白青英雄的(スタンダード)

更新日 Daily Deck on 2015年 2月 19日

By 中村 修平

 2枚の神話レアカードがどちらも強い白は『運命再編』で大きく強化された色ですが、それは何もこの2枚を使うデッキだけに留まらないようです。
 白青「英雄的」デッキも2枚の新カード、《勇敢な姿勢》と3分の1ほど白い《沈黙の大嵐、シュー・ユン》を獲得しました。

 これまでそのスロットに《威名の英雄》が使われていたことがあるように、クリーチャーを思いっきり強化して殴るというコンセプトの白青英雄的デッキにとって、与えられるダメージが一気に2倍になる二段攻撃は非常に親和性が高いことは証明済みです。

 ただ問題となっていたのは、どのようにして二段攻撃を付けるかという点でした。
 《威名の英雄》は強力なものの3マナとこのデッキにすれば重く除去の的、それを除けば最も可能性がある《熟達した戦い》ですら辛うじて《ヘリオッドの巡礼者》から持ってくる用に1枚入れれば良いか、といったところ。カードとして構築クラスとは言いがたいのが問題だったのです。

 それに引き換え《沈黙の大嵐、シュー・ユン》は、自分自身が強化の対象にならなくても果敢+二段攻撃が誘発すればよいのです。
 この対象にならなくてもよい、というのがミソです。

 自分自身が対象にならなくてもよいとは言ったものの、自分自身が強化の対象になってもよい。
 つまり対戦相手にとっては、どのみち放っておくと大変なことになるカードであることには変わりないのです。
 対戦相手から見れば《威名の英雄》と同じく真っ先に除去しなくてはならないのに対し、こちらから見れば状況によっては簡単に切り捨てられる。おまけに《威名の英雄》と違ってコストがなので、《神々の思し召し》も合わせやすい。
 ほんの小さな優位の連続のように見えますが、これらがクリーチャーを極力守らなければならない英雄的デッキにとって大きなアドバンテージとなります。

 《勇敢な姿勢》についても同様です。
 これまでの英雄的デッキに足りなかった「除去」として機能しつつ、英雄的デッキには何枚あっても足りない「クリーチャーを守る」カードとしても機能する。
 選択できる、選択させるというのはそれだけでも大きな武器になるのです。

rmthomso (2nd Place)

Magic Online Standard PTQ #7949590 on 02/07/2015 / スタンダード
Download Arena Decklist

最新Daily Deck記事

DAILY DECK

2015年 12月 11日

黒赤エルドラージ(モダン) by, Melissa DeTora

 こんにちは、皆さん。今年の「Daily Deck」は今回で最後です。本日ご紹介するのは、『戦乱のゼンディカー』で登場した新たなメカニズム「昇華者」を用いたモダンのデッキです。「昇華者」メカニズムといえば《不毛の地の絞殺者》がスタンダードで活躍を見せ始めていますが、それを用いたモダンのデッキを目にするのは初めてです。  《不毛の地の絞殺者》は、かつて環境を支配した《火炎舌...

記事を読む

DAILY DECK

2015年 12月 10日

Pox(レガシー) by, Melissa DeTora

 本日の「Daily Deck」では、レガシーで使えるものの嫌われやすい戦略をひとつ見ていきます。このデッキは《小悪疫》を中心に組まれたもので、対戦相手の手札を取り去り土地を破壊し、何もできない状態に追いやってゲームから締め出すことを狙っています。今回このデッキを選んだ理由は、このデッキが私に黎明期のマジックを思い起こさせてくれたからです。(「小」ではない)《悪疫》(Po...

記事を読む

記事

記事

Daily Deck Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る