アート概要を「濫用」する

更新日 Arcana on 2015年 4月 22日

By Blake Rasmussen

Blake is the content manager for DailyMTG.com, making him the one you should email if you have thoughts on the website, good or less good (or not good). He's a longtime coverage reporter and hasn't turned down a game of Magic in any format ever.

原文を読む

「脳を収穫される運命にある男」

 これからお見せするアート概要に登場しますが、この一文こそ、私が内部資料であるアート概要についての記事を書くくらい夢中になったきっかけです。アート概要を見るたびに、私はこれまで気づかなかったことを知ります。カードの絵が意味することが頭の中に流れ込み、これまで理解していなかったことが見えるようになるのは、気持ちの良いものなのです。そういう意味では、「脳を収穫される運命にある男」という一文も、目が飛び出るほど驚いたアート概要のほんの一部に過ぎません。

 とはいえ、これから「濫用」を持つカードや「濫用しがいのある」カードのアート概要を目にしたら、目が飛び出てしまっても仕方がないかなと思いますよ。

 どうぞお楽しみください。

http://media.wizards.com/2015/images/daily/cardart_SilumgarSorcerer.jpg

シルムガルの魔術師》 アート:Jeff Simpson

舞台:『タルキール龍紀伝』でのタルキール

氏族:シルムガル

:青のクリーチャー

場面:沼地の多いシルムガルの領土内

状況:シルムガル氏族に所属する、人間の女性の魔術師。彼女は魔法で空を飛んでおり、着ているローブは踊るようにはためいている。彼女の両手の間には、若きオジュタイ種の龍の頭蓋骨が浮かんでいる(大きさは馬の頭蓋骨くらい)。龍の頭蓋骨にはヒビが入っており、そのヒビや目の部分から紫色の魔法の光が噴き出している。

 魔術師の反抗的な視線が、こちらを向いている。

アートの中心:魔術師

全体の雰囲気:「かかってきなさい」


http://media.wizards.com/2015/images/daily/cardart_YouthfulScholar.jpg

若年の識者》 アート:Cynthia Sheppard

舞台:『タルキール龍紀伝』でのタルキール

氏族:シルムガル

:青のクリーチャー

場面:シルムガルの宮殿内にある、書物と宝物の保管庫

状況:《龍王シルムガル》は、贅を尽くした環境に魔道士を監禁し、学べる限りのことを学ばせて「飼う」制度を作り上げた。魔道士の脳が最高の状態を迎えると、彼らは龍の生け贄となり、学んだ知識を貪られる。このアートに見受けられるのは、シルムガル氏族に所属する若い人間の男。頭髪は剃り上げられており、着ているものは豪華で、またたくさんの宝石に飾られている。彼は柔らかな枕に身体を預け、その周りには様々な巻物や本が置かれている。いくつかは開いた状態だ。枕元には装飾が施されたグラスと食べ物が乗った皿が置かれている。広がる光景はまるで夢のようだ――頭髪を剃り落とした頭に走る点線を除いては。まるで食肉解体の業者が牛に書くようなその線は、これから解剖が行われることを示している。

アートの中心:犠牲となる若者

全体の雰囲気:脳を収穫される運命にある男


http://media.wizards.com/2015/images/daily/cardart_ProfaneroftheDead.jpg

死者を冒涜するもの》 アート:Vincent Proce

舞台:『タルキール龍紀伝』でのタルキール

氏族:シルムガル

:青のクリーチャー

場面:シルムガルの宮殿外にある橋の上

状況:シルムガル氏族に所属するナーガの女性の魔術師が、こちらから顔を背けて橋の上に佇んでいる。片手には装飾が施された杖を持ち、もう片方の手にはオジュタイ氏族の人間のモンクの切断された首を掲げている。長い弁髪を掴まれているその首は、多くの尊敬を集めた師範のものだ。髪は白髪であり、おそらく髭も長かったのであろう。腐敗が相当に進んでいることから、かつて首を切られる前は、その死体はゾンビとして蘇っていたことがわかる。

アートの中心:ナーガと切断された首

全体の雰囲気:敵の士気を下げるような、恐ろしい仕打ち


http://media.wizards.com/2015/images/daily/cardart_RakshasaGravecaller.jpg

ラクシャーサの墓呼び》 アート:Jakub Kasper

舞台:『タルキール龍紀伝』でのタルキール

氏族:シルムガル

:黒のクリーチャー

場面:遠くドロモカの要塞を望む、砂漠地帯

状況:シルムガル氏族に所属するラクシャーサの女性が、死したドロモカ氏族の兵士たちと共に立っている。このヒョウのような模様の黒い毛皮のラクシャーサは、まるで人形の糸を操るように両腕を上げている。彼女が魔法で命令を下すと、それに反応してドロモカ氏族の死体がふたり、ゾンビとして蘇ったのだ。

アートの中心:ラクシャーサ

全体の雰囲気:「生あるうちの失敗は、死後に取り返せばいい」

最新Arcana記事

ARCANA

2015年 11月 5日

『統率者(2015年版)』のトークン by, Blake Rasmussen

 今回のトークンが気になりますか? お持ちしましたよ!  今回のトークンは合わせて24種類です。天使、猫、ドレイク、熊、象、ドラゴン。先制攻撃を持つ騎士に、警戒を持つ騎士もいます。蛇・トークンも2種類あり、スピリット・トークンも数種類、そして多相の戦士・トークンなんかもあります。古き良きもの(苗木、細菌、もちろんゾンビも!)があれば、新しい仲間(「稲妻の憤怒獣」という名前...

記事を読む

ARCANA

2015年 11月 4日

『統率者(2015年版)』のパッケージ by, Blake Rasmussen

 本日の「Uncharted Realms」にて《ネル・トース族のメーレン》が最後の穴を埋めたことで、『統率者(2015年版)』のパッケージを飾るカードはすべて公開されました。いよいよ、今回のパッケージをお披露目するときがやって来たのです!  それでは、満を持して登場したメーレン氏から始めて、順番に見ていきましょう。 「墓場の略奪」 「精霊の召喚」 「戦闘の猛火」 ...

記事を読む

記事

記事

Arcana Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る