アブザン・ミッドレンジ(モダン)

更新日 Daily Deck on 2015年 2月 6日

By 中村 修平

 もしかすると『運命再編』には新たな《タルモゴイフ》が隠れていたのかもしれません。
 その名も《黄金牙、タシグル》。

 いえいえ決して冗談などではありません。プロツアーへの調整を踏まえ本当にそう思うのです。
 その理由を今から説明していきましょう。

サイズが良い。

 《包囲サイ》を見ても解るように、現モダン環境において4/5というサイズは非常に強力です。
 思い返してみましょう。最大サイズの1マナは《野生のナカティル》、2マナは《タルモゴイフ》、3マナは《先頭に立つもの、アナフェンザ》あたりです。
 なぜ《タルモゴイフ》が強いのか、それは比較的墓地に落ちやすい土地、クリーチャー、インスタント、ソーサリーで早期に4/5になるからです。そう、4/5であれば自身のマナ域まで含めて環境で使われているほとんどのクリーチャーとサイズで引けをとらないのです。
 また火力1本では死なない、《突然の衰微》されないというのも魅力的。
中速デッキのマッチアップではこれくらいの除去が効きづらいサイズを何体生き残らせるかが勝敗の鍵を握っているのです。

1~2マナで3ターン目には出せてしまう。

 一見冗談だと思われそうですが、考えてみてください。
 毎ターンにフェッチランドを使い、手札破壊、そして除去と打っていたとしたら、墓地には既に5枚のカードが落ちているのです。1マナで《黄金牙、タシグル》を出し、もう1枚呪文が使えてしまう。
 この展開は理想的すぎるとはいえ、見た目上の6マナと比して使い心地ではかなり軽いクリーチャーなのです。
 おまけで対戦相手の《タルモゴイフ》をスローダウンさせれるという効果まで!

アドバンテージも取ってくれる。

 やや不確定ではあるものの、4マナを支払えば追加カードが手に入る。
 サイズだけでも充分に偉い《黄金牙、タシグル》ですが、この能力こそがタシグルを他のカードと別の次元にまで引き立てている部分です。
 だって《タルモゴイフ》とそう遜色ないターンに出てきて、同じサイズで、こちらだけ引き増し要素を持っているんですよ!!

 どうでしょう、タシグル強くないですか?

Kevin Vanevery

StarCityGames.com Premier IQ ワシントンDC(2015/1/25) 準優勝 / モダン
Download Arena Decklist

StarCityGames.comより引用(英語)

最新Daily Deck記事

DAILY DECK

2015年 12月 11日

黒赤エルドラージ(モダン) by, Melissa DeTora

 こんにちは、皆さん。今年の「Daily Deck」は今回で最後です。本日ご紹介するのは、『戦乱のゼンディカー』で登場した新たなメカニズム「昇華者」を用いたモダンのデッキです。「昇華者」メカニズムといえば《不毛の地の絞殺者》がスタンダードで活躍を見せ始めていますが、それを用いたモダンのデッキを目にするのは初めてです。  《不毛の地の絞殺者》は、かつて環境を支配した《火炎舌...

記事を読む

DAILY DECK

2015年 12月 10日

Pox(レガシー) by, Melissa DeTora

 本日の「Daily Deck」では、レガシーで使えるものの嫌われやすい戦略をひとつ見ていきます。このデッキは《小悪疫》を中心に組まれたもので、対戦相手の手札を取り去り土地を破壊し、何もできない状態に追いやってゲームから締め出すことを狙っています。今回このデッキを選んだ理由は、このデッキが私に黎明期のマジックを思い起こさせてくれたからです。(「小」ではない)《悪疫》(Po...

記事を読む

記事

記事

Daily Deck Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る