トークン再編

更新日 Arcana on 2015年 1月 7日

By Blake Rasmussen

Blake is the content manager for DailyMTG.com, making him the one you should email if you have thoughts on the website, good or less good (or not good). He's a longtime coverage reporter and hasn't turned down a game of Magic in any format ever.

原文はこちら

 『運命再編』のような小型セットは普通、トークン・カードの数においては大型セットに敵いません。収録枚数が少ないため自然とトークンを生み出すカードも少なくなり、それに伴いトークン・カードもそこまで多くならないのです。

 例えば『タルキール覇王譚』には、様々な姿の戦士や、紋章、そして今や広く使われるようになった「変異」を表すものなど13枚のトークン・カードが収録されています。対して『運命再編』に収録されるトークン・カードは4枚だけです。

 それでも、決して物足りなさを感じることはありません。『運命再編』のトークンたちもまた、これまでにないような「魅力」と「ユニークさ」をしっかりと備えているのです。

 とはいえ、私は筋書きというものを愛します。まずは皆さんご存知の、古くから愛されるスピリット・トークンから見ていきましょう。

 シンプルで、アブザン的で、そしてもちろん飛行を持ちます。プレリリースでも、防御を飛び越えあちこちへと行くことでしょう。

 「予示」を表す上敷き用カードは、すでにお披露目しましたね。それでも、もう一度見る価値は必ずあります。ここではより皆さんにお楽しみいただけるように、「変異」を表すものと並べてみましょう。

 残る2枚のトークンはとりわけ私のお気に入りなのですが、別々にご紹介しましょう。なぜなら、それぞれにクールな相棒がいるからです。まずは〈マルドゥの急襲指揮者〉に率いられ猛然と突撃する、黒の2/1の戦士・トークンからどうぞ。

 最後に、長い歴史の中でも最強の1枚と思われるトークンをご紹介しましょう。見た目は実にシンプルなモンクです。〈僧院の導師〉によって生み出される、この「果敢」を持つ白の1/1のモンク・クリーチャー・トークンはきっと、1月17日のプレリリースを席巻する強力な軍勢のひとつとして恐れられることでしょう。

 これで終わりだと思いました? 今日は水曜日。しばしばマジックのベスト・アートをお見せする日でもあります。皆さんは、これから何カ月にもわたって「予示」を表す上敷き用カードを目にすることでしょう。それならついでに、レイモンド・スワンランド/Raymond Swanlandの手によるアートを、カード枠を取り払った最高の形でご覧いただきましょう。

予示・上敷き用カード アート:Raymond Swanland

最新Arcana記事

ARCANA

2015年 11月 5日

『統率者(2015年版)』のトークン by, Blake Rasmussen

 今回のトークンが気になりますか? お持ちしましたよ!  今回のトークンは合わせて24種類です。天使、猫、ドレイク、熊、象、ドラゴン。先制攻撃を持つ騎士に、警戒を持つ騎士もいます。蛇・トークンも2種類あり、スピリット・トークンも数種類、そして多相の戦士・トークンなんかもあります。古き良きもの(苗木、細菌、もちろんゾンビも!)があれば、新しい仲間(「稲妻の憤怒獣」という名前...

記事を読む

ARCANA

2015年 11月 4日

『統率者(2015年版)』のパッケージ by, Blake Rasmussen

 本日の「Uncharted Realms」にて《ネル・トース族のメーレン》が最後の穴を埋めたことで、『統率者(2015年版)』のパッケージを飾るカードはすべて公開されました。いよいよ、今回のパッケージをお披露目するときがやって来たのです!  それでは、満を持して登場したメーレン氏から始めて、順番に見ていきましょう。 「墓場の略奪」 「精霊の召喚」 「戦闘の猛火」 ...

記事を読む

記事

記事

Arcana Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る