プレインズウォーカー・カードは、呼び出して共に戦ってくれる仲間を表しており、アーティファクト、クリーチャー、およびエンチャントと同様に扱われます。

プレインズウォーカー・カードは他のカードと同様、ゲーム開始時にデッキに入れておくと、ソーサリーを唱えられる時にそれを唱えることができます。プレインズウォーカーはパーマネントのため、プレイヤーがコントロールするプレインズウォーカー呪文の解決時に、そのプレイヤーのコントロール下で戦場に出ます。

各プレインズウォーカーはサブタイプを1つ持ちます。たとえば、《 荒ぶる波濤、キオーラ 》にはそのタイプ行に「プレインズウォーカー ― キオーラ」と書かれています。これはつまりそれが「キオーラ」というサブタイプを持っていることを意味します。プレイヤーが同じサブタイプを持つプレインズウォーカーを2体以上コントロールしている場合は、そのプレイヤーは残す1体を選び、その他をすべて墓地に置きます。

プレインズウォーカー・カードの右下隅に書かれている数値は「忠誠度」を表しています。プレインズウォーカーはその忠誠度と同じ数の忠誠カウンターが置かれた状態で戦場に出ます。そして、その上に置かれた忠誠カウンターが0になった場合、それはオーナーの墓地に置かれます。

プレインズウォーカー・カードの仕組み

プレインズウォーカー・カードは他のカードと大きく異なります。こちらのカードをご覧ください。