Max Pritschの「接死ティム」コンボデッキをリプレイ!

更新日 Serious Fun on 2012年 12月 6日

By 鍛冶友浩

 こんにちは、鍛冶です。

/

 ついに今週末に迫ったグランプリ・名古屋ですが、参加される皆さん、準備はいかがですか?

 今回の競技フォーマットはスタンダード。モダンで行われたグランプリ・横浜には1500人が集まり、本戦が目当ての来場者以外にも、豪華なアーティストやレガシーイベントを楽しみに来る人も多いことを考えると、一体どれくらいの人が集まるのか全く想像できませんね。

 年内最後の国内大型イベントですし、迷っている方も是非、お祭りに参加しちゃいましょう!

今週のリプレイ!

 さて、今週はグランプリ前の最後のリプレイということで、《ベラドンナの行商人》を使った怪しいデッキをご紹介します。

Max Pritsch

Download Arena Decklist

イゼットの静電術師ベラドンナの行商人

 先週紹介したグランプリ・ボーフムで初日全勝(9-0)を飾ったこのデッキ、カードの選択がまさに現在のスタンダード環境を象徴しています。

 例えば、同イベントを優勝したJuzaのデッキとマッチアップされた場合の相性はリストを見れば一目瞭然。

 《アヴァシンの巡礼者》から始まる12枚のマナ・クリーチャー、トークンを生む《未練ある魂》は、《イゼットの静電術師》1枚で駆逐され、クリーチャー除去のないデッキであるがゆえに、《ベラドンナの行商人》とのコンボが成立してしまえば、どうやって勝てば良いのかわかりません。

Martin Juza

Download Arena Decklist

 また、第63回:SmoiLの白緑ビートダウンをリプレイ!で紹介した白緑のビートダウンも、同じく1マナクリーチャーや《スレイベンの守護者、サリア》や《絡み根の霊》といったタフネス1を多用しています。

 そしてメインデッキには除去が入っていないため、コンボが成立してしまうことで《ロクソドンの強打者》や《修復の天使》は一掃されてしまうでしょう。

SmoiL (4-0)

Download Arena Decklist

 ピンガー・システムが効果的でない相手のために、サイドボードから《脳食願望》《殺戮遊戯》《ラクドスの復活》に加えて、《瞬唱の魔道士》で手札破壊を連打する構成にシフトし、単体のカードパワーで勝負する戦略を選んでいたり、

脳食願望ラクドスの復活

 赤黒ゾンビ相手にも《火柱》がしっかり確保されているので、ぱっと弱点が頭に浮かびませんね。

 実際に、ゲームを観て考えてみましょう。

Game 1 vs. 白緑ビートダウン(サイドボード後)

0:00

 対白緑の第2ゲーム、《イゼットの静電術師》さえ引ければ簡単に勝てそうなハンド。
遥か見》もあるし、迷わずにキープだ。

0:24

 後手2ターン目の《スレイベンの守護者、サリア》に冷や汗。
相手が先攻だった場合、土地にライフを要求されたり、行動がかなり制限されていただろう。
しかし実際はこちらが先攻だったので、《追跡者の本能》が重くなるだけで済みそうだ。

1:02

 《銀刃の聖騎士》さえなければ、《スラーグ牙》は最強のブロッカー。
2枚目の《スラーグ牙》、後続の《高原の狩りの達人》と、まずは戦場を固めることに集中しよう。

2:59

 ここで待望の《イゼットの静電術師》をトップデッキ!
ベラドンナの行商人》を先に設置し、ターン終了時から接死砲台で相手のクリーチャーを狙い撃ちだ!

4:25

 《忘却の輪》でコンボを阻害されたが、続いて《オリヴィア・ヴォルダーレン》をドロー!
 《追跡者の本能》で8枚ライブラリーを掘っているのが効いてるね。
 ただ、注意しなければならないのが、除去呪文にもなる《セレズニアの魔除け》。
 5/5にするのはアンタップしてからにしないと、せっかくのドローが台無しになってしまうかもしれないぞ。

5:16

 予想通り、《セレズニアの魔除け》を唱えられたが、クリーチャーは大方始末済み。
 このパーマネント差と手札に温存した《火柱》があれば、もうゲームは詰んでいると言ってもいいくらいだ!

Game 2 vs. 赤黒吸血鬼(サイドボード後)

0:00

 《遥か見》と《スラーグ牙》があり、対赤黒ゾンビにはとてもいいハンドだ。
 できれば《火柱》などの軽めなカードも引きたいと思っていたところ、《死儀礼のシャーマン》ドローで解決!

1:12

 序盤のクロックは《戦墓のグール》だけで、《脳食願望》、《火柱》という妨害で攻めてくる対戦相手。
 残りの手札枚数から察するに、クリーチャー除去や、重たい飛行クリーチャーを抱えていそう。
 そう仮定すると、この手札のままでは厳しい!?

