石田龍一郎の「アブザン・アグロ」(スタンダード)

更新日 Daily Deck on 2014年 11月 7日

By 中村 修平

 「第2回 BIGMAGIC OPEN Standard」決勝。週末に最も勝っているプレイヤーの朴を倒して優勝を勝ち取ったのは、現時点で最後の日本選手権チャンピオン、石田 龍一郎と彼のアブザン・アグロデッキでした。

 マイク・シグリスト/Mike Sigristがプロツアー『タルキール覇王譚』でトップ4に入賞して以来、コンスタントに結果を出し続けているアブザン・アグロ。

 環境で最高のクリーチャーと、環境で最高の除去を詰め込んだデッキですね。

 の2種類の「猫」から《包囲サイ》まで、どのクリーチャーも放っておくとゲームを決めかねない布陣に加えて、《英雄の破滅》と《アブザンの魔除け》。

 《アブザンの魔除け》の3つのモード全てを十二分に活用できるのは、現時点ではこのデッキだけです。

 石田は2マナ域を11枚とやや厚めに取った上で、土地を1枚追加して25枚としています。個人的にこの変更は好感が持てます。

 デッキの特性として、ゲームの主導権を取るためにいち早くクリーチャーを出したい側ですし、後半に引いても戦場の大抵のクリーチャーと相打ちを取れる《荒野の後継者》は要求に合致しています。

 土地が25枚というのも、3色でビートダウンと土地に関してはだいぶ無理をしないといけない事情を鑑みれば、少し多めに取るくらいでちょうど良いように思えます。

 ただこれは本当に私の好みなのですが、《アブザンの魔除け》は4枚取っても良かったのじゃないかな。ついそう余計に言ってしまうくらい、このデッキで使う魔除けは使い心地が良いですよ。

Ryuuichiro Ishida / KTK Abzan Aggro

Download Arena Decklist

最新Daily Deck記事

DAILY DECK

2015年 12月 11日

黒赤エルドラージ(モダン) by, Melissa DeTora

 こんにちは、皆さん。今年の「Daily Deck」は今回で最後です。本日ご紹介するのは、『戦乱のゼンディカー』で登場した新たなメカニズム「昇華者」を用いたモダンのデッキです。「昇華者」メカニズムといえば《不毛の地の絞殺者》がスタンダードで活躍を見せ始めていますが、それを用いたモダンのデッキを目にするのは初めてです。  《不毛の地の絞殺者》は、かつて環境を支配した《火炎舌...

記事を読む

DAILY DECK

2015年 12月 10日

Pox(レガシー) by, Melissa DeTora

 本日の「Daily Deck」では、レガシーで使えるものの嫌われやすい戦略をひとつ見ていきます。このデッキは《小悪疫》を中心に組まれたもので、対戦相手の手札を取り去り土地を破壊し、何もできない状態に追いやってゲームから締め出すことを狙っています。今回このデッキを選んだ理由は、このデッキが私に黎明期のマジックを思い起こさせてくれたからです。(「小」ではない)《悪疫》(Po...

記事を読む

記事

記事

Daily Deck Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る