Magic Story

  • 第一話 銀の月の下で

    第一話 銀の月の下で

    イニストラードの古き森ウルヴェンワルド、その守り手ハラナとアレイナ。二人が森の怪物を狩ることで町民は怖れることなく生きていられる。だがガツタフの街で殺人が起こり、ウルヴェンワルドの狼男の一体が自分達の防御をくぐり抜けたのではないかと二人は懸念する。

    記事を読む

  • 第ニ話 空ろな、無慈悲な目をしたものが

    第ニ話 空ろな、無慈悲な目をしたものが

    何世紀もの間、あらゆる地の人類の庇護者であった強大な天使アヴァシン。彼女の導きのもと、イニストラードでは人類が新たな黄金時代を迎えようとしていた。

    記事を読む

  • 第三話 招かれざる訪問者

    第三話 招かれざる訪問者

    とある謎を解く手助けを求め、ジェイス・ベレレンは吸血鬼の君主ソリン・マルコフを探してイニストラードを訪れた。だがイニストラードは見知らぬ領域であり、案内となってくれるかもしれない唯一の人物は、恐らく好意的とは程遠く……

    記事を読む

  • 第四話 贄

    第四話 贄

    ステンシアから数マイル、ネファリア州の高地。暗きザヴァ湖の水面へと何かが這い出している。

    記事を読む

  • 第五話 マルコフ荘園の謎

    第五話 マルコフ荘園の謎

    リリアナの不吉な警告にもかかわらず、ジェイスはイニストラードにて強大な吸血鬼のプレインズウォーカー、ソリン・マルコフを探している。彼は答をえ求めるも、マルコフ荘園のよじれた大広間にて更なる謎に直面するだけだった。

    記事を読む

  • 第六話 溺墓の寺院

    第六話 溺墓の寺院

    ジェイス・ベレレンはマルコフ荘園のよじれた残骸へと調査に赴き、そこで瓦礫の只中に一冊の日誌を発見した。彼は日誌にあった謎の石の描写に注目し–マルコフ荘園内で見た、よじれた石–それらがイニストラード次元に出現した別の場所へと向かった。

    記事を読む

  • 第七話 古今の約束

    第七話 古今の約束

    ソリンの過去がまたしても彼を悩ませていた。同類に嫌われながらも、彼はイニストラードに迫りつつある脅威と対峙すべく吸血鬼たちの力を集めようとしている。探索の中、彼は強大なオリヴィア・ヴォルダーレンが住まう人里離れた地所へと向かっていた。

    記事を読む

  • 第八話 リリアナの憤り

    第八話 リリアナの憤り

    前回見かけた時、リリアナ・ヴェスは招かざる一人の客を迎え入れていた。ジェイス・ベレレン。彼はマルコフ家の荘園へ一緒に来てくれるよう彼女を説得しようとした。リリアナは拒み、ジェイスは単身出発した。一方でリリアナは、リリアナ自身の問題を抱えていた……

    記事を読む

  • 第九話 屍遊戯

    第九話 屍遊戯

    イニストラードで最も悪名高い屍術師–スカーブ師ゲラルフとその姉にしてグール呼びのギサ–二人の間の凄まじい敵対心は、その巨怪な創造物同様に、決して死ぬことはない。

    記事を読む

  • 第十話 月皇審問

    第十話 月皇審問

    サリアとオドリック。アヴァシン教会内でも最も敬虔な信者二人の対立は、イニストラードの社会構造を引き裂きうる脅威となる。

    記事を読む

  • 第十一話 物語と結末と

    第十一話 物語と結末と

    研究記録の束を案内として、ジェイス・ベレレンのイニストラード滞在はとある謎を追い求めることに費やされてきた。その時、その日誌の著者である空民のプレインズウォーカー、タミヨウは彼の数歩先にいた. . .

    記事を読む

  • 第十二話 我はアヴァシン

    第十二話 我はアヴァシン

    ジェイスとタミヨウは手掛かりを追い、狂気の天使アヴァシンの住処であるスレイベン大聖堂を訪れていた。襲いかかるアヴァシン、今や三人は戦闘の最中にある。

    記事を読む

  • MORE TO COME!

アーリン・コード

アヴァブルック出身の苦悩する狼男、アーリン・コードはその仲間の内でも特別な才能を持っています:彼女はプレインズウォーカーなのです。

記事を読む

We use cookies on this site to enhance your user experience. By clicking any link on this page or by clicking Yes, you are giving your consent for us to set cookies. (Learn more about cookies)

No, I want to find out more