龍の氏族の象徴とカンの氏族の象徴

更新日 Arcana on 2015年 3月 5日

By Blake Rasmussen

Blake is the content manager for DailyMTG.com, making him the one you should email if you have thoughts on the website, good or less good (or not good). He's a longtime coverage reporter and hasn't turned down a game of Magic in any format ever.

原文を読む

『タルキール龍紀伝』の登場をもって、『タルキール覇王譚』の世界は過去のものとなりました。それは、かつてのもの。あくまでも異なる時間線でのことです。とにかく、私たちはその世界を後ろに置いてきました。いや、それともすぐ隣にあるのでしょうか?

 でも私たちには、時間線が変わることに多少の免疫がありますよね。カンとその象徴についてよく覚えているはずです。今やこの世界には、それによく似た龍の氏族の象徴もあります。ですがそれは、私たちが慣れ親しんできた象徴とまったく同じものではありません。

 そこで、カンの世界をリア・ミラーのかなたに(それともサイド・ミラーのかなたに? 左右に別々の時間が流れているのでしょうか?)置いていく前に、もう一度カンの象徴をご覧いただき、現在の龍の氏族の象徴との違いを確かめてみてください。

忍耐

 アブザンとドロモカの氏族はともに、龍の「忍耐」を信奉しています。ですが、その象徴にはわずかに違いがあるようです。ひし形の輪郭は残りながらも、ドロモカの象徴には上下にもうひと筆ずつ加わっていますね。

アブザン

ドロモカ

狡知

 ジェスカイとオジュタイの氏族の両方にとって、「狡知」を表すのは目です。しかしその「目」がどのように見えるのかは、それぞれまったく異なるようです。

ジェスカイ

オジュダイ

残忍さ

 牙は「残忍さ」を表し、それはかつてのスゥルタイと現在のシルムガルの氏族の両方が象徴に掲げています。わずかに違いが見られますが、どちらも紛れもない「牙」であり、今にも敵に突き刺さりそうですね……ときには仲間にも。

スゥルタイ

シルムガル

迅速

 コラガンの象徴とマルドゥの象徴はどちらも「迅速」を表しているのですが、一見するとそれらはまったく違うものに見えます。それでももう一度よく見てみると、マルドゥの象徴にある「翼」の面影が残っていますね。現在はそこにもう一対の翼が加えられ、異なる形になっているのです。

マルドゥ

コラガン

獰猛さ

 ティムールとアタルカの氏族が用いる象徴は、どちらも龍の「獰猛さ」を表しています。しかしこちらも、少し違いがあるようです。アタルカの象徴にもティムールの象徴と同様に「爪」のような模様が描かれていますが、その反対側にもよく目立つ模様が加えられていて、より野性的で、手に負えない様子が感じられますね。

ティムール

アタルカ

最新Arcana記事

ARCANA

2015年 11月 5日

『統率者(2015年版)』のトークン by, Blake Rasmussen

 今回のトークンが気になりますか? お持ちしましたよ!  今回のトークンは合わせて24種類です。天使、猫、ドレイク、熊、象、ドラゴン。先制攻撃を持つ騎士に、警戒を持つ騎士もいます。蛇・トークンも2種類あり、スピリット・トークンも数種類、そして多相の戦士・トークンなんかもあります。古き良きもの(苗木、細菌、もちろんゾンビも!)があれば、新しい仲間(「稲妻の憤怒獣」という名前...

記事を読む

ARCANA

2015年 11月 4日

『統率者(2015年版)』のパッケージ by, Blake Rasmussen

 本日の「Uncharted Realms」にて《ネル・トース族のメーレン》が最後の穴を埋めたことで、『統率者(2015年版)』のパッケージを飾るカードはすべて公開されました。いよいよ、今回のパッケージをお披露目するときがやって来たのです!  それでは、満を持して登場したメーレン氏から始めて、順番に見ていきましょう。 「墓場の略奪」 「精霊の召喚」 「戦闘の猛火」 ...

記事を読む

記事

記事

Arcana Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る