2002 Grand Prix Sapporo Coverage

更新日 Event Coverage on 2002年 8月 23日

By Sideboard Staff

若き新星、北の大地を制す

 467 名による熾烈な競争と、17 ラウンドにわたる我慢比べ。
 
 そんな途方もない試練を勝ち抜いたのは 19 歳のアマチュアプレイヤー、熊谷真一だった。岩手在住の大学生である彼は、第 6 版の末期からマジックをプレイしはじめたばかりであり、たった 2 年のキャリアでの優勝というスピード出世を果たした。あの森雅也がそうだったように、彼は日本マジック界の超新星となれるのだろうか?

「《堂々巡り/Circular Logic》が都合よく引けちゃいました」とはにかむ彼は、総額 3900 ドルという莫大な賞金と栄誉とを手に入れた。ちなみに、アマチュアプレイヤーのグランプリ優勝は山田屋、荒堀に続く 3 人目のことである。

そして...ブラケットをごらんの通り、森田雅彦は「個人戦 4 度目の」グランプリ準優勝というとてつもない記録をうちたててしまったことになる。熊谷と戦った決勝は様々な意味で語り草となるであろう「Quiet Roar」ミラーマッチだった。

闇夜の終わりと希望の光

 語られるべきストーリーは実に多かったわけだが、今後の PTQ 戦線を占う上でのデータとしてこの Grandprix 札幌を総括するなら、何より「黒壊滅」というトピックを挙げないわけにはいかないだろう。そう、決勝ラウンド進出をはたしたデッキリストのどこをさがしても...《沼/Swamp》が見当たらないのだ。
少なくとも「青黒 Zombie-heaval 」に「黒コントロール」という二つの有力な候補が存在していたわけだが、それらはすべて蹂躙されてしまったということになる。

 暗黒の勢力を一掃してみせたもの。それは 6 つの「青緑」デッキと、2 つの「Punisher White」だった。

それにしても、Top 64 のうちの過半数が「青緑」だったということは、このオデッセイブロックという環境は一面エメラルドグリーンの世界が広がっている...ということなのだろうか。そんな大量の「青緑」の中でも好調だったのは世界選手権で Kai Budde もプレイしていた「Quiet Roar」とよばれるタイプ。今大会の決勝戦がこのアーキタイプのミラーマッチであったという事実がなによりもそれを雄弁に物語る。

「Quiet Roar」は《物静かな思索/Quiet Speculation》でのカードアドバンテージから《ワームの咆哮/Roar of the Wurm》や《灰毛の定め/Grizzly Fate》によるビートダウンにつなぐというストーリーを目論むわけだ。初日全勝を果たした黒田正城、そして決勝ラウンドまで勝ち進んだ鹿田暢亮と森田雅彦らが共同で調整したバージョンの完成度の高さは今後のPTQ戦線を占う上では特に注目だろう。

 そして、石田格と廣澤遊太がそのポテンシャルを証明してみせた「Punisher White」も、PTQ 終盤戦では重要な位置をしめることになるだろう。世界選手権で Team Punisher が決勝ラウンドに Tuomas Kotiranta を送り込んだのがこの新世代の白ウィニーデッキであるわけだが、ここでも素晴らしいギミックとして機能していたのが《物静かな思索/Quiet Speculation》であった。いまや《金切るときの声/Battle Screech》という素晴らしいカードを得て、「4 色の時代」とよばれたときは過ぎ去ろうとしているのかもしれない。

-Keita Mori

 

Top 8 Final Standing

3 人目となるアマチュア王者、熊谷真一
     
1. 熊谷真一 $2,400
2. 森田雅彦 $1,700
3. 中村聡 $1,200
4. 石田格 $1,000
5. 木元建児 $800
6. 木下淳一 $800
7. 廣澤遊太 $800
8. 鹿田暢亮 $800

(最終順位はこちら にてご覧になれます。)

top 8 bracket

Quaterfinals

(1) 木元建児

(8) 森田雅彦

(4) 石田格

(5) 木下淳一

(2) 中村聡

(7) 鹿田暢亮

(3) 熊谷真一

(6) 廣澤遊太

Semi-finals

森田雅彦, 2-0

石田格, 2-0

中村聡, 2-1

熊谷真一, 2-1

Finals

森田雅彦, 2-1

熊谷真一, 2-0

Champion

熊谷真一, 2-1

 

EVENTS

PHOTO COVERAGE

BY SUBJECT

INFORMATION

MATCH COVERAGE

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る