高鷲健二の「黒単ビートダウン」(スタンダード)

更新日 Daily Deck on 2014年 11月 5日

By 中村 修平

 お次は同じく土曜日に開催されたスタンダードでの「SCG Invitational Challenge」から優勝者、高鷲 健二の黒単ビートダウンです。

 それにしても黒単?

 いかにも、黒には軽量で優秀なクリーチャーに溢れています。1マナ圏には3種類ものパワー2クリーチャーがありますし、2マナ圏にも《苦痛の予見者》という素晴らしい控えがいます。ビートダウンと言えば赤や白ですが、黒もまたビートダウンに適したクリーチャーの手駒は揃っています。

 多色にするならばそれだけタップイン土地を入れなければならず、展開にも隙ができやすいという弱点に繋がるのも事実です。しかし世にアブザンとジェスカイのような3色デッキ真っ盛りなのは、そのデメリットを補って有り余るカードパワーがあるから。2色でも友好色ならフェッチランド、対抗色なら《コイロスの洞窟》のようなペインランド、さらには各種占術土地、《マナの合流点》があるので必要最小限のリスクで色を足すことが可能です。

 では、それを捨てて得られるメリットは何なのか?

 リストを見てみると確かにありました。《押し潰すヒル》。なるほど、確かにこのカードならばジェスカイが処理しづらく、5ターン目には《包囲サイ》を突破出来るサイズへと成長します。欲しいもの全てが単色で賄えて、なおかつ単色にメリットがあるのなら、それもまた1つの選択肢。

 加えて《アスフォデルの灰色商人》も渋いチョイス。環境が新しくなってすっかり忘れられた感がありますが、全体除去の使用が少なくなっている今ならば、かなりの点数を持っていけそうですね。

Kenji Takawashi's Mono-Black Beatdown

Download Arena Decklist
ソーサリー (4)
4 Thoughtseize
インスタント (6)
2 Bile Blight 4 Hero's Downfall
60 カード

最新Daily Deck記事

DAILY DECK

2015年 12月 11日

黒赤エルドラージ(モダン) by, Melissa DeTora

 こんにちは、皆さん。今年の「Daily Deck」は今回で最後です。本日ご紹介するのは、『戦乱のゼンディカー』で登場した新たなメカニズム「昇華者」を用いたモダンのデッキです。「昇華者」メカニズムといえば《不毛の地の絞殺者》がスタンダードで活躍を見せ始めていますが、それを用いたモダンのデッキを目にするのは初めてです。  《不毛の地の絞殺者》は、かつて環境を支配した《火炎舌...

記事を読む

DAILY DECK

2015年 12月 10日

Pox(レガシー) by, Melissa DeTora

 本日の「Daily Deck」では、レガシーで使えるものの嫌われやすい戦略をひとつ見ていきます。このデッキは《小悪疫》を中心に組まれたもので、対戦相手の手札を取り去り土地を破壊し、何もできない状態に追いやってゲームから締め出すことを狙っています。今回このデッキを選んだ理由は、このデッキが私に黎明期のマジックを思い起こさせてくれたからです。(「小」ではない)《悪疫》(Po...

記事を読む

記事

記事

Daily Deck Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る