ストーム(レガシー)

更新日 Daily Deck on 2015年 3月 2日

By 中村 修平

 この間ちょっとした縁で大阪のレガシー大会にお邪魔したのですが、そこで盛況ぶりに驚かされました。
 しかも聞くところによると、来月に開催される国内初のレガシー・グランプリ、グランプリ・京都はもう千人を超える参加登録がされているとか。
 日本でもレガシーの大波が押し寄せてきているのかもしれませんね。

 今週はそんなレガシーから個人的に強そうだと思ったデッキを5つ挙げていこうと思います。
 まずは直近に日本で開催された大規模レガシートーナメント「BIGMAGIC OPEN」から優勝したデッキを2つ、今日はSCGインビテーショナルチャレンジを優勝した高橋優太のストームから。

 ちょっと前まで《むかつき》デッキと呼ばれていた気もしますが、この構成を見ると確かに「ストーム」デッキと呼んだほうが現実に即していますね。
 基本的には《冥府の教示者》から決め技であるストーム呪文、《苦悶の触手》を持ってくるのがデッキの勝ち筋です。

 ただしそれだけではちょっとストーム数が足りないため、ほんの少し回り道を。
 《炎の中の過去》で墓地から再度唱えたり、カードそのものが足りていないなら《むかつき》を持ってくるなどで対応性を高めています。
 通常ならばクセのある黒蓮、《ライオンの瞳のダイアモンド》もこのデッキならばメリット。《冥府の教示者》を唱えるのに対応して《ライオンの瞳のダイアモンド》で手札を捨てることで、確実に暴勇状態に持ってくることができます。
 手札が空になってマナが出た後に、《冥府の教示者》から持ってきたカードで決着するというのがよくある光景ですね。

 それに加え、手札破壊を多めに取れるというのはデッキの強みです。コンボ自体の構成要素が少ないので、多く入れても問題がないのと、手札破壊がそのままストーム数を稼げるというのは見逃せない要素ですね。

高橋 優太

第3回 BIGMAGIC OPEN SCG Invitational Challenge 優勝 / レガシー
Download Arena Decklist

最新Daily Deck記事

DAILY DECK

2015年 12月 11日

黒赤エルドラージ(モダン) by, Melissa DeTora

 こんにちは、皆さん。今年の「Daily Deck」は今回で最後です。本日ご紹介するのは、『戦乱のゼンディカー』で登場した新たなメカニズム「昇華者」を用いたモダンのデッキです。「昇華者」メカニズムといえば《不毛の地の絞殺者》がスタンダードで活躍を見せ始めていますが、それを用いたモダンのデッキを目にするのは初めてです。  《不毛の地の絞殺者》は、かつて環境を支配した《火炎舌...

記事を読む

DAILY DECK

2015年 12月 10日

Pox(レガシー) by, Melissa DeTora

 本日の「Daily Deck」では、レガシーで使えるものの嫌われやすい戦略をひとつ見ていきます。このデッキは《小悪疫》を中心に組まれたもので、対戦相手の手札を取り去り土地を破壊し、何もできない状態に追いやってゲームから締め出すことを狙っています。今回このデッキを選んだ理由は、このデッキが私に黎明期のマジックを思い起こさせてくれたからです。(「小」ではない)《悪疫》(Po...

記事を読む

記事

記事

Daily Deck Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る