青黒コントロール(スタンダード)

更新日 Daily Deck on 2015年 1月 14日

By 中村 修平

 デッキが大きく変貌を遂げたのは何も世界選手権のデッキだけではありません。

 おそらくチーム内4枚制限という縛りもあってでしょうが、ワールド・マジック・カップで多くの国が使用した青黒コントロールデッキにも、勝ち上がっている国のバージョンではこれまでのものとは違う変更が施されています。

 それは優勝国デンマークのトーマス・エネボルドセン/Thomas Enevoldsenが使用した青黒コントロールにはっきりと見えます。
 なんとメインデッキにはクリーチャーがゼロ、代わりに入っているのは4枚の《悪夢の織り手、アショク》。このアショクのみがデッキに入っている唯一の勝ち手段なのです。

 しかし何故にアショクに替わったのか、それはこのスタンダード環境にあるデッキを数え上げてみればわかります。
 アブザン、ジェスカイ、マルドゥ、スゥルタイ、緑系、赤単…、実はこれらのデッキのほとんどに共通するのが、クリーチャーをかなり多めに含んだ攻撃的なデッキであるということ。
 これらのデッキにとって《悪夢の織り手、アショク》は即急に対処しなければいけない脅威であり、なおかつ青黒コントロールにとって貴重な序盤のライフを守ってくれるカードでもあるのです。

 もしアショクを無視してくるのであれば?
 アショクのマイナス能力の解決前に《危険な櫃》を起動してみてください。きっとあなたの対戦相手は考えを改めてくれるでしょう。

Thomas Enevoldsen

ワールド・マジック・カップ2014 優勝 / チーム共同デッキ構築・スタンダード
Download Arena Decklist

最新Daily Deck記事

DAILY DECK

2015年 12月 11日

黒赤エルドラージ(モダン) by, Melissa DeTora

 こんにちは、皆さん。今年の「Daily Deck」は今回で最後です。本日ご紹介するのは、『戦乱のゼンディカー』で登場した新たなメカニズム「昇華者」を用いたモダンのデッキです。「昇華者」メカニズムといえば《不毛の地の絞殺者》がスタンダードで活躍を見せ始めていますが、それを用いたモダンのデッキを目にするのは初めてです。  《不毛の地の絞殺者》は、かつて環境を支配した《火炎舌...

記事を読む

DAILY DECK

2015年 12月 10日

Pox(レガシー) by, Melissa DeTora

 本日の「Daily Deck」では、レガシーで使えるものの嫌われやすい戦略をひとつ見ていきます。このデッキは《小悪疫》を中心に組まれたもので、対戦相手の手札を取り去り土地を破壊し、何もできない状態に追いやってゲームから締め出すことを狙っています。今回このデッキを選んだ理由は、このデッキが私に黎明期のマジックを思い起こさせてくれたからです。(「小」ではない)《悪疫》(Po...

記事を読む

記事

記事

Daily Deck Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る