シルムガルの豪奢な装飾品

更新日 Arcana on 2015年 3月 11日

By Blake Rasmussen

Blake is the content manager for DailyMTG.com, making him the one you should email if you have thoughts on the website, good or less good (or not good). He's a longtime coverage reporter and hasn't turned down a game of Magic in any format ever.

原文を読む

 プレビュー・ウィーク最初の日に、私たちはエルダー・ドラゴンである〈龍王シルムガル〉を皆さんにお披露目しました。しかし(主にネット上で)それ以上に注目を集めたのは、彼の「豪奢な装飾品」でした。

 何のことを言っているのかわからない、という方へ。今日の記事はあなたにお贈りしましょう。すでにご存知の方も、続きが気になって仕方ないですよね。

 皆さんご存知のように、シルムガルはこの上なく残酷なやつで、それを誇りにしています。そして彼の最も大切な宝物のひとつが、皆さんのご想像しているものなのです。

〈龍王シルムガル〉 アート:Steven Belledin

 見えますか? もうちょっと近くで見てみましょう。

 ヒントをあげましょう。こちらと似ていませんか?

黄金牙、タシグル》 アート:Chris Rahn

 その通り。かつて「スゥルタイ」という名で知られた氏族の「カン」であったタシグルは、今や魔法で保存された状態で「ネックレス」になっていて、シルムガルは特別なときにそれを身につけているのです! なんとシルムガル自身が、タシグルは「最高の戦利品」であると言っています。

 このクールなアイデアは、アーティストとアート・ディレクターのやり取りの中で生まれました。このアートの概要をご覧ください。

場面:シルムガルの宮殿内、精緻を尽くした祭壇上。

状況:「龍王シルムガル」を象徴する1枚。祭壇(というより、元々横向きに収まるよう作られた「玉座」)に悠々と寝そべるシルムガルの姿。「玉座」には金や宝石があしらわれ、周りにも大量の金貨や宝石、その他高価な品々が散らばっている。丸々と肥えた龍はよだれを垂らし、様々な装飾品で自身を華美に飾り立てている。それらを照らし出す燭台や松明もまた、豪華なものだ。

 この「玉座の間」には、『運命再編』の〈残酷なるタシグル〉【当時のカード名】の要素を含むこと。恐らくシルムガルは、それを彼に相応しいものに「作り直させる」ことだろう。

アートの中心:「龍王」

全体の雰囲気:愉悦に満ちた、残酷なる支配者。

 スティーヴン・ベレディン/ Steven Belledinはこの概要書の指示を受けて〈龍王シルムガル〉を描き、彩色も任されました。その後彼は、《黄金牙、タシグル》の完成版を目にし、詳細な物語を知ります。タシグルの姿とこの概要書が合わさったそのとき、シルムガルの首にかかった死体のネックレスにタシグルの服を着せる、というアイデアをひらめいたのです。こうして、過去との繋がりを強める面白い「最後のひと筆」が加わったのでした。

最新Arcana記事

ARCANA

2015年 11月 5日

『統率者(2015年版)』のトークン by, Blake Rasmussen

 今回のトークンが気になりますか? お持ちしましたよ!  今回のトークンは合わせて24種類です。天使、猫、ドレイク、熊、象、ドラゴン。先制攻撃を持つ騎士に、警戒を持つ騎士もいます。蛇・トークンも2種類あり、スピリット・トークンも数種類、そして多相の戦士・トークンなんかもあります。古き良きもの(苗木、細菌、もちろんゾンビも!)があれば、新しい仲間(「稲妻の憤怒獣」という名前...

記事を読む

ARCANA

2015年 11月 4日

『統率者(2015年版)』のパッケージ by, Blake Rasmussen

 本日の「Uncharted Realms」にて《ネル・トース族のメーレン》が最後の穴を埋めたことで、『統率者(2015年版)』のパッケージを飾るカードはすべて公開されました。いよいよ、今回のパッケージをお披露目するときがやって来たのです!  それでは、満を持して登場したメーレン氏から始めて、順番に見ていきましょう。 「墓場の略奪」 「精霊の召喚」 「戦闘の猛火」 ...

記事を読む

記事

記事

Arcana Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る