赤緑モンスターズ(スタンダード)

更新日 Daily Deck on 2014年 10月 22日

By 中村 修平

 ただのビートダウンのような攻めが細すぎるデッキは使いたくないけど、緑信心系デッキはデッキが重たすぎてあまり使いたくない…というご意見、大変よくわかります。

 私も常々そう感じていました。そんな方にお勧めしたいのがこのデッキ、ベンジャミン・ビーツ/Benjamin Weitzの赤緑。

 マナクリーチャーから《世界を喰らう者、ポルクラノス》という構成こそ緑信心と同じながら、環境最強の3マナアグロ生物《ゴブリンの熟練扇動者》や、生きる火力兼5マナ4/4飛行速攻の《龍語りのサルカン》の投入により、デッキの展開速度はまるで別物。

 素晴らしいのは、「《龍語りのサルカン》と《嵐の息吹のドラゴン》のどちらの方が優れているか」というよく議論されていた選択の片方を取ることなく、どちらともほぼ限界いっぱいまで投入したところ。

 通常のデッキ構築では5マナ圏が7枚というのは重ためと言わざるを得ませんが、マナ生物が11枚も入っているこのデッキではむしろこれくらいあっても問題はないでしょう。速攻の連打は速やかに対戦相手のライフを削り落とせますし、4枚用意されている火力枠としての《火口の爪》も目的に合致しています。

 ドラゴン、ドラゴンからの《火口の爪》は最高ですよ。

Benjamin Weitz

プロツアー『タルキール覇王譚』 / スタンダード
Download Arena Decklist

最新Daily Deck記事

DAILY DECK

2015年 12月 11日

黒赤エルドラージ(モダン) by, Melissa DeTora

 こんにちは、皆さん。今年の「Daily Deck」は今回で最後です。本日ご紹介するのは、『戦乱のゼンディカー』で登場した新たなメカニズム「昇華者」を用いたモダンのデッキです。「昇華者」メカニズムといえば《不毛の地の絞殺者》がスタンダードで活躍を見せ始めていますが、それを用いたモダンのデッキを目にするのは初めてです。  《不毛の地の絞殺者》は、かつて環境を支配した《火炎舌...

記事を読む

DAILY DECK

2015年 12月 10日

Pox(レガシー) by, Melissa DeTora

 本日の「Daily Deck」では、レガシーで使えるものの嫌われやすい戦略をひとつ見ていきます。このデッキは《小悪疫》を中心に組まれたもので、対戦相手の手札を取り去り土地を破壊し、何もできない状態に追いやってゲームから締め出すことを狙っています。今回このデッキを選んだ理由は、このデッキが私に黎明期のマジックを思い起こさせてくれたからです。(「小」ではない)《悪疫》(Po...

記事を読む

記事

記事

Daily Deck Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る