親和(モダン)

更新日 Daily Deck on 2015年 1月 28日

By 中村 修平

 モダン環境におけるビートダウンデッキの王様はZooですが、それとは別系統で、かつモダン初期からずっと一線級で活躍し続けるビートダウンの雄。それが今日紹介するブレット・ジョンストン/Brett Johnstonの親和デッキです。

 デッキリストを見てもらえるとお分かりかと思いますが、このデッキの特徴はカードのほとんどがアーティファクトで構成されているということです。クリーチャーは全てアーティファクトで、土地についてもクリーチャー化すればアーティファクトと化す2種類の「蛾」土地と《ダークスティールの城塞》。
 残っている呪文枠にしても、かたや金属術の《感電破》、もう一つは親和付きの《物読み》と、アーティファクト関連に徹底して構築されています。

 そのことによって発揮されるのが、恐ろしいほどの爆発力。
 1ターン目から4、5枚のパーマネントを展開することは当たり前です。
 もちろんそれら自体はコスト相応で1/1程度のほとんど無害なクリーチャーなのですが、キーカードである《信号の邪魔者》や《エーテリウムの達人》によって、なかなかに侮れないダメージ源となり、《電結の荒廃者》、《頭蓋囲い》、《鋼の監視者》によって致死レベルの脅威へと変貌を遂げます。

 2ターン目には3点程度だったダメージが、3ターン目には一気に10点を超えるダメージとなる、しかもどれを除去しても次ターンの受けにならない実質的に詰み状態。親和ペースの試合では非常によくある光景です。
 ただし2ゲーム目以降は気をつけて。デッキのほとんどがアーティファクトということは、《粉砕の嵐》のような「打たれると即死」レベルのサイドボードが入れられているかもしれません。

 このアンバランスさが、一時期禁止されていた《野生のナカティル》と違って新たに禁止カードを指定されることがなかった要因でもありますね。

Brett Johnston

グランプリ・オマハ2015 トップ32 / モダン
Download Arena Decklist

最新Daily Deck記事

DAILY DECK

2015年 12月 11日

黒赤エルドラージ(モダン) by, Melissa DeTora

 こんにちは、皆さん。今年の「Daily Deck」は今回で最後です。本日ご紹介するのは、『戦乱のゼンディカー』で登場した新たなメカニズム「昇華者」を用いたモダンのデッキです。「昇華者」メカニズムといえば《不毛の地の絞殺者》がスタンダードで活躍を見せ始めていますが、それを用いたモダンのデッキを目にするのは初めてです。  《不毛の地の絞殺者》は、かつて環境を支配した《火炎舌...

記事を読む

DAILY DECK

2015年 12月 10日

Pox(レガシー) by, Melissa DeTora

 本日の「Daily Deck」では、レガシーで使えるものの嫌われやすい戦略をひとつ見ていきます。このデッキは《小悪疫》を中心に組まれたもので、対戦相手の手札を取り去り土地を破壊し、何もできない状態に追いやってゲームから締め出すことを狙っています。今回このデッキを選んだ理由は、このデッキが私に黎明期のマジックを思い起こさせてくれたからです。(「小」ではない)《悪疫》(Po...

記事を読む

記事

記事

Daily Deck Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る