2013年9月27日 DCI制限禁止カードリスト告知

更新日 Top Decks on 2013年 9月 16日

By Erik Lauer

Erik Lauer is a senior game designer who works on final game design and development. Recently, he has led the Return to Ravnica, Modern Masters, and Theros development teams.

原文を読む

告知日:2013年9月16日
発効日:2013年9月27日
マジック・オンライン発効日:2013年10月2日

Magic Online Pauper
時間の亀裂》、《雲上の座》 禁止

スタンダード、モダン、レガシー、ヴィンテージ
 変更なし

 ※マジック・オンライン固有のフォーマットへの変更は、Magic Online Community Group blog(リンク先は英語)にて月例で告知されています。

 各フォーマットの制限禁止カードリストは、こちら


2013年9月27日の制限禁止カードリスト更新に関する声明

 最近、Pauperの《フェアリーの大群》や《断絶》といった「フリースペル・メカニズム」を満載し、《雲上の座》を組み合わせて大量のマナを出す強力なデッキが存在します。《記憶の壁》や《熟考漂い》、《海門の神官》といったカード・アドバンテージをもたらすクリーチャーを加えることでカードの流れが止まらなくなりました。こうなると、《時間の亀裂》を使えば対戦相手のクリーチャーを大量にバウンスするだけでなく、カード・アドバンテージをもたらすクリーチャーをもう一度唱えることも可能になってしまいます。これを先のデッキに組み入れると、ループが発生します。パーミッション・デッキ以外では、この安定したデッキに立ち向かうのは困難です。

 DCIはどのカードのせいで対応が難しくなっているのかに注目しました。まずもって、ストームというメカニズムはPauperでは対策手段がほとんどありません。『ギルド門侵犯』のアップデートにより、《巣穴からの総出》や《ぶどう弾》は禁止されています。《時間の亀裂》が強力なことはわかっていましたが、この2種類に比べるとたいしたことはありません。そこで、このカードを禁止するのではなく、メタゲームがどう変遷するかを見ることにしたのです。大勢を占めるのでなければ、《時間の亀裂》デッキは面白いものです。しかし、それが大勢を占めるとなると、競技におけるメタゲームが狭まってしまうのです。

 2つめの問題は、《雲上の座》です。《雲上の座》には大した弱点もなく、マナ加速をもたらすとともに1枚で複数のマナを出せる土地となり、「フリースペル」がマナ生成器になってしまうのです。 『ラヴニカ』ブロックのバウンス・ランドのような他の2マナ出せる土地には大きな弱点があります。《雲上の座》がモダンで禁止されたとき、ウルザ土地(《ウルザの鉱山》《ウルザの魔力炉》《ウルザの塔》)は競技モダンのデッキに入るぐらいに強くなりました。このレベルに水準を調整することで、Pauperのメタゲームも同じようによりダイナミックになるだろうと信じています。


(Tr. YONEMURA "Pao" Kaoru)

最新Top Decks記事

Daily MTG

2014年 6月 6日

目指せプロツアー!プロツアー『タルキール覇王譚』予選に参加しよう by, Wizards of the Coast

 先日行われたプロツアー『ニクスへの旅』のニコニコ生放送はお楽しみいただけたでしょうか? トッププレイヤー同士の熱い戦いや、日本からトップ8に入賞を果たした市川ユウキ選手の活躍に心躍らせた方も多いのではないでしょうか。  さて、プロツアーのニコニコ生放送をご覧になって、「プロツアーに出てみたい!」と思ったあなたに朗報です! 今週末から、先日発表された大型セット『タル...

記事を読む

Daily MTG

2014年 5月 30日

マジック:ザ・ギャザリング カスタマーサポート窓口変更のお知らせ by, Wizards of the Coast

 平素よりマジック:ザ・ギャザリングをご愛顧いただきまして誠にありがとうございます。  2014年6月1日(日)より、日本国内におけるマジック:ザ・ギャザリングのカスタマーサポートについて、製品とルールに関するお問い合わせ窓口を変更させていただきます。 製品・ルールに関するお問い合わせ先(2014年6月6日より) 旧:japan@wizard...

記事を読む

記事

記事

Top Decks Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る