世紀の実験

更新日 Serious Fun on 2012年 9月 12日

By Jenna Helland

Jenna Helland is a designer and writer for the Magic creative team. She's a member of the story team, a creative liaison with design teams, and the author of the Theros novella, Godsend.

アート:David Rapoza

 トレンズは彼の内配列ゴーグルを曲がった鼻に乗せた。おはよう、実験日和だ! 大気中を漂ってきた三次元視覚ダストのもやの中でまばたきをして、彼は鼻孔からそれを大量に吸い込んだ。トレンズは東側の壁を完全に占領する彼のマナ貯蔵機械、磁力ニトロ酸化装置から漂ってくるくすぶる金属の匂いを楽しんだ。

 愛情をこめて「空のコップの列」とトレンズが呼ぶ見捨てられた建物の塊、それを見下ろすひびの入った窓から早朝の太陽が顔を出した。彼は数ヶ月に渡って瓦礫を素手で取り除いているセレズニア伝道師達の献身的なお喋りへと手を振った。この調子ならば102.7年後には、彼らは新たに発生させる共同体のためにギルドの新たな樹を植える素晴らしい場所を空けることができるだろう。

 トレンズは隙間風の入る彼の仕事場を眺めて、喜びで爆発しそうだと思った。何マイルも離れた第十地区のどこかで、火想者はニヴィックスにあるその高巣でくつろぎながら、きっと百万もの考えを同時に巡らせている。トレンズは願った、ニヴ=ミゼットが瞬きほどの時間の中に熟考するほんの少しの物事を、自分の心に保っていられるようにと。

 外部特例実験のための場所として、トレンズはニヴ=ミゼット自身から都市でも辺鄙な地域を授けられていた。彼はまだ一人前の化術士となる以前、ニヴィックスからサンホームの門へと至る霊気作動トンネルを創造した時からそのドラゴンの注意を引いてきた。最近、火想者はトレンズへと個人的課題を授けていた。それは彼を、自身では決して見いだすことはなかったであろう方向へと導いた。そうだ、壮大な事が起こっていた。そしてトレンズは最後に眠ったのはいつだったかを思い出せない。目を閉じることに悩むには、単純にやるべき事が多すぎた。

 そして今日は実験の日だ! トレンズは真実の卵の殻を砕き、それを主の掌へと捧げるのだ。トレンズは完全対爆ヘルメットの紐を結び、全方位電子スコープを顔まで下げた。彼はスコープで部屋をぐるりと見渡し、その途方もない細部に驚嘆した。アーチ形の天井に沿って、石工の忘れられた指紋がついている。昨日の血斑が彼の強化靴の爪先に点々とはねている。トレンズは小さな細部を愛していた。それは全て、何かを足して素晴らしいものにしてくれる。

 危険のない実験から導かれるものは何もない。爆発とはまさに燃えさかる精神が生み出す芸術だ!

 彼は歪んだ床板の上を歩き、磁力ニトロ酸化装置の前に立った。彼自身が設計した元素処理装置だ。小さくも完璧。もしそれがペットの鼠であったら、彼はその小さくふかふかな耳の間に口付けをしただろう。トレンズは幸せの溜息をついた。もしこれが思考力を持っているならば、私はずっと何をしていたんだろうな。彼は幸福に考えた。

 世紀の瞬間がやって来た。彼は4つのテストを絞り込んだ。そしてそれぞれが可能性の花を咲かせている。全てが高巣へと運ぶべき、極めて貴重な情報の宝石を生み出すであろう。だが正しいのはただ一つ。どれだ?トレンズ氏よ、賢く選択するのだ!


(Tr. Mayuko Wakatsuki / TSV Yohei Mori)

   
高層反停滞室
空間的外部フラクタル化装置
強熱式ジオロメーター
神経系分離制圧器


高層反停滞室

〈サイクロンの裂け目〉 アート:Chris Rahn

 トレンズは高層反停滞室を選択した。彼はミジウム製のコイルに燃料をくべ、その小室が生み出す炎霧のフィールドへと足を踏み入れた。その霧は彼の周囲に渦巻き、彼の頬を小さな棘で刺した。足の下で床板が震えた。外では、空が暗くなり風が激しく吹いていた。仕事場の窓の外で暴風の漏斗が実体化した。それはセレズニアの伝道師達を恐怖におののかせるには十分で、彼らは排水路に隠れるべく急いだ。

 漏斗はその見捨てられた区画を引き裂いていった。それは高層の建築を倒壊させ、無人のオルゾフの教会を破壊した。グルールの不法占拠人達が残していった何年ものごみが空中で渦をまいて飛ぶ中、瓦礫に棲む鼠の大軍が下水管へと走った、出現と同じように速やかに、その漏斗は消滅し太陽が戻ってきた。

