狩人

更新日 Arcana on 2014年 6月 30日

By Blake Rasmussen

Blake is the content manager for DailyMTG.com, making him the one you should email if you have thoughts on the website, good or less good (or not good). He's a longtime coverage reporter and hasn't turned down a game of Magic in any format ever.

原文を読む

 過去数週間、とりわけ『基本セット2015』のプレビューの第1週では、鎖のヴェールに汚されたガラクの威圧的な容貌が至る所に立ちはだかっていましたが、その影深き姿は謎に包まれていました。

 しかし本日の HuntBiggerGame.com 公開に伴い、その謎の多くが明かされます。5枚のプレリリース・カードのお披露目とともに、HuntBiggerGame.com に掲載される動画には絶対に見逃せない1人のキャラクターが登場します。

 ガラクその人です。

 生命体より大きく、ほとんどを黒のマナに侵されながら、ガラクは毎ターンを「あなたの冒険を選べ」というコンセプトの動画の中で待ち構えています。近日公開のその動画は、あなたを破滅に追いやるか、または少なくとも、待ち望んだ、待ち焦がれたプレビューカードから遠ざけてしまうでしょう。それは本当に残酷なことです。

 ここDailyMTG.comでは、私たちはそのように残酷ではありません。ええ、私たちは皆さんをガラクの最新のカード情報について1週間お待たせし続けてきました。しかしそれももう終わりです。

 すべてのプレインズウォーカーにとっての災厄――〈頂点捕食者、ガラク〉とご対面です。

 待った甲斐があったでしょう? 私たちは《情け知らずのガラク》と《ヴェールの呪いのガラク》の間で起こる変身を目にしてきましたが、今度の変身は永遠に解けないもののように見えます。少なくとも、当分の間は。

 〈頂点捕食者、ガラク〉にはいくつものクールな点があります。ひとつは、彼は《精神を刻む者、ジェイス》以来となる4つの能力を持つプレインズウォーカーだということです。あのカードの素晴らしさはおわかりでしょう。

 ガラクはまた期せずして、基本セットで初出のプレインズウォーカーとして初めて多色のものになっています。《プレインズウォーカー、ニコル・ボーラス》は『基本セット2013』で大きく立ちはだかっていましたが、それは再録でした。

 しかし、骨の髄まで凍えるほど恐ろしいのは、ガラクのテキスト、その最初の行です。

「他のプレインズウォーカー1体を対象とし、それを破壊する。」

 これほどまでに物語を伝えるゲーム中のテキストはないでしょう。ガラクは間違いなく次元を越えた戦いに臨んでおり、多元宇宙での狩りの対象としてプレインズウォーカーたちに優るものはないでしょう。そして、ガラクは彼らのもとへ来ようとしています。

最新Arcana記事

ARCANA

2015年 11月 5日

『統率者(2015年版)』のトークン by, Blake Rasmussen

 今回のトークンが気になりますか? お持ちしましたよ!  今回のトークンは合わせて24種類です。天使、猫、ドレイク、熊、象、ドラゴン。先制攻撃を持つ騎士に、警戒を持つ騎士もいます。蛇・トークンも2種類あり、スピリット・トークンも数種類、そして多相の戦士・トークンなんかもあります。古き良きもの(苗木、細菌、もちろんゾンビも!)があれば、新しい仲間(「稲妻の憤怒獣」という名前...

記事を読む

ARCANA

2015年 11月 4日

『統率者(2015年版)』のパッケージ by, Blake Rasmussen

 本日の「Uncharted Realms」にて《ネル・トース族のメーレン》が最後の穴を埋めたことで、『統率者(2015年版)』のパッケージを飾るカードはすべて公開されました。いよいよ、今回のパッケージをお披露目するときがやって来たのです!  それでは、満を持して登場したメーレン氏から始めて、順番に見ていきましょう。 「墓場の略奪」 「精霊の召喚」 「戦闘の猛火」 ...

記事を読む

記事

記事

Arcana Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る