緑赤信心(スタンダード)

更新日 Daily Deck on 2015年 2月 24日

By 中村 修平

 それにしても800人のグランプリと聞くと、随分参加者が少ないと感じてしまうのはこのところのグランプリの隆盛にあてられてしまったからでしょうか。いつの間にやら、グランプリといえば1000人以上は当たり前、というイメージを抱いてしまっていることに少々驚いてしまっています。この勢いなら、来年くらいには1000人が少ないと感じてしまうこともあるのでは…

 そういう「もしも」な話はこれくらいにして、今週のデイリー・デッキでは2月14-15日に開催されたグランプリ・セビリア2015からお届けしたいと思います。まずCarlos Ballester Garciaの緑タッチ赤信心デッキから。

 このところアブザンやジェスカイ、マルドゥにスゥルタイと、3色デッキの台頭で勢力を減退させていた緑信心系デッキですが、セビリアでは復権を果たしています。

 鍵となったのは《囁きの森の精霊》ですね。
 本人のサイズこそ5マナ4/4と小ぶりに見えるかもしれませんが、終了ステップでの自動予示があるので実質的には6/6相当。

 加えて緑系信心が喉から手が出るほど欲しかった全体除去耐性。
 そして自分のターンへと戻ってくると発生する再度の予示、同じく緑信心が欲しかった粘り強さまでデッキに与えてくれます。

 あ、それともう一つ、クリーチャーのサイズが大きいこのデッキでは予示が2/2で収まらないというのも良いですね。
 ただの2/2?
 違います、《世界を喰らう者、ポルクラノス》です、怪物化します。
 最高じゃないですか。

Carlos Ballester Garcia

グランプリ・セビリア2015 4位 / スタンダード
Download Arena Decklist

最新Daily Deck記事

DAILY DECK

2015年 12月 11日

黒赤エルドラージ(モダン) by, Melissa DeTora

 こんにちは、皆さん。今年の「Daily Deck」は今回で最後です。本日ご紹介するのは、『戦乱のゼンディカー』で登場した新たなメカニズム「昇華者」を用いたモダンのデッキです。「昇華者」メカニズムといえば《不毛の地の絞殺者》がスタンダードで活躍を見せ始めていますが、それを用いたモダンのデッキを目にするのは初めてです。  《不毛の地の絞殺者》は、かつて環境を支配した《火炎舌...

記事を読む

DAILY DECK

2015年 12月 10日

Pox(レガシー) by, Melissa DeTora

 本日の「Daily Deck」では、レガシーで使えるものの嫌われやすい戦略をひとつ見ていきます。このデッキは《小悪疫》を中心に組まれたもので、対戦相手の手札を取り去り土地を破壊し、何もできない状態に追いやってゲームから締め出すことを狙っています。今回このデッキを選んだ理由は、このデッキが私に黎明期のマジックを思い起こさせてくれたからです。(「小」ではない)《悪疫》(Po...

記事を読む

記事

記事

Daily Deck Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る