1:51

 《スラーグ牙》の回復と、《雷口のヘルカイト》の速攻。
 ダメージの差し引きは0だが、飛行の分こちらの不利。
 《追跡者の本能》で何を見つけられるかがゲームの鍵!

4:03

 《瞬唱の魔道士》で《火柱》をフラッシュバックでGG。
 では、このデッキの弱点はどこにあり、何故Top8に残れなかったのでしょうか?
 僕がこのリプレイ動画を作成していた時に感じたのは、クリーチャー主体のデッキには《ベラドンナの行商人》/《イゼットの静電術師》コンボで簡単にゲームを勝てる反面、
 現環境3大X呪文である《スフィンクスの啓示》、《忌むべき者のかがり火》、《ラクドスの復活》を回避できないことに弱みがあるということです。

スフィンクスの啓示忌むべき者のかがり火
ラクドスの復活

 最近のMagic Online上のプレミアイベントでもこれらのカードはしっかり活躍しています。

syrup16g (1st Place)

Download Arena Decklist

 Standard Premier #4669747


nunca (1st Place)

Download Arena Decklist

 Standard Premier #4633457


 なかなか手札破壊では防げず(手札にあるときは3マナ以下のカードなので!)、中盤にトップデッキされただけで取り返しがつかないことになってしまいがち。
 この答えさえ見つかれば、なかなか良い選択肢になるのではないでしょうか。
 もしかして、青マナを少し増やしてサイドボードに《否認》?
 うーん、悩ましいですね!
 ちなみに、

KingOfPop (4-0)

Download Arena Decklist

栄光の目覚めの天使堀葬の儀式

 Standard Daily #4633546


 のようなリアニメイト型のものもあるようです。スタンダードはデッキの幅が広いですね!


☆今週のイベント・インフォメーション!

MO Logo

 Magic Onlineの最新情報・イベント結果・デッキリストがわかる公式情報ページはこちら!(リンク先は英語)

 What's Happening?

 ※以下の時刻はすべて日本時間です。

カードプール一新、「パワー9」登場! Magic Online キューブドラフト

cubebooster

開催時間: 12/19(水) ダウンタイム終了後~1/2(水) ダウンタイム
開催場所: 「Limited Queues room」
参加費: 8チケット、または2チケットと10キューブチケット
プロダクト: ファントム Magic Online キューブ ブースターパックが3つ支給されます。
※ピックしたカードはイベント終了時になくなります。
参加人数: 8人
イベント内容: ドラフト、及びデッキ構築とシングルエリミネーション、またはスイス式の3回戦です。
賞品について:
 シングルエリミネーションのイベントでは、最終順位に基づいて配布されます。
 スイス式のイベントでは、勝ち点に基づいて配布されます。各マッチの勝ち点を3点とし、負けは0点とします。
 賞品のブースターパックは12/19(水)から12/27(木)AM3:00まではウルザ・ブロックのものが、12/27(木)AM3:00から1/2(水)のダウンタイムまではマスクス・ブロックのものが払い出されます。

Magic Online キューブドラフト「シングルエリミネーション」
順位賞品QP
1位ブースターパック 2個、キューブチケット 12個1
2位ブースターパック 1個、キューブチケット 8個0
3-4位キューブチケット 6個0
5-8位キューブチケット 2個0

Magic Online キューブドラフト「スイス式」
勝ち点賞品QP
9キューブチケット 16個1
6キューブチケット 8個0
3キューブチケット 4個0
0キューブチケット 2個0

 キューブのカードリストなど、詳細につきましては英語記事「Magic Online Cube: Holiday 2012」をご参照ください。


ウルザ・ブロック ブースタードラフト

開催時間: 12/19(水)ダウンタイム後~12/27(木) AM 3:00
開催場所: 「Limited Queues room」
参加費: 14チケット、またはプロダクトと2チケット
プロダクト: ウルザズ・サーガ、ウルザズ・レガシー、ウルザズ・デスティニー ブースターパック各1個
参加人数: 8人
イベント内容: ドラフト、及びデッキ構築とシングルエリミネーション3回戦です。
賞品: 順位に基づいて配布されます。

順位賞品QP
1位ウルザズ・サーガ ブースターパック 2個、ウルザズ・レガシー ブースターパック 1個、ウルザズ・デスティニー ブースターパック 1個1
2位ウルザズ・サーガ ブースターパック 1個、ウルザズ・レガシー ブースターパック 1個、ウルザズ・デスティニー ブースターパック 1個0
3-4位ウルザズ・レガシー ブースターパック 1個、ウルザズ・デスティニー ブースターパック 1個0

