シディシ・ウイップ(スタンダード)

更新日 Daily Deck on 2014年 11月 20日

By 中村 修平

 アブザンとジェスカイは強い。それに加えてマルドゥもいて最近はティムールまでもいる。

 となると残っているのはスゥルタイですが、はてさて、そんなデッキがあったっけ?
 あります。あるんです。プロツアーから脈々と存在しつづけるスゥルタイデッキが。

 それがこの「シディシ・ウイップ」です。
 デッキの流れとしては先日紹介した黒緑星座デッキに似ていますね。展開して展開して、最終的に大きなクリーチャーへと繋げる。
 ただそこに墓地利用要素がちょっと多めに取られています。
 鍵となるのは《血の暴君、シディシ》。
 もちろん《エレボスの鞭》からのリアニメイト戦略がデッキの軸であり、このアドバンテージでもってアブザン、ジェスカイと戦っていくのですが、墓地を肥やしながら追加クリーチャーを用意するというのはシディシにしかできない仕事。4マナ圏に到達してやりたいことはまずシディシを出すことですし、そのシディシが安定して攻撃できるように確定除去は多めに7枚も積まれているのです。

 そんな《血の暴君、シディシ》ですが、戦場に出たときの誘発型能力に対応して殺されてしまうと、例えクリーチャー・カードが墓地に落ちてもゾンビが出ないので、出す時はなるべく《稲妻の一撃》されないような、逆にできるなら討ち漏らさぬようにすればいいでしょう。
 以上、プロツアーで似たようなデッキ(ただし《テーロスの魂》入り)を使ったものからの忠告でした。

Willy Edel - GRAND PRIX SANTIAGO 2014 TOP 8

Download Arena Decklist

最新Daily Deck記事

DAILY DECK

2015年 12月 11日

黒赤エルドラージ(モダン) by, Melissa DeTora

 こんにちは、皆さん。今年の「Daily Deck」は今回で最後です。本日ご紹介するのは、『戦乱のゼンディカー』で登場した新たなメカニズム「昇華者」を用いたモダンのデッキです。「昇華者」メカニズムといえば《不毛の地の絞殺者》がスタンダードで活躍を見せ始めていますが、それを用いたモダンのデッキを目にするのは初めてです。  《不毛の地の絞殺者》は、かつて環境を支配した《火炎舌...

記事を読む

DAILY DECK

2015年 12月 10日

Pox(レガシー) by, Melissa DeTora

 本日の「Daily Deck」では、レガシーで使えるものの嫌われやすい戦略をひとつ見ていきます。このデッキは《小悪疫》を中心に組まれたもので、対戦相手の手札を取り去り土地を破壊し、何もできない状態に追いやってゲームから締め出すことを狙っています。今回このデッキを選んだ理由は、このデッキが私に黎明期のマジックを思い起こさせてくれたからです。(「小」ではない)《悪疫》(Po...

記事を読む

記事

記事

Daily Deck Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る