 トレンズは失望とともに仕事場を見渡した。稲妻の走る竜巻は彼が望んでいたものではなかった。奇妙なことに、セレズニアの者達は窓の外で大声をあげていた。大きな区画が一掃されていた――まるで箒を持った巨人が彼らの使命に共感したかのように。トレンズが製図板へと戻る中、「種だ! 種を持ってこい!」という歓喜の叫びが風に乗って届いた。

空間的外部フラクタル化装置

アート:Scott M. Fischer

 トレンズは空間的外部フラクタル化装置を選択した。かつてないほど慎重に、彼は最も純粋な視覚ダストを雷穴へと注いだ。ダストはかすかに輝き始め、それはどこか彼の鼻孔を刺激した。密封瓶の内部でダストは震え、凝集し、また震えた。トレンズはくしゃみをし、現実は美しい暗青色と暗赤色の影へと砕けた。しまった、トレンズは思った。ダストが多すぎた。

 一方その頃。地底街の奥深くで二つの人影が熱い議論を交わしていた。暗赤色の光が彼らを照らすと同時に、二人は影の中へと後ずさった。白髪の男がどこからともなく表れ、声高に悪態をつくと、地上へと向かって足音を踏みならしながら石畳の道を進み始めた。彼が視界から消えると、呆気に取られた二人は驚きに互いを見やった。鮮やかなポータルが彼らの前にゆらめいており、タズ氏はそれが、正しい行先へと彼らを導いてくれることを確信していた。

「さて、クレンコ」 タズは側に立つ鉤鼻のゴブリンへと囁いた。「オルゾフの聖域に侵入するのは君が当初考えていたほど難しくはないと思うよ」

強熱式ジオロメーター

〈ミジウムの迫撃砲〉 アート:Noah Bradley

 トレンズは強熱式ジオロメーターを選択した。後ろを向いたまま、彼は飽和したミジウムのコイルをジオロメーターで叩いた。何も起こらなかった。彼は埃を払うともう一度、より強く叩いた。

 突然、溶鉄の渦巻きが空中へと吹き上がった。強熱された金属の破片が区画中に降り注ぎ、数マイルに渡って屋根にコイン大の穴をあけた。燃える金属は焦げる音を立てながらゆっくりと動く地震となり、街路を波のようにうねり進んでいった。

 輝く光と轟く騒音がラクドスの狂信者達を引きつけた。これほどに大規模で無差別な破壊は「祝祭」と呼ぶしかなかった。血魔女達はリックス・マーディから慌てて飛び出した。街中の歓楽クラブが空になった。人足と棘打ち達は気の進まない隣人たちを刺激し、すぐに街路は浮かれ騒ぎに満ちた。

 浮かれ騒ぎの中、狂信者達はこれを毎年行うべきだという意見で一致した。こうして「燃える雨と流血騒乱の隣人感謝祭」が新たに誕生した。

 ショーは夜遅くまで長く続いた――トレンズがジオロメーターを窓の外へと投げ捨て、寝台に横たわってからも。

神経系分離制圧器

〈世紀の実験〉 アート:Dan Scott

 トレンズは神経系分離制圧器を選択した。彼はこめかみにネジを締め、期待して待った。騒がしい口論、それに続いて怯えた声が聞こえた。まるで彼の脳が真空吸引装置になったかのように、空気が彼の耳へと吹き込んだ。思考が何発かの精神のハンマーによって粉砕されたように思えた。「駄目だ!」 彼は叫んだ。「火想者を落胆させてしまっては!」 彼は捨てばちになって楔カフスを掲げ、そして次の瞬間、部屋は稲妻と純粋にして完全な知性で爆発した。彼は正しい選択をした、そしてその報奨として帯電した拳を得た!

Epic Experiment
 

最新Serious Fun記事

SERIOUS FUN

2016年 1月 5日

面晶体の連結 by, Bruce Richard

 ここで担当するプレビュー・カードと最初に出会ったとき、僕は思わず頭を抱えてしまったよ。そいつはあまりに何でもできすぎて、その真価を見出すのに本当に苦労した。まさに「木を隠すなら森の中」だね。僕はそのカードを細かく分析するまで、その素晴らしさに気づけなかった。そいつは僕たちの中の「スパイク」的な部分にも「ジョニー」的な部分にも訴えかける1枚なんだ。  それじゃあ早速…… ...

記事を読む

SERIOUS FUN

2015年 6月 30日

マナ加速? いや、超加速だ! by, Bruce Richard

 マナって悩ましいものだよね。どれくらいあれば十分なんだろう? 多すぎるってこともあるんだろうか? こういった疑問の答えは使うデッキによるものだけど、僕にもだんだん答えがわかってきたよ。  タイタンや始原体、ドラゴン、そしてエルドラージを見回すと、僕はいつもマナがもっと欲しくなる。コストの軽いカードだって、能力を複数回起動するには多くのマナが必要だ。単純にデッキの土地の...

記事を読む

記事

記事

Serious Fun Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る