「ウギンの運命」ブースターのアート

更新日 Arcana on 2015年 1月 20日

By Blake Rasmussen

Blake is the content manager for DailyMTG.com, making him the one you should email if you have thoughts on the website, good or less good (or not good). He's a longtime coverage reporter and hasn't turned down a game of Magic in any format ever.

原文を読む

 昨日は「ウギンの運命」ブースターの中身を皆さんに発表し、新規アートについては今日お話しするとお約束しましたね。そして、その今日がやって来ました! やったあ、今日だ!

「ウギンの運命」ブースターに入っているカードの新規アートには、大別してふたつの変化があります。ひとつは、「ドラゴンに満ちた『タルキール覇王譚』」からの「再録」。これはそのままの意味ですね。こちらのアートで私たちが表現したのは、ウギンがサルカン・ヴォルの手で救われた世界です。例えば、まず通常アートの《群の祭壇》をご覧ください。

群の祭壇》 アート:Erica Yang

 では続けて、もうひとつの世界のものをご覧ください。

群の祭壇》(「ウギンの運命」ブースター版) アート:Erica Yang

 アートの中にいたナーガが、ドラゴンに置き換わっているのがご覧いただけるでしょう。異なる時間線ではドラゴンが重要な地位にいることを表れです。

 同様に、『タルキール覇王譚』版ではロクソドンが潰されている《大物潰し》にも、ドラゴンの姿が見受けられますね。

大物潰し》(「ウギンの運命」ブースター版) アート:Greg Staples

 そして、中でも私のお気に入りは《嘲る扇動者》の変化です。通常版ではシディシの王冠を持って逃げている場面でしたが、今回はシルムガルの腕輪を持ち去っています。

嘲る扇動者》(「ウギンの運命」ブースター版) アート:Willian Murai

 では、もうひとつの変化とはなんでしょう?「ドラゴンのいない『運命再編』」の世界ではありませんよね? 正解は、「ウギン化した」カードを表現する変化です(「ウギン化する」という単語はありませんが)。例えば、《魂の召喚》ではウギンが手ずから「魂の召喚」を行っています。

魂の召喚》(「ウギンの運命」ブースター版) アート:Johann Bodin

 同様に《見えざるものの熟達》も、聖なる場所にいるウギンが魔法を研究して創り上げ、膨らみ続ける青と白のエネルギー球体を操っています。

見えざるものの熟達》(「ウギンの運命」ブースター版) アート:Daniel Ljunggren

 これらはほんの一例です。「ウギンの運命」ブースターに収録されている26枚の土地でないカードは、『タルキール覇王譚』のものか『運命再編』のものかによって、それぞれのアートに変化が起きているのです。ただし、この方だけは例外です。彼は『運命再編』のものですが、これ以上「ウギンる」(こんな単語もありませんね)ことはできず、もうひとつの変化を受けることになるのです。

精霊龍、ウギン》(「ウギンの運命」ブースター版) アート:Chris Rahn

最新Arcana記事

ARCANA

2015年 11月 5日

『統率者(2015年版)』のトークン by, Blake Rasmussen

 今回のトークンが気になりますか? お持ちしましたよ!  今回のトークンは合わせて24種類です。天使、猫、ドレイク、熊、象、ドラゴン。先制攻撃を持つ騎士に、警戒を持つ騎士もいます。蛇・トークンも2種類あり、スピリット・トークンも数種類、そして多相の戦士・トークンなんかもあります。古き良きもの(苗木、細菌、もちろんゾンビも!)があれば、新しい仲間(「稲妻の憤怒獣」という名前...

記事を読む

ARCANA

2015年 11月 4日

『統率者(2015年版)』のパッケージ by, Blake Rasmussen

 本日の「Uncharted Realms」にて《ネル・トース族のメーレン》が最後の穴を埋めたことで、『統率者(2015年版)』のパッケージを飾るカードはすべて公開されました。いよいよ、今回のパッケージをお披露目するときがやって来たのです!  それでは、満を持して登場したメーレン氏から始めて、順番に見ていきましょう。 「墓場の略奪」 「精霊の召喚」 「戦闘の猛火」 ...

記事を読む

記事

記事

Arcana Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る