マスクス・ブロック ブースタードラフト

開催時間: 12/27(木) AM 3:00~1/2(水) ダウンタイム
開催場所: 「Limited Queues room」
参加費: 14チケット、またはプロダクトと2チケット
プロダクト: メルカディアン・マスクス、ネメシス、プロフェシー ブースターパック各1個
参加人数: 8人
イベント内容: ドラフト、及びデッキ構築とシングルエリミネーション3回戦です。
賞品: 順位に基づいて配布されます。

順位賞品QP
1位メルカディアン・マスクス ブースターパック 2個、ネメシス ブースターパック 1個、プロフェシー ブースターパック 1個1
2位メルカディアン・マスクス ブースターパック 1個、ネメシス ブースターパック 1個、プロフェシー ブースターパック 1個0
3-4位ネメシス ブースターパック 1個、プロフェシー ブースターパック 1個0

マジック・オンライン プロツアー予選:ギルド門侵犯

GTC Logo

 来年2月15-17日に開催されるプロツアー「ギルド門侵犯」。予選は、オンラインでも参加できます!

 マジック・オンラインでは、9月8日から12月17日までの期間に予選が開催されます。形式はシールド・デッキです。スケジュールとイベントのルールの詳細は、以下をご覧ください。

開催スケジュール・フォーマット

開催日開始時刻フォーマット
12月10日AM 4:00ラヴニカへの回帰シールド
12月17日AM 0:00ラヴニカへの回帰シールド

開始時間・フォーマット: 上記スケジュールをご参照ください。

開催場所: 「Scheduled Events room」

参加費: 30チケット

プロダクト: マジック・オンラインから必要なブースターパック6個が提供されます。

参加人数: 33人~768人

イベント時間: 各イベントでは参加者数に応じた回戦数のスイスラウンド、各ラウンド50分で行われます。Top8ではブースタードラフトとデッキ構築の後、シングルエリミネーション3回戦が行われます。

賞品: トーナメントの最終順位に基づいて配布されます。ブースターパックの種類は、そのイベントの時点でMagic Onlineで利用可能なマジック:ザ・ギャザリングのセットからウィザーズ・オブ・ザ・コースト社によって選ばれたものになります。


順位賞品QP
優勝プロツアー「ギルド門侵犯」の参加権利
プロツアー「ギルド門侵犯」 チャレンジの招待
ブースターパック 48個
6
準優勝ブースターパック 48個5
3,4位ブースターパック 36個4
5-8位ブースターパック 24個3
9-16位ブースターパック 12個0
17-32位ブースターパック 6個0
33-64位ブースターパック 3個0
65-128位ブースターパック 2個0
129-256位ブースターパック 1個0

プロツアー予選への参加資格
プロツアー予選がクラッシュしてしまった場合について
プロツアー「ギルド門侵犯」 チャレンジ
 以上につきましては、第54回の記事をご参照ください。

 さらに詳しい情報につきましては、英語記事「Magic Online Pro Tour Gatecrash Qualifiers」をご覧ください。

Magic Online Championship Series(MOCS) - シーズン 12

 最高峰への道、MOCSはレギュラーシーズン最終節・シーズン12が終了間近!

MOCS-QP-12

QP獲得期間:11/8~12/5(ダウンタイムまで)
プロモカード:隠遁ドルイド》(新枠)
チャンピオンシップ 開催日時:12/9(日) AM 4:00
チャンピオンシップ 形式:ラヴニカへの回帰 シールド
 詳しくは、英語記事「2012 Magic Online Championship Series」をご覧ください。

 それではまた来週!

参加人数によるラウンド数

参加人数 ラウンド数
8 3
9-16 4
17-32 5
33-64 6
65-128 7
129-226 8
227-409 9
410人以上 10

最新Serious Fun記事

SERIOUS FUN

2016年 1月 5日

面晶体の連結 by, Bruce Richard

 ここで担当するプレビュー・カードと最初に出会ったとき、僕は思わず頭を抱えてしまったよ。そいつはあまりに何でもできすぎて、その真価を見出すのに本当に苦労した。まさに「木を隠すなら森の中」だね。僕はそのカードを細かく分析するまで、その素晴らしさに気づけなかった。そいつは僕たちの中の「スパイク」的な部分にも「ジョニー」的な部分にも訴えかける1枚なんだ。  それじゃあ早速…… ...

記事を読む

SERIOUS FUN

2015年 6月 30日

マナ加速? いや、超加速だ! by, Bruce Richard

 マナって悩ましいものだよね。どれくらいあれば十分なんだろう? 多すぎるってこともあるんだろうか? こういった疑問の答えは使うデッキによるものだけど、僕にもだんだん答えがわかってきたよ。  タイタンや始原体、ドラゴン、そしてエルドラージを見回すと、僕はいつもマナがもっと欲しくなる。コストの軽いカードだって、能力を複数回起動するには多くのマナが必要だ。単純にデッキの土地の...

記事を読む

記事

記事

Serious Fun Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る