835 Qualifier Point(QP)
そのシーズンのプロモカード Foil版 1枚
1535 Qualifier Point(QP)
そのシーズンのプロモカード 通常版 1枚
12そのシーズンのプロモカード 通常版 1枚

注意事項:リミテッド戦のイベントはファントム・プロダクトを用いて行われます。そのイベントで使われたカードは、イベント終了後にプレイヤーのコレクションに加わりません。

2013 MOCS 「Season Finals」(シーズン・ファイナル)

開始時間: 2013 Magic Online Championship Seriesのスケジュールにしたがって開催します。
開催場所: 「Scheduled Events room」
参加費: そのシーズンの 35 Qualifier Point(QP)
プロダクト: 構築戦の場合、プレイヤーは適切なフォーマットで使用可能なデッキを用意する必要があります。リミテッドの場合、マジック・オンラインから必要なファントム・プロダクトが提供されます(ブースタードラフト、もしくはシールド・デッキ)。
参加人数: 最小33人~最大1024人
イベント時間: 各イベントでは参加者数に応じた回戦数のスイスラウンド、各ラウンド50分で行われます。Top8では、シングルエリミネーション3回戦が行われます。(シールド・デッキのイベントでは、ブースタードラフトとデッキ構築の後シングルエリミネーション3回戦が行われます。)
賞品: トーナメントの最終順位に基づいて配布されます。ブースターパックとコンプリートセットの種類は、そのイベントの時点でMagic Onlineで利用可能なマジック:ザ・ギャザリングのセットからウィザーズ・オブ・ザ・コースト社によって選ばれたものになります。

順位賞品
優勝「2013 MTGO Championship」の参加権利
コンプリートセット Foil版 1セット
ブースターパック 54個
準優勝コンプリートセット 通常版 1セット
ブースターパック 54個
3,4位ブースターパック 54個
5-8位ブースターパック 36個
9-16位ブースターパック 24個
17-32位ブースターパック 12個
33-64位ブースターパック 6個
65-128位ブースターパック 3個
129-256位ブースターパック 1個

追加の賞品: トップ64に入賞したプレイヤーには、さらにそのシーズンのプロモカード Foil版1枚が授与されます。

注意事項:リミテッド戦のイベントはファントム・プロダクトを用いて行われます。そのイベントで使われたカードは、イベント終了後にプレイヤーのコレクションに加わりません。

 MOCSのトーナメント構造、QPの獲得方法、「Season Finals」など詳しい情報、および現時点で最新の情報は、英語記事「2013 Magic Online Championship Series」をご参照ください。

参加人数 ラウンド数
8 3
9-16 4
17-32 5
33-64 6
65-128 7
129-226 8
227-409 9
410人以上 10

最新Serious Fun記事

SERIOUS FUN

2016年 1月 5日

面晶体の連結 by, Bruce Richard

 ここで担当するプレビュー・カードと最初に出会ったとき、僕は思わず頭を抱えてしまったよ。そいつはあまりに何でもできすぎて、その真価を見出すのに本当に苦労した。まさに「木を隠すなら森の中」だね。僕はそのカードを細かく分析するまで、その素晴らしさに気づけなかった。そいつは僕たちの中の「スパイク」的な部分にも「ジョニー」的な部分にも訴えかける1枚なんだ。  それじゃあ早速…… ...

記事を読む

SERIOUS FUN

2015年 6月 30日

マナ加速? いや、超加速だ! by, Bruce Richard

 マナって悩ましいものだよね。どれくらいあれば十分なんだろう? 多すぎるってこともあるんだろうか? こういった疑問の答えは使うデッキによるものだけど、僕にもだんだん答えがわかってきたよ。  タイタンや始原体、ドラゴン、そしてエルドラージを見回すと、僕はいつもマナがもっと欲しくなる。コストの軽いカードだって、能力を複数回起動するには多くのマナが必要だ。単純にデッキの土地の...

記事を読む

記事

記事

Serious Fun Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る