(緑の)ドラゴンの棲家

更新日 Arcana on 2015年 1月 21日

By Blake Rasmussen

Blake is the content manager for DailyMTG.com, making him the one you should email if you have thoughts on the website, good or less good (or not good). He's a longtime coverage reporter and hasn't turned down a game of Magic in any format ever.

原文を読む

『運命再編』には、それはもう数え切れないほどのドラゴンがいます。というより、数えないでくださいね。丸焼きにされちゃいますから。

 冗談はさておき、『運命再編』には本当に多くのドラゴンがいます。そしてその中には、すべてのドラゴンで最も稀少な、史上3枚目という緑単色のドラゴンがあるのです。

 3体のうち残りの2体は? 新しい方は、たぶん皆さんもご存知でしょう。『神河物語』と『Modern Masters』に収録された彼です。

 そして、最初の緑単色のドラゴンは、『ミラージュ』のオールスターの一員でした。

 これら緑単色のドラゴン3体が見られるのは、単色のドラゴン・サイクルのひとつとして印刷されたものだけです。『ミラージュ』のサイクルは、長きにわたり名高いものでした(見方によっては悪名高かったと言えるかもしれません)。それらは競技的なトーナメントで姿を見せることはほとんどありませんでしたが、しかしそれでも、マジックというゲームの初期に現れた彼らの独特な魅力は、少なからぬ数の若きプレインズウォーカーたちの心を捉えたのです。たとえ、『ミラージュ』のドラゴンで少年たちを夜も眠れぬほどに魅了したのは《真紅のヘルカイト》の方だとしても。

 それにしても、《梢のドラゴン》が飛行を持たないのを見ると、そしてマジック全体でも緑のドラゴンが明らかに少ないのを見ると、緑は本当に飛行の色ではないのだな、と実感しますね。私たちの知るドラゴンは、やはり空を飛ぶのです。(《梢のドラゴン》が地上から離れるのが簡単なことでなくとも)。

 実際のところ、緑を含む多色のドラゴンは大抵、赤も含むことでドラゴンになります(これは赤の役割です)。そして、サイズが大きく、トランプルを持ち、強烈なまでの繁殖力を有するのです(こちらが緑の役割ですね)。

 少数の例外を除けば、緑のドラゴンが現れる場所はふたつです。サイクルの一部か、あるいは「ジャンド」で。例えば、『Legends』のエルダー・ドラゴン・サイクル『インベイジョン』でのドラゴン・サイクル、そして『次元の混乱』でのサイクル様々なドラゴンの棲家であるジャンドには、あるひとつのルールに従って緑のドラゴンが溢れていました――必ず赤を含むこと。

 皆さんも『運命再編』のパックを開けて、緑のドラゴンが出てきたら――とりわけ《破壊するドラゴン》が出てきたら――この緑のドラゴンは本当に珍しいものなんだぞ、とちょっと思いを馳せてみてくださいね。

最新Arcana記事

ARCANA

2015年 11月 5日

『統率者(2015年版)』のトークン by, Blake Rasmussen

 今回のトークンが気になりますか? お持ちしましたよ!  今回のトークンは合わせて24種類です。天使、猫、ドレイク、熊、象、ドラゴン。先制攻撃を持つ騎士に、警戒を持つ騎士もいます。蛇・トークンも2種類あり、スピリット・トークンも数種類、そして多相の戦士・トークンなんかもあります。古き良きもの(苗木、細菌、もちろんゾンビも!)があれば、新しい仲間(「稲妻の憤怒獣」という名前...

記事を読む

ARCANA

2015年 11月 4日

『統率者(2015年版)』のパッケージ by, Blake Rasmussen

 本日の「Uncharted Realms」にて《ネル・トース族のメーレン》が最後の穴を埋めたことで、『統率者(2015年版)』のパッケージを飾るカードはすべて公開されました。いよいよ、今回のパッケージをお披露目するときがやって来たのです!  それでは、満を持して登場したメーレン氏から始めて、順番に見ていきましょう。 「墓場の略奪」 「精霊の召喚」 「戦闘の猛火」 ...

記事を読む

記事

記事

Arcana